さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2015年05月08日

「健全な魂」が宿るためには?!  ★【写真特集】ネパール地震の被害甚大、山あいの村々

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

18番、池越えショートホール、


物質は肉体のため、
肉体は霊魂のため、
人間は神のために存す。


アクイナス



私たちは、目に見える現実的なものに、つい心がいきがちです。

美しいもの、楽しそうなもの、おいしそうなもの…。
仕事や、学業、スポーツや、趣味、そういうものも、目に見えるものです。

地位、名誉、お金が好きな人もいます。
衣食住を、素敵にすること、環境を整えること、それは外的なものの最たるものですね。

「健全な肉体に健全な魂が宿る」といいます。その通りですが、どちらかと言えば「健全な魂」、こちらが基本です。

たとえ、病気などで健康な肉体がもてないということがあったとしても、魂が美しく、たくましければ、不健康を補い、その人は素晴らしい人生を送ることができるはずです。

外的なものは、私たちを一時的には幸せにしてくれます。
また、なければ、生活をしていけませんから、大切なことではあります。

しかし、「魂」ということを考えた時、目に見える外的なものではなく、より内面的なものを、まず大切にしていく、ということが前提ではないでしょうか。

魂によくないこと、というのは、目に見える現実的な環境的な事柄ばかり追求すること。
そして、それが神様のため、人のためではなく、自己中に向かっていけばいくほど、魂は傷つくといいます。

正しくない行為、これは魂にいいわけがないですね。

ありがとう、感謝します、愛しています。
こういう言葉は、魂を活きいきさせ、私たちを幸福に導く言葉です。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:18番、池越えショートホール、
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


【写真特集】ネパール地震の被害甚大、山あいの村々


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


2015年05月02日

魂を安値で切り売り?! それで得るもの、失うもの。。。  ★虐待する男たちの「ラブレター」集、『僕のせいで死なないで』

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

2015.04.28 山手 エリスマン邸 居間


もっとも恐ろしいことは、
「自分の生存のため」には、
背に腹は変えられなくなって
たとえ悪だと分かっていても、
みずからの魂を
その悪に売り渡してしまうことです。


沢野只幸(フェイスブックより)



魂とはなんでしょうか。心のことでしょうか。
心の中の性根、一番の核心部分なのではないでしょうか。

相田みつをさんが、「いのちの根」と表現した言葉も、「魂」に近い言葉かなと私は捉えています。
魂というのは、私たちの生命の根っこ、根本になるものかなぁと思います。

生命=人生、英語のlifeはそうですね。
たった一つの生命、たった一つの人生。

魂を売るというのは、つまり、時間を切り売りすること、ともいえます。
大切な人生の一瞬一瞬は、私たちの魂を育てていく時間。

しかし、そんな魂のかけらとも言うべき、大切な時間を、ともすれば何もしないで、あるいは食べたり飲んだり、楽しんだり、そういうことばかりで使ってしまうと、あっという間にその時は過ぎ去り、何をしていたんだ、ということになってしまいます。

魂をほしがる魔物はいくらでもいます。
最近は、お金まで払って、魂を売り払ってしまう人も多いとか。


こういう魔物のことを、「時間泥棒」と表現した人もいました。

例えば、ゲーム。ちょっとした息抜きぐらいならいいのですが。。。
お金も、時間も奪って、魂を脆弱にしていく。
無料であろうと、魂を売った代価は、お金で買えるものではないですね。

「時間」ほど、惜しまなければならないものはありません。誰も作ることも、買うこともできないのですから。

でも、奪われるのは、簡単です。
一瞬でも身ぐるみはがされるようなことになってしまいます。


テロより、恐ろしい、お化けより恐ろしいものが悪魔ですが、目に見えないのに、見えるものを通じて、楽しそうなもの、おいしそうなもの、美しく見えるものを通じてやってくるので、厄介です。

私も、結構、時間、持っていかれています。
それも、無料ってのに、ちょっと弱いです。

焦るとよけいイライラして、集中力も奪われて、結局また、時を奪われています。

ああ、もったいない。

そんな間に、「ありがとう」の一つでも余分に言って、「神様、愛しています」と笑顔で得点をあげておくべきだった。。。!

気がついたところから、やっていくのがいいですよ。
それしかないですし。

今を奪われないようにすること。
そして、まだ明日以降は、まるまる手付かずのままです。


自我に生きていることが
もっとも恐ろしいことは、
「自分の生存のため」には、
背に腹は変えられなくなって
たとえ悪だと分かっていても、
みずからの魂を
その悪に売り渡してしまうことです。
そうやって、
自我は「悪の手先」に転じてしまうことが、
この世で一番恐ろしいことであり、
最悪の不幸な事実を作ることに成ります。
それは、
自我に生きるしかない魂の弱さを
不断の実践で鍛え磨いて行くことを、
怠り続けて来た
おのずからの「結果」です。
この事実に本当に心底から気づけたら、
自我に支配されている人生から
真に脱却できる転機は、おのずから訪れます。

沢野只幸さん(フェイスブックより)



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:エリスマン邸 居間
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


虐待する男たちの「ラブレター」集、蔓延するDVに警告 ペルー


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


2014年01月09日

生命が尊い理由(わけ)?! 自殺と安楽死  ★ベルギー最高齢アスリートが安楽死、シャンパンで乾杯して旅立つ


2013.12.31 和泉川 パンジー 花弁に蒲の綿毛


生と死について考えてみたいと思います。

2012年11月、オーストラリアのメルボルンの地下鉄 METRO TRAINSが市民の電車事故防止を啓蒙するために配信したアニメーション動画「Dumb Ways to Die(マヌケな死に方)」。

ちょっと想像するとグロイ死に方ばかりですが、だからこそ「死」に対して意識し、事故死、自殺防止の啓蒙になるでしょうか。。。




ベルギー最高齢アスリートが安楽死、シャンパンで乾杯して旅立つ◇


あの世のことをよく知れば、安楽死は、どうなのでしょうか。動物に対してならいいと思うのですが。
安楽死という名目がついた自殺という気もします。

死が近づいているのに痛みに苦しんでいる人を、更に苦しめるのがいいということではないですし、微妙な問題ですが。

医療的な単なる延命処置を止めるような場合は、かえって自然に感じます。
私の父や義母なども、ガンだったので、最後は死期を早めると分かっていても、痛み止めを使ってあげるしかありませんでした。

しかし、自分で薬を打ってもらって、バイバイといって死ぬというのは、自殺と違わない気がします。

私たちは誰一人として死を迎えない人はいません。
しかし、最期の最期まで精一杯生きるのがいいでしょう。
そんなことを言って、私の最期はボケて訳がわからなくなってしまうかもしれませんが。

私たちの命というのは、そうやって精一杯生きるためにあるのだと思います。

そして、それで終わりではありません。
人間は魂をもった霊的な存在なので、肉体の生命が切れても、その魂は不滅ですから、終わりようがありません。

ですから、このニュースの方はどうしているでしょうか。
乾杯して見送ってくれた友人は、あの世では心の慰めにしかなりません。
きっと戸惑っておられるのではないでしょうか。ちょっと早く来過ぎたな、と思っているかもしれませんね。

生命は自分のもののようで自分のものではありません。この肉体も借り物。
愛情を育て、魂を育てるために、このつかの間の人生があるといいます。

神様にもらったこの命であるなら、神様の願い通りに生きることがいいのではないでしょうか。それが、昨日お話した天命に生きることにつながるのかもしれません。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:パンジー 花弁に蒲の綿毛
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています