さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年08月20日

幸せになる秘訣?!〜愛は流されず、育てるもの〜


2011.08.19 和泉川 雑草のサイン


愛するとは、
自分の幸せを
他人の幸せに重ねることである。


ライプニッツ
*





「結婚」に対する考え方は、時代と共に移り変わってきました。
アラサーとアラフォーで違うように、二十代のかつての結婚適齢期だった若い男女は「婚活」して、結婚を選び取ります。彼らは、結婚のメリットとともに、いつも「リスク」を考えているようです。「婚活」という言葉からして、「結婚」を商品のように捉えている向きがあるのではないでしょうか。

自分にプラスになる結婚しかしたくない、まぁ当然ともいえることですが、結果として晩婚化、少子化にもつれこむことにもなっています。
「いずれ結婚するつもり」というのが9割の男女の思いですが、現実は厳しいですね。
確かに、結婚相手によって人生が大きく左右されますから、自分の理想に見合う人を選びたいと思うでしょう。恋愛という要素が入れば、相手を2.3割増しでよく見えますから、完璧な人に見えることもあるでしょう。

今の若者たちはすでに恋愛なれしてしまっているようですね。というよりは、恋愛も省略するのかもしれません。
「結婚して初めて性関係を結ぶ」ということは、もはやずっと過去の感覚のようです。ちょっと前までは、告白して、付き合いだして、愛を育んでから性関係を持つという流れがあったと思うのですが、今はその間隔も短くなっています。「告る」ことイコール「セックス」、となっているといいます。愛を育ててから「セックス」ではないのです。
就職時の現状からみても、コミュニケーション能力が低下してきているという現代の若者たちにとって、「セックス」は手っ取り早く親密になる手段なのでしょう。

いくらスキンシップが大切といっても、特別なものであるはずのセックスが、不特定多数のものになりつつあります。結果、若者たちがかかる性感染症の種類と件数は恐ろしいほど増加しています。
以前、性病といえば、商売系の女性から移るものでしたし、もっと昔は娼楼がありましたから、そういう所では蔓延していたかもしれません。今は一般の若者が性病のオンパレードになっているといいます。
娼楼のあった頃は、貧しさのため身を切られるように売られていった、少女たちがいました。現代は、簡単に自分から関係を持つようになって、本人たちは違うと思っているでしょうが、結果として娼婦、男娼に近い感覚で性関係を持っているのです。

それが彼らを幸せにするでしょうか。
「性関係」は大切なものです。愛を育てた上で持てば更に愛を深め、幸せな気持ちになりますが、愛を育てるという過程をカットして、安易に性関係を結んでも、愛は育つどころか濁るのです。結果だけいいとこ取りしようとしても、プロセスを踏んでいないと長続きしません。順番は実はとても大切です。

…「女性がよかれと思ってやっている行動が、実は恋愛にとってマイナスの結果を生むことがある」という意味です。

本に書かなかったような具体例を挙げると、「結婚するまで処女を守りなさいなんて時代じゃないんだから、どんどん遊んで男を見る目を磨いたほうがいい」なんて言われることがありますね。

ところが、遊べば遊ぶほどイイ女になれるかというと、実際は逆なんですね。

女性には優秀な遺伝子を残すために優秀な男を見極める本能がありますから、男と寝なくてもちゃんと「男を見る目」は磨けます。

〈イイ女〉というのは、男を切り離しては存在しません。つまり、男の目から見た評価を切り捨てて、イイ女かどうかを決めることはできないわけです。

さらに思いきって言ってしまえば、イイ女かどうかは、男の目が決めるんですね。

ですから、男性から見てマイナスな行動をしている女は、イイ女には程遠いんですよね。

でも、社会全体として、どうも「男の数が多い女はイイ女」「女だって遊んでいい」みたいな考え方を容認する空気がありますね。その空気に、女性が流されやすくなっている。
齋藤翔さん
『魅力革命〜中からキレイになってずっと愛される女になる』
(アンドリュース・プレス)

いい男も、いい女も経験豊富という考え方があるのかもしれませんが、それは間違いです。大きな落とし穴です。一般的に「いい女」「いい男」というのは、そういう誘惑が多いものですが、それにのっていたから魅力的なのではないはずです。

「婚カツ」は大変だけれども、単に結婚のためではなく、自分の内面を磨くことに一生懸命になってほしいと思います。
相手を愛せることが幸せになる秘訣だとしたら、恋愛にのぼせることも、いわんや安易なセックスが、幸せに結びつくかどうかは疑問です。
愛することは責任も伴うのですが、「結婚」というものはいろんなリスクはあったとしても、独身では得られない幸福がありますよ、と私は若い方にも堂々と言っていきたいと思うのです。


今日もいい一日を
よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:雑草のサイン
(C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

*ライプニッツ:ドイツの哲学者・数学者・政治家

妊娠に気付かなかった17歳女子高生 / お腹が痛くて病院に行ったらそのまま出産
ROCk Net News
↑上記、漫画の新聞と同じニュース
パパ、ママになった二人の写真もあります
幸せな恋人同士で幸いでした



2011年02月12日

〜愛の引き起こしたニュース特集〜バレンタインデーに決定?!バービーとケンの愛の行方/「行かないで」旅客機に偽の爆破予告 チリ/70歳女性が元彼(32歳)の殺人を依頼 ロシア


風の強い日もある。.jpg
愛というのは「永遠の愛」がいいと思うのです


バレンタインデーが近づいてきました。
最近、小学生が見るようなテレビ番組でも、必ずバレンタインデーをネタにしているのを見て、閉口気味です。小学生から、好きだなんだは、本当にやめて欲しいと思います。
バレンタインデーに向けて、そんな大人の浮いた状況が、子どもたちにも反映するんでしょうね。



日本ではそれほど認知度はありませんが、欧米ではなんといってもバービー人形です。女の子だったら三歳以上は誰でも持っている、という感じでしょうか。
日本のリカちゃんに比べると、一回り大きく、キャラクター的にもグラマーでゴージャス感があります。リカちゃんも昔に比べてずいぶんスタイルがよくなり、モデル並ですが…。

生誕52周年を迎えるバービーですが、このニュースを見るまで、バービーの元彼はケンといい、43年間恋人同士だったにも関わらず、2004年のバレンタインデーで破局を迎えていたことを知りませんでした。長すぎた春ですね。
ケンにはその後恋人がいるのにも関わらず、バービーとよりを戻したがっているとのこと。
二人の行く末はファン投票に委ねられているらしいので、投票したい方はどうぞ→ 
(英語のページです)。こちら
結ばれるべきだと思えばYesを、
すべきでないと思えばNoをクリックするだけで投票となります


どうして、このようなことになるのか、アメリカの世相を反映しているんでしょうね。数年間バービーは彼氏なしだったのでしょうか???

映画『トイ・ストーリー3』を見た子どもたちに内容を聞くと、バービーとケンは単に出会って恋に落ちる設定として登場したようです。
永遠に恋人同士というイメージだと思うのですが…。
子どもたちにとっては、別れたり、よりを戻したり、そんなことはナシにしてほしいです。

バレンタインデーを前にして、現実の世界でも愛の獲得のためにいろんな思いが交錯するんでしょうね。
愛憎というものを感じさせる二つの記事を。





国際的にも3面記事というのは、愛憎沙汰が満載のようです。
愛は盲目」とは言いますが…、愛のためには、どんな馬鹿げたこともしてしまい、またそれが憎しみに変われば、殺そうとすらするのです。
「殺人依頼の金額には唖然としましたが…。3万ルーブル(約8万5000円)これ、ロシアとの格差もあるんでしょうが、殺人を依頼する金額にしては庶民的な気がします。

人を愚かにも、愛憎の塊にもさせる「愛」というもの。
彼らもかつては甘い恋愛関係にあったのでしょう。

「恋愛」というのは、変わりやすいものだといいます。
どんな時に愛が冷めるのでしょうか?
恋愛の甘いムードが続くのは、どんなに熱々でもせいぜい三、四年だといいます。「タデ食う虫も好き好き」といいますが、ふと我に返る時があるというんですね。

長続きさせるのは相互の努力も必要ではないでしょうか。
「愛している」というものが、ただの感情だけで終わるのでなく、本当にその人を大切に思い育てていくことができれば、変わってくるのです。
ただの、執着心、自己愛だけでは、事件をおこしたような女性の結果と似たようになってしまうかもしれません。

それでも、人は人を愛さずにはいられないのでしょうか。
愛してからが問題、かなぁと思いますし、よりいい関係で愛し合うために、
それ以前に、よい相手と出会い愛し合うためには、その前の準備が大切なのかもしれないと思います。
いつその相手が来ても、その人を大切に愛することのできる準備です。
その愛する準備はいくらしても無駄にはならないでしょう。

愛を表現するのは悪いことではないですから、バレンタインデーも悪くないと思うのです。
私もお世話になっている人たちに手作りのものをあげたり、色々した時期がありました。もっぱら義理チョコですね。
愛する夫には毎年チョコはあげていますが、今年もまだ準備していません。
努力が大切と口ではいいますが…。
こういうイベントの機会に便乗して、マンネリの恋人や夫との関係もチョコの甘さを使って、演出してみるのもいいですよね。あくまでも物や演出よりも、「まごころ」かなぁと思いますが…。

今日もいい一日を
よろしかったらクリックを!
にほんブログ村 ニュースブログ その他ニュースへ
にほんブログ村 にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ
にほんブログ村

写真は芥川千景さん「風の強い日もある。」



2010年10月06日

「愛情とお金の使い方が幸、不幸の分かれ目?!」婚カツ時代のよい結婚の勧め(6)

kariire1_thumb.jpg


何も結婚がゴールではありません。結婚は、幸福な人生への新しい出発で
にすぎません。

晩年、人生の刈り入れの時を迎えた時、幸福のための三要素を全うした人は、たわわに実った美しい実をたくさん見ることができます。

実例を挙げると、ある年配の男性は、孫やひ孫に恵まれた人なのですが、
若い頃は弟妹のために、結婚しても家庭のために、自分の好きだったことも
家業のためにあきらめて、ひたすらつつましく生きてこられたような人でした。

奥さんを大切にして、長男夫婦と同居してお嫁さんも大事にしてきました。

不思議なことに、若い頃あきらめたはずの職業を、今は孫の一人がしているというのです。
そして、どの孫もよい仕事、ポストを得て、人が羨ましがるほどだといいます。

彼は毎月欠かさず、先祖のお墓参りをしてきましたが、今は、親子三代で行くようになり、彼の何よりの楽しみになりました。
いずれひ孫とも一緒にというのが、ささやかな願いだそうです。

この方の生き方には教訓がたくさん隠されていますが、今日のポイント
としては、女性関係とお金には堅実で、家族を大切にするということです。

もう一人は、ある長年夫の浮気に悩んできた年配の婦人のお話です。

ご主人はいわゆるお金持ちのボンボンでしたから、条件的には悪くは
見えなかったと思うのです。彼女は夫とは結婚前から関係があり、
できちゃった婚に近い形で結婚した人でしたが、

「よく考えてみたら、自分勝手なこと。
 結婚前にそういう関係を我慢できないということは、
 結婚後も我慢できるわけがない」と言われていました。

まさしく、相手を大切にする愛情に満ちた人だったら、その当時のことです、
結婚まで待てないはずはなかったでしょう。

女性の方にも問題はあるでしょう。拒んで難しくなる人なら、
よい相手とは言えないし、いい縁なら問題ないはずです。

その女性は、ご主人はお年で浮気する気力もなくなりましたが、
今は息子さんの金銭問題と、お孫さんの将来のことで悩んでいます。

彼女から見て、息子さんもいい相手と結婚したようには思えず、
仕事や金銭面でのトラブルが絶えず、何かにつけ親を頼るようなのです。
お孫さんにも心配な状況がありました。

「親の因果が子にも」というのは確かにあります。
癖、というのは親子も受け継ぎやすいですから。

彼女は一生懸命生きてきたのに、なぜなのでしょうか?

孫の代になって実となって表れてくることがあるのです

その実を刈り取る時になって、大切なことを「喪失」した人は
そのつけを後日味わうことになります。

虫食いだらけの実。(虫が食いやすい実というのは甘くておいしい実に
多いのです。誘惑が多いのですね。)

夫婦になったとはいえ結婚前に関係を持ち、そして夫が数々繰り返した浮気は、子供や孫に表れるのです。

男の子は、よい条件(環境)を得ることができません。
風采があがらなくなります。それは彼女の息子、孫に表れています。

そして女の子の場合は、苦労多い人生になります。
お母さんの辿ったものを、更に加重して背負うことになるのです。
やはり、いわゆる男運がよくありません。優秀で、もてはやされる容貌を
持っているのに…。

人間わからないものです。ボンボンに見初められてしまったがゆえに、
いつも女性問題とそれからお金の問題で悩んできました。
息子にも問題があると、つい援助してあげてきました。

愛情とお金の使い方を間違えると、三代以上に渡って苦しむことになります。

この方は、愛情とお金にシャキッとしていないのです。
だらしがないとまでは言いませんが。

与えなくてもいい愛情やお金を適切でない時にあげてきたのです。

本人は何がいけなかったのか、ピンときていません。
ですから、当然子や孫もそれをそのまま受け継いでいるでしょう。

たいしたことではないと思っていること、実はとても大切なことなのです。

もちろん、この場合、男性が悪いのです。だらしのない男と結婚してしまった、運が悪かったと、思ってしまいやすいのですが、
実は女性の側にも問題があるのです。

女性はいい愛かどうかをしっかり判断して、
適切な時に受け入れなければなりません。

愛は、むやみに垂れ流してはいけないし、寛容だからいいということはないのです。(お金も同じです。)

相手と、時機を判断できなければならないのです。
それが幸、不幸の分かれ目です。



よろしかったらクリックを!
にほんブログ村 恋愛ブログ 恋愛観・結婚観へ
にほんブログ村