さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2013年03月15日

ブルガリアの春はいつ来るのか?! 抗議の焼身自殺4人目! 《ブルガリアのニュース》


想い


向こう(神様)は空の上、
こっちは地上だけど、
俺にだって奇跡を起こすことができる。


ストイチコフ
(94年W杯準決勝進出の立役者)



















何かとブルガリアが、荒れています。
今年になってからのニュースを集めてみました。

ちなみに元五輪選手のメダル返上はレスリング競技除外への抗議を表わすものだといいます。ブルガリアもレスリングの強い国なのです。

ブルガリア首都ソフィアの大統領府近くで13日、男性(51)がガソリンをかぶって焼身自殺を図った。内務省によると、事件が起きたのは午後1時35分(日本時間午後8時35分)ごろ。男性は体に25%のやけどを負い重体という。

 欧州連合(EU)加盟国の中で最も貧しいブルガリアでは2月以降、貧困と汚職に対する国民の怒りが高まっており、2月20日に政権が退陣に追い込まれた。こうした中、抗議の表明として焼身自殺を図る事例が相次ぎ、既に3人が死亡している。

 13日には暫定政権が発足したが、世論調査によると5月12日に予定される総選挙後も議会は分裂する公算が大きいとみられている。


トップのニュースの写真はバルナという都市のもの。ストイチコフが活躍した当時、私もブルガリア、バルナにも住んでいました。おそらくあの辺りではと推察できる場所です。

寒い冬ももうすぐ終わります。
共産主義時代の貧しいながらも同等に与えてもらえる制度は完全に崩壊しました。ブルガリア人が、何かのおこぼれをもらおうとするのではなく、一人ひとりが責任をもって、この最低の状況を乗り越えていってほしいと思うのです。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:想い
by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら


2013年02月23日

深刻な環境汚染、「がん村」存在認める?! サイバー攻撃の嵐!! 《中国、中国、中国のニュースとサイバー攻撃》


2010.12.17 和泉川 キバナコスモス


大切な人たちが、
手の届かないところにいる時、
いつも祈りでハグします。
















中国の大気汚染は深刻ですが、その影響を日本だとはいえ多少なりともこうむることは避けられません。空気は一つの空の中で国境も何も関係なく広がっていきますから、来るなといっても、やってきます。
困ったものです。

日本にも、多くの中国の方々がおられます。その勢力は、なんかすごい。
働かなくなった日本人に替わって、よい働き手として、重宝されているのでしょう。
いくら一人っ子政策で人口は抑えられているといっても、莫大な人口を抱えていますから、狭い日本に大挙して来られたら、すぐに日本平定されてしまうことでしょうね。

思うに、中国が、もっと国力があった昔に、日本を攻めて来なかったのは、ラッキーでした。元寇というのがありましたが、元は今で言うモンゴルを中心とした王朝でした。
日本が朝鮮などを何回か攻めていますが、日本は長らく攻め込まれることのない、守られた国だったんですね。そう思います。

しかし、今の中国は、日本を奪う気はありありです。
危機管理の徹底したアメリカに対してすら、いくつものサイバー攻撃を仕掛けているくらい、したたかで手段は選んでないようです。
ですから、のほほんとした日本に対しては、どれほどありとあらゆる攻撃をしているでしょうか。

非を一切認めませんが、平然と領海侵犯し、そうしつつも確実にいろいろ探っているのでしょう。
内から外から、お金を使い、人を使い、心理作戦を入念に織り込んだ様々な方法。

たとえば、尖閣諸島については、竹島と違い、日本の領土であるのは明白であるのに、まるで宣言すれば自分のものになる、とでも言うように、しゃあしゃあと言っていますね。
そういうのを、横取りというのです。
ブータンの領土も、地図を書き換えて、中国領にしてしまいましたし、日本についても同様でしょう。

国際社会でも、ヒンシュクを買い、ずるいヤツ、油断がならないと、みんなから思われているのに、どこ吹く風ですから、なかなかその動きを阻止できません。

こういう相手だと、まずよく知るしかありません。そして、相手が悪いとか言っていても、その悪いヤツが、観念して心を入れ替えるということは、今の段階ではほぼ難しいので、よく研究して、対処するしかないのではないですか。

害虫駆除の方法もいろいろあり、方法により弊害、リスクもつきものですが、彼らをよく知り、自衛することがいいと思います。いろんな方法で、知恵を使い、こちらが飴と鞭を使い分けられるくらいになれば、問題はないと思うのですが。

どうも、「こんなことするなんて信じられない」と呆然とするだけで、なんらの有効な手だてもない、というのが現状なのではないですか。
中国を知る、その思想から、文化まで、よい点も問題点もすべて…。知らな過ぎですね。

その点、中国は日本をよく研究しているはずです。

今日は中国についてボロクソに言っているようですが、そうして私が結論として言いたいのは、中国をやっつけろ、ボコボコにしろ、ということではありません。
中国の悪いところも受け入れ、懐柔されろというわけでもありません。

中国と日本はどちらが正しいのでしょうか。
正しい者がいつかは勝つのです。
特に最近の世界は、本物しか実績を出せない時代となってきました。一時的に、結果を出すことがあったとしても、真っ当にやっていない場合はいつかしっぺ返しがきます。

ズルばかりしていて、それで済みはしません。が、わたしたちが仕返しする必要などありません。確実に彼らはしたことに対して、罰を受けるようになっています。運勢を失っていきます。ボロは出るし、メッキは剥がれるのです。

いい加減な張りぼてばかり作っていたら、雨漏りがするし、今起こっている大気汚染の問題も、出しているものが悪いから当然汚れ、それによって確実に健康被害が出るのです。

もちろん、近隣の国もその影響を受けないわけではないのですが、なんやかや言っている前に、自分が正しいことをしていく、しかありません。
昨日の聖徳太子も言っているように、公明正大にいくしかないのです。やったことの結果が返ってくるとしたら、そうするしかありません。

中国や、そのほか問題だらけの地球上の国々。ひとつとして問題のない国は存在しません。中国も問題だらけです。それをいい気味だとはいえません。メチャクチャなことをしたり、他を傷つけたり奪ったりしたなら、当然報いを受けることになるでしょう。

そうならないように、これ以上過ちを犯さないように、中国のために祈ります。
日本も真っ当な国のようでいて、過ちだらけでしょう。日本の美徳を活かせるように、心から祈ります。

こつこつと出来ることを繰り返すだけです。

2010.12.07 和泉川 キバナコスモス


冒頭の言葉は
kuri-maの拙訳です。。。


大切な人たちが、
手の届かないところにいる時、
いつも祈りでハグします。
When my arms can’t reach people who are close to my heart,
I always hug them with my prayers.

I'm glad the sky is painted blueさんの
フェイスブックより


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:上 キバナコスモス
下 キバナコスモス
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら


2013年01月30日

《北朝鮮情報》 + 悪い種をまけば悪い芽が出る?! 相田みつを「たね」


海抜0.3m地帯。


「 たね 」

種子さえ
蒔いておけば
いつかかならず
芽が出る
よいたねには
よい芽が
悪い種子には
悪い芽が
忘れたころに
ちゃんと出てくる


相田みつを




今日は北朝鮮の新しいニュースをひとつ、ご紹介しますが、この際、過去の記事も一覧にして紹介してしまおうと思います。
寒い冬を迎えていますが、北朝鮮の人々はこの冬をまた持ちこたえられるのでしょうか。
先日紹介したグーグル会長の娘さん(19)も、訪問するのは1月はやめたほうがいい、寒すぎるから、とコメントしているように、やはり厳寒のようです。

戦後、北朝鮮に残された日本人は30万人、ほとんどが収容所で亡くなられたことでしょう。
シベリアでの死者は、60万人とも言われています。↓

北朝鮮では、いまだに死と隣り合わせの収容所生活(犬以下と表現した人もいました)をしている人たちがいます。更に、一般の人たちも、食べるものすらないから、やはり死と隣り合わせの国境越えをして脱北するしかありません。

間違った種が植えられたら、その結果は表れるとはいっても、その表れた結果を見ても、根を抜いて植え替えようとは、なかなかできないようです。
その間、犠牲になる人たちがいることが、心痛いですね。

《kuri-maの北朝鮮関連記事》
 魂チェック、あなたの魂の危険度は?! + 「超変!」19歳米女子が見た北朝鮮etc.《共産圏ニュース》
 30万人?!第二次大戦後、北朝鮮に残された日本人 ***花、枝、幹を支える根・・・《相田みつをの言葉》
 夢は南北統一と世界平和?! 金正日の孫のインタビュー2
 どうして脱北をはかるのか?! 北朝鮮兵士脱北など【北朝鮮情報】
 洪水で死亡少女に勲章授与?! 【北朝鮮のニュース】+日韓防衛協定の締結
 収容所の「犬以下の生活」、核の準備?!【北朝鮮情報】
 カミュはKGBに暗殺された?!全てが闇の中【共産国特集】北朝鮮兵士、栄養失調etc

他はカテゴリーからもご覧ください



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:海抜0.3m地帯。
by (C)芥川千景(沈没寸前)さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら


ラベル:相田みつを たね