さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年12月08日

30万人?!第二次大戦後、北朝鮮に残された日本人 ***花、枝、幹を支える根・・・《相田みつをの言葉》


2012.12.06 上野公園 イチョウ


花を支える枝
枝を支える幹
幹を支える根
根はみえねんだなあ


相田みつを



昨日の「理不尽なこと」に続く記事を書こうと思ってはいたのですが、昨晩、テレビを見ていて、第2次世界大戦後、北朝鮮に遺された人たちのことを知り、心が離れません。

中国からの引き揚げについては、戦後今に至るまでよく耳にしてきた話でした。
しかし、北朝鮮からの引き揚げ者は、同様にあるいは更に悲惨な状況だったようですね。

当時30万人の日本人が北朝鮮にいましたが、日本政府の対応は全く及ばず、支配していたソ連軍によって日本人は収容所に入れられ、相当ひどい状況だったようです。
彼らは自力で引き揚げるしかありませんでした。

引き揚げ中に亡くなった人たち、2万人の遺骨が残されているだろうということです。
30万人のうち、帰って来られたのは一握りかと思いますが、正確にどれくらいの人たちが、犠牲となったのでしょうか。
ほとんどは飢えと寒さで、亡くなっていったのでしょう。

共産主義下の、惨さというのは、口では言えません。
神様がいないとする世の中がどうなるのか。人の情が無くなるようです。人を人として見ないのですね。同じ思想をもって働く人しか価値がない。物と同じなのです。
全体主義の下の日本も似たようなことをしてきましたが。

近代だけを考えてみても、「理不尽」という言葉でも語ることのできないことが、どれだけ多くの人々の身の上にあったことでしょう。人権が叫ばれる時代となりましたが、それでも悲惨なことは多いもの。
昔の人々のことを考えてみれば、苦労ばかりの中で亡くなっていった人の方が多いのではないでしょうか。

きれいな花が咲くまでに、見えない根っこが踏ん張って、また犠牲になった人たちが、土に返り肥料となって、養分を運んでくれたのです。

見えない根は、祖父母や先祖、幹は両親、枝は私たち、きれいに咲く花や果実は、未来の子どもや子孫を表しているともいえます。

根や太い幹が支えてくれているんですね。私たちは、寒風にさらされる枝のように、強くしなったとしても持ちこたえて、次世代に花開かせていってあげなければなぁと思うのです。
そして、ゆくゆくは見えない根っこになっていく、あるいはこの地の、よい肥料になってあげなければ、と思うのです。

middle_1137344824.jpg


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:上野公園 イチョウ
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


北朝鮮関連の記事は、カテゴリーからもどうぞ。



12年の腐敗認識指数、債務危機のギリシャはEU域内で最悪 NGO調査
ソマリヤ、アフガニスタンとともに、北朝鮮は最下位




2012年11月10日

国という船を導くもの、帆は政府、国民は風?! 【シリヤ・中国のニュース】


6分前。


政府は帆であり、
国民は風であり、
国家は船であり、
時代は海である。


ベルネ











シリヤのアサド大統領のインタビューで、彼の考え方や人となりを知りました。あんなにも多くの人を犠牲にする内戦状態としておきながら、国内が分断されているだけで、内戦状態ではないと述べたということです!

なぜにシリヤと中国のニュースを一緒に紹介したかといいますと、確かに思想は違うのですが、似通ったものを感じてしまいまして。
シリヤのアサド大統領は、独裁者です。中国は、一党独裁です。

海は大荒れ、国家の羅針盤も狂っているのか、おそらく握る人の意志が問題なのでしょう。

「政府は帆であり、国民は風であり、国家は船であり、時代は海である」
この帆船の例で言えば、帆である政府の意向が問題ですね。しかし、国民は「風」なのだそうです。ってことは、国民次第で国という船の行く末も変わるということでしょうか。

私たちは、国からむさぼるものとなってもいけない、正しく導いていく風になっていかなければならないですね。自分のことばかり考えている風たちでは、帆は動かない気がします。

シリヤの状況は、いったいどうしてあげたらいいのやら…。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:6分前。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


2012年11月01日

戦わずにして中国に勝てる6つの方法! だけど、誰が鈴をつけるの?! 【中国のニュース】


生きる力。


戦いとは心理戦争である。

孫子



戦わずにして中国に勝てる6つの方法
[矢板明夫の中国ネットウオッチ]産経◇






おもしろいものを見つけました。
──戦わずにして中国に勝てる6つの方法。
「ヒラリー長官の警告」とされているネット上の書き込みなのだといいますが、本当にヒラリー・クリントン国務長官が中国指導者に語ったのだとすれば、すごい脅しです。

ブログにまとめてくださっている人がいて、(私もそれで知ったのですが)、そのまま抜き出すと、次の6項目になります。

(1)中国の政府高官が所有する海外の銀行口座の残高を発表し凍結

(2)米国のパスポートを持つ中国人官僚の名簿を公表

(3)米国に住んでいる中国人高官の家族の名簿を公表

(4)ロサンゼルスにある「妾村」を一掃

(5)米国在住の中国人高官の家族をグアンタナモ刑務所に収容

(6)中国国内の失業労働者などの不満分子に武器を提供


どれだけ、中国の高官、トップ層がお金をもっているか、ということです。
高官といえども失敗があれば、一度に首をはねられますから、そのためにも、権力を乱用し、貯めるだけ貯めておき、いざという時に逃げるために、米国のパスポートも持ち、妻子を移住させ、それだけでなく、愛人にもロスなどに豪邸を与えているといいます。

この6項目、面白いといってはいけないのですが、すごい有効なことだと思うのです。

中国のお金の使い方、問題だと思いますね。
こんな自分本位な使い方をしているとしたら、中国はやはり中から崩れていくでしょう。

豊かになってきている中国。世界侵略、手始めのアジア侵略に向け、様々な方法でお金をばら撒いています。

この6項目を、しっかりと徹底させられれば問題はないのでしょうが、暗に、そういう手を打つ人がいないということなのではないでしょうか。米国にしても、日本にしても、袖の下を握らされている人たちが、上に立っているとしたら…!

誰が猫の首に鈴を付けるか、ということですね。クリントン長官がしてくだされば、問題ないですが。

また、もうひとつ言うならば、この6項目、とても中国的発想なのではないか、と思うのです。ですから、中国人ネットユーザーの書き込みなのではないかというのは、いえています。

中国側は、こういう観点で、アメリカなり、日本やアジア諸国に向け、裏の裏から、内から外から、あらゆる姑息な手を使って、入り込んでいると思うのです。すでにこういう弱みを中国側は握っているに違いないのです。
彼らの方法手段ですね、これは。正攻法ではない、でもとても有効な手段です。
なんでこういう手を使わないのか、と不思議なのかもしれません。人のいい日本人的な発想ではないですね。だからこそ、参考にはなりますが。



中国の最近のニュースを前後に添付しています。一つ一つ、中国の現状を浮き彫りにしていると思うのです。

・軍事費は過去10年で4倍になっているとのこと!オソロシや。
・相も変わらず、宗教への厳しい監視。お坊さんは裕福になれないの?
・他の国の雇用を脅かす、中国産業と、労働力の脅威。
・電車切符のダフ屋が横行しているという、先進国とは思えない状況。
・そして、北京オリンピックではさぞかし困っただろうな、という、女性公衆トイレ増設の話題。

他の国のことばかり、批判してもしかたありませんが、今日は中国のあら捜しニュース、みたいになってしましました。これでも、抑えたのですが…。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:生きる力。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います