さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2017年02月01日

節分になぜ豆まき?! 「福は内、鬼は外」で、心も体も元気に?!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

陽春


豆まきとは…

「魔目(まめ)」に豆をぶつけて
「魔滅(まめ)」する。

つまり豆まきは、鬼退治、厄除け。




もうすぐ節分。

豆まきはしないけど、「恵方巻」は食べる、というのが節分の晩の過ごし方になっている家庭が増えているのかもしれませんが、今日は、室町時代からすでに庶民に定着していた伝統ということで、「豆まき」のことを中心に、「節分」についてお話します。

節分の由来

節分とは本来、「季節を分ける」つまり季節が移り変わる節日を指し、立春・立夏・立秋・立冬それぞれの前日に、1年に4回あったものでした。

ところが、日本では立春は1年のはじまりとして、とくに尊ばれたため、次第に節分といえば春の節分のみを指すようになっていったようです。

立春を1年のはじまりである新年と考えれば、節分は大晦日(おおみそか)にあたります。

平安時代の宮中では、大晦日に陰陽師らによって旧年の厄や災難を祓い清める「追儺(ついな)」の行事が行われていました。

室町時代以降は豆をまいて悪鬼を追い出す行事へと発展し、民間にも定着していきました。

「鬼は外、福は内」が一般的ですが、地方によっては、「鬼は内」となったりするところもあるとか。

豆まきの由来
  
節分には豆をまきますが、これは中国の習俗が伝わったものとされています。

豆は「魔滅(まめ)」に通じ、無病息災を祈る意味があります。

昔、京都の鞍馬に鬼が出たとき、毘沙門天のお告げによって大豆を鬼の目に投げつけたところ、鬼を退治できたという話が残っており、「魔の目(魔目=まめ)」に豆を投げつけて「魔を滅する(魔滅=まめ)」に通じるということです。

豆まきは一般的に、一家の主人あるいは「年男」(その年の干支生まれの人)が豆をまくものとされていますが、家庭によっては家族全員で、というところも多いようです。

家族は自分の数え年の数だけ豆を食べると病気にならず健康でいられると言われています。

ただ、豆まきに使う豆は炒った豆でなくてはなりません。
なぜなら、生の豆を使うと拾い忘れた豆から芽が出てしまうことがあり、縁起が悪いからです。

「炒る」は「射る」にも通じ、また、鬼や大豆は陰陽五行説(「木」「火」「土」「金」「水」の五行)の「金」にあたり、この「金」の作用を滅するといわれる「火」で大豆を炒ることで、鬼を封じ込めるという意味があります。

そして最後は、豆を人間が食べてしまうことにより、鬼を退治した、ということになるわけです。


年の数だけ豆を食べると、無病息災で過ごせると言われていますね。

うちの子供たちは、この炒った豆も大好きでよく食べます。数え年の数を数えて食べてから、それでは足りずに、小さい頃は年の数倍は食べていたでしょうか。

炒った大豆はおいしいですし、栄養価も高いですから、よくかんで食べれば、確かに健康にいいでしょう。

大豆というのは、日本人にとって、とても馴染み深く、日本人の健康に役立ってきたと思います。

枝豆が大豆になり、大豆が黒豆になるんだよ、と子どもたちと話していましたが、豆腐や納豆などの大豆製品、そして醤油や味噌も大豆から作られていることを考えると、本当にいろんな場面で、毎日なくてはならない存在が大豆だったわけですね。

節分では炒った大豆を厄除けに使いますが、食べても病気を追い出す健康な体を作ってくれる、いろんな意味で「福は内、鬼は外」の節分であると感じます。


我が家でも、昨年も豆まきをしました。
数年前から手巻きの恵方巻をするようになり、そちらの方が楽しみのようですが、今年も豆とお面の準備はしました。(いつまでノッテくれるかな…)

豆まきは、やりだすとつい夢中になってしまうようです。
鬼に扮して盛り上がり、撒くのも楽しく、毎年ノリノリの子どもたちの様子を見ていたら、こうやってずっと親から子へ、続いていくに違いない、と思えてくるのです。

元々は中国から伝わったとはいえ、現在では日本でしか節分をこのように祝うところはありません。
日本人に愛される行事として、ずっと残ってほしいですね。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:陽春 posted by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
世界平和の夢をあきらめられない、ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。見えない世界、霊界、神様についてや、ズバリあなたの使命をお答えします。夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
自作の小説と詩のサイトはこちらから→三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています
さあ夢を叶えましょう



 LOVE JAPAN

56e6e3a332fe931a4e99683d433d09c1-300x300.jpg

I LOVE THE WORLD


【関連する記事】

2017年01月31日

幸せになるためには、神様を知ろう?! 運勢UPの3つのポイント

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

さらば日本。


この28日に旧正月を迎え、陰暦でも新しい年となりました。

目に見えない運勢というものが確実にあります。

例えば先回紹介しましたが、60年で一回りする「干支」というものも、大きく私たちの環境に影響を与える運気の流れがあることを示しています。
大自然・宇宙が法則性をもって動いているのですが、干支はその一部を紐解いたもので、当たるとか当たらないとかいうものではありません。

化学式や数学の定理が、変わらないのと一緒で、わかってしまえば当然のことなのです。


では、幸せになるためにはどうしたらいいのでしょうか。
それは、運勢をよくする生き方をすることと同じといってもいいかもしれません。

そして、小手先の運勢UPの縁起担ぎものではなく、根本的によいものでなければ意味はありません。


運勢を前向きにし、幸せになるためには、3つのポイントがあります。

「正しい生き方」、「奉仕と思いやりの生活」、そして「親孝行と先祖供養」です。


正しい生き方のためには、どのようにするのが人の道であるのか、学ばなければなりませんね。

奉仕と思いやりの生活がいいといって、ただマメに人に尽くすのがいいとか、たくさんの寄付やお布施をすればいいとか、ただ優しいからいいとか、そういうものではありません。

また、親孝行、先祖供養も、親の言いなりになることや、お墓参りや高価な供養をするのが必ずしも正解ではないと思われます。


3つのポイントを活かすためには、実は神様を知ること、これが結論です。

正しさの中心であり、愛の起源である神様を知らなければ、何をどのように行うのか、その時どんな心持ちがいいのか、わかりません。

そして、神様は親であり、先祖の先祖の存在ですから、やはり神様を知らなければ、本当の意味の親孝行も先祖供養もわからない、ということになります。


私たちの人生は、勝手に生きたとしてもいつか終わりの時があります。

自分で始めたわけでもないこの人生。
この与えられた環境の中で、実はこのように学び悟って、このように環境を切り開いて、このような使命を果たしてほしい、という天の願い、神様の願いがあるというのです。

そして、最高の人生を生きたなら、幸福な世界で永遠に一緒に暮らしたい、そのように神様は願われ、私たちにその願いをかけられています。

そんな、噓でしょう、信じられない、と言ったらそれでおしまいですが、幸せになるためには、神様を知って、その願いを知って、自分の使命に目覚めて、真っ直ぐにその方向に進んでいく、これしかないのではないかと思うのです。


自己中の生き方は、私たち自身もうんざりではないでしょうか。

先がわからない。打ち込むべき価値があるものに打ち込んでいきたいのに、何をすべきかもわからない。

だから、満たされない自分自身の心を満たすために横道に逸れたりしながら、とりあえず、こっちに行ったら幸せになれるかなぁと、うろうろしていたのが、私が神様を知り、自分の使命・天命に目覚める前の状況でした。


方向性が間違っていれば、いくら努力しても何にもなりません。
目的がわからなければ、どうなるでしょう。

そして、なんでこっちへ行くのか、どうして人を愛するのか、正しい道、愛というものを知らなければ、動機ひとつ違えば、一生懸命やったこともアダになることもあるのです。


善悪、正義、愛の基準であり、源流、根になるのが神様であるとしたら、知ってみる、信じてみる、そして神様を愛してみるのがいいではないでしょうか。

どこかのスピリチャルスポットなど問題ではありません。

誰にも良心を通じて教えようとしてくださる、そして、信じようともしない人であっても、愛して守っていこうとしてくださる、そんな神様。

そんな真実の神様の姿を知って、その願いに生きようとするなら、その生き方は、神様から後押しを受けるものとなるでしょう。

God bless you !!



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:さらば日本。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
世界平和の夢をあきらめられない、ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。見えない世界、霊界、神様についてや、ズバリあなたの使命をお答えします。夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
自作の小説と詩のサイトはこちらから→三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています
さあ夢を叶えましょう



 LOVE JAPAN

56e6e3a332fe931a4e99683d433d09c1-300x300.jpg

I LOVE THE WORLD


posted by kuri-ma at 18:48| Comment(2) | TrackBack(0) | なんで運勢が見えるのか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

2016年の火種は消しておこう! 2017は謙虚に協調性を持って?! 《ゆく年くる年 3》

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

2017.01.04 丸の内仲通り 獅子舞 大黒天


昨年罪を暴露されてしまった人のことは、必要以上に他人がとやかく言うことではないでしょう。

私自身もそういう意味では、常に正しいとはもちろん言えません。
謙虚に受け止めて、人の意見も素直に聞きながら、今年は、人との協調を心掛けていきたいと思っています。

と言いますのも、2017年の干支、「丁酉(ひのととり)」というのが、慎重に謙虚に行動すべき年であり、出る杭は打たれるといいますか、下が上からの圧力を受けたりする年回りなのです。

だからといって、怖がってはいられません。
公明正大であるならば、さらに謙虚に、周りと協調しながら行くべき時です。


また、改革の年であり、いずれスタンダードになるような、大きなことが初めて起こり、若い人の中などに時代の流れを変えるほどのカリスマスター的大物が登場する時なので、若い人やマイナーな人の芽を摘むのではなく、受け止めて育てていく、そういう気概が求められるのではないかと思うのです。

後世に悪評を残す大粛清の片棒を担ぐのか、新しい時代を作るような素晴らしい人材を助ける立場に立つのか、それは私たちの心掛けと、度量の深さによると思います。


個人の運勢も、国の運勢も、世界の運気も、高める、低めるポイントがあります。

幸せを取り逃がしやすい人は、男女関係にだらしがない、自己中、お金と時間にだらしがない、このような人だといいます。

逆に夫婦円満、家庭円満、仕事にも責任をもち、人の信頼も篤い、このような人や家庭が増えれば、日本や世界の平和も安定することでしょう。


さて、昨年の丙申(ひのえさる)の丙とは、「火の兄」という意味であり、太陽や強いガスバーナーの火に例えられるということでしたが、今年の「丁酉(ひのととり)」は、日の弟と呼ばれるといいます。

実際、60年周期で振り返ってみても、過去丁酉の年には、数々の大火事が起こったようです。

火事というのは、どうして起こると思いますか?
女性の恨みだとも聞いたことがありませんか?

火種はどこから生まれるかというと、「火遊び」という言葉があるように、男女問題や性的な乱れから生まれるという、これはかなり濃厚な隠れた原因であると思います。

イメージ的に見れば「吉原炎上」のイメージです。

物で妬まれれば盗られ、愛情の恨みが募れば、すべてを焼き尽くす大火になることもある…ということではないでしょうか。


だから、昨年明らかになった不倫や性的な問題も、本当に反省して、悔い改めて、「今後は罪滅ぼしの人生にしよう」くらいに、過去の自分を捨てないと、うまく言い逃れたとしても、周囲を巻き込む、もっと大きな問題になってしまうかもしれません。

現れやすいのは、自分にではなく、子供に出てしまいます。
子供や孫の病気や心の弱さ、非行、不登校。何よりも火遊び、つまり早熟な男女関係になりやすいようです。

未婚の人、子どもがいない人は、更に婚期を逃しやすく、子宝に恵まれにくくなることでしょう。

ですから、火種は消しておかないといけないようです。


干支は陰暦で見るもの。
丙申から丁酉の運気の流れも、正式には陰暦の新年より、ということになると思います。1月28日ですので、まだ少し猶予がありますね。

明らかになったもの、まだ火種のままのもの…。悪いもの、危険なものは今のうちに手放して、断捨離あるいは間引きしてスッキリした姿となり、新しい年をよいスタートをしていきたいと思うのです。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:丸の内仲通り 大黒天
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
世界平和の夢をあきらめられない、ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。見えない世界、霊界、神様についてや、ズバリあなたの使命をお答えします。夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
自作の小説と詩のサイトはこちらから→三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています
さあ夢を叶えましょう



 LOVE JAPAN

56e6e3a332fe931a4e99683d433d09c1-300x300.jpg

I LOVE THE WORLD