さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2015年06月16日

「蒔いた種子のとおり」?! 中村天風   ★米グランドキャニオンに広がる雄大な景色、ちょこっと旅気分

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

田貫湖


やれ運命がつまらないの、
人生がつまらないのって人は、
その考え方がつまらないんです。

いいですか、
幸福も健康も成功も、
ほかにあるんじゃないです。
あなた方自身のなかにあるんだ。
一切の人生の果実は、
その人が蒔いた種子のとおり表現してくる。


中村天風



ちょっと辛口だなぁ。
でも、その通りだなぁ。

あんまりに、ブーブー文句を言ってしまったり。
それは、言える相手がいることが、ありがたい、と思わなければいけませんね。

生活の中で、やらなければならないこと、とてもたくさんあると思います。わずらわしいことも、たくさんあると思いますが、一番しなければならないことは、感謝かな。

そして、大切な人に、ありがとうや、愛している、時にはごめんなさい、許してください、と言うこと。

言っていないな、と反省しきりなので、今つぶやいてみることにします。

ホ・オポノポノで、心をクリーニングして、リフレッシュしましょう。

ありがとう
ごめんなさい
許してください
愛しています

私自身の中にある、答え。まいた種、の通りになるなら、もっと良い言葉の種をたくさんまいて、今度はそれに肥料をあげるような、よい行動をしていくしかないと思うのです。

明日は、笑顔で目覚められるように、今日はよく反省して、感謝をたくさんして、気持ちを切り替えて休みたいと思います。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:田貫湖
by (C)星船さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


ちょこっと旅気分、米グランドキャニオンに広がる雄大な景色



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています



2015年05月06日

「魂が残れば、死んでも意味がある!」 吉田松陰の言葉  ★ネパール大地震、101歳「がれきの下に7日間」は間違い

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

花どまり。


世の中には体は生きているが、
心が死んでいる者がいる。 

反対に、体が滅んでも
魂が残っている者もいる。

心が死んでしまえば生きていても、
仕方がない。  

魂が残っていれば、
たとえ体が滅んでも意味がある。
 

吉田松陰



最近子どもが見ている、「ワイルド・ヒーローズ」というEXILEが出演するドラマで、主人公が信条として伝えているのが、

「勝つまで負けるな!!
負けって決めなければ、
それは勝つ途中だ」


というもの。

あきらめなければ、まだ負けてはいない、というのです。


また、上の松蔭の言葉は、聖句など有名な言葉を思い起こさせます。

「死なんとするものは生き、
生きんとするものは死す
(必死即生 必生即死)」
(呉子兵法)

「あなたは、生きているとは名ばかりで、
実は死んでいる」
(ヨハネの黙示録3:1)


では、魂が残るとは、どんな生き方なのでしょうか。。。

吉田松陰といえば、

「至誠にして動かざるものは、
未だこれあらざるなり」


という孟子の言葉を座右の銘にしていたという、絶対諦めない私心のない人、という印象があります。

「ワイルド・ヒーローズ」の言葉でいうとこうなります。
勝つまで負けるな!!
あきらめなければ、いつか「誠」に至ることができる。

吉田松陰は、結局安政の大獄で倒れますが、彼の弟子たちは、新しい日本を作る逸材として大活躍しました。

松蔭は処刑されたわけですが、その魂は不滅だったということでしょう。


「かくすれば かくなるものと知りながら
やむにやまれぬ大和魂」

 
「親思う 心にまさる親心
今日のおとづれ 何と聞くらん」


これは、二つとも松蔭の作ですが、上の歌は安政の大獄で江戸に行く最中のものだとか。
そして下の歌は、彼の「辞世の句」です。

彼は、自分の命を考えて行動したのではなかったのでしょう。こうすれば、極刑になるかもしれないと知りながら、最後まで日本の国を思い、真実の思いを伝えようとしました。

また、処刑されれば、親がどれだけ悲しむか、分かりすぎるくらい分かっていたのでしょう。
しかし、親を思う心以上に、国の未来を憂う魂からの思いを、どうしても抑えることができなかったのでしょう。

松蔭は、こうして自らの命を犠牲にしたのです。

心は生かし続けたので、魂は永遠に不滅となり、その後、多くの人が、彼の精神に共鳴し、立ち上がりました。
そして、今でも私たちは松蔭を心の師とするのでしょう。

「誠」は誰にも殺させないし、誠をもった魂は、さらに繁殖するのです。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:花どまり。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


ネパール大地震、101歳「がれきの下に7日間」は間違い


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています




2015年03月30日

どれだけ心の震える瞬間があるか?! 〈この時代に生きる私たちの矛盾〉  ★羽生らがエキシビションに登場、フィギュアスケート世界選手権

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

春の里山に雪が降る。


人生はどれだけ
呼吸をし続けるかで
決まるのではない

どれだけ
心のふるえる瞬間があるかだ




今日は、フェイスブックでシェアされてきたものを紹介します。

読んでみると、まさしくそうだなぁと思います。

だからこそ、心が動くことをしていこう、大切な人のために、また世界のために祈っていこう、と思わされました。



「この時代に生きる私たちの矛盾」


ビルは空高くなったが
人の気は短くなり
高速道路は広くなったが
視野は狭くなり
お金を使ってはいるが
得る物は少なく
たくさん物を買っているが
楽しみは少なくなっている

家は大きくなったが
家庭は小さくなり
より便利になったが
時間は前よりもない

たくさんの学位を持っても
センスはなく
知識は増えたが
決断することは少ない

専門家は大勢いるが
問題は増えている
薬も増えたが
健康状態は悪くなっている

飲み過ぎ吸い過ぎ浪費し
笑うことは少なく
猛スピードで運転し
すぐ怒り
夜更かしをしすぎて
起きたときは疲れすぎている

読むことは稀で
テレビは長く見るが
祈ることはとても稀である

持ち物は増えているが
自分の価値は下がっている

喋りすぎるが
愛することは稀であるどころか
憎むことが多すぎる

生計のたてかたは学んだが
人生を学んではいない
長生きするようになったが
長らく今を生きていない

月まで行き来できるのに
近所同士の争いは絶えない

世界は支配したが
内世界はどうなのか

前より大きい規模のことはなしえたが
より良いことはなしえていない

空気を浄化し
魂を汚し
原子核を分裂させられるが
偏見は取り去ることができない

急ぐことは学んだが
待つことは覚えず

計画は増えたが
成し遂げられていない

たくさん書いているが
学びはせず
情報を手に入れ
多くのコンピューターを用意しているのに
コミュニケーションはどんどん減っている

ファーストフードで消化は遅く
体は大きいが
人格は小さく
利益に没頭し
人間関係は軽薄になっている

世界平和の時代と言われるのに
家族の争いはたえず

レジャーは増えても
楽しみは少なく
たくさんの食べ物に恵まれても
栄養は少ない

夫婦でかせいでも
離婚も増え
家は良くなったが
家庭は壊れている

忘れないでほしい
愛するものと過ごす時間を
それは永遠には続かないのだ

忘れないでほしい
すぐそばにいる人を抱きしめることを
あなたが与えることができる
この唯一の宝物には
1円もかからない

忘れないでほしい
あなたのパートナーや愛する者に
「愛している」と言うことを
心を込めて

あなたの心からのキスと抱擁は
傷をいやしてくれるだろう

忘れないでほしい
もう逢えないかもしれない人の手を握り
その時間を慈しむことを

愛し
話し
あなたの心の中にある
かけがえのない思いを
分かち合おう

人生はどれだけ
呼吸をし続けるかで
決まるのではない

どれだけ
心のふるえる瞬間があるかだ


アメリカのコメディアン ジョージ・カーリンが
彼の最愛の妻が亡くなったときに、
ボブ・ムーアヘッド牧師の説教を引用し、
友人に送ったメールの一部抜粋だそうです。



フェイスブックで大量に流れてくる情報にアップアップしそうになることもありますが、このようにいい内容もたくさんありますので、また紹介したいと思っています。

心のふるえる瞬間とは、つまり感動ですね。
相田みつをさんの言葉を借りれば、「心が動くと書いて、感動」といいます。

心を動かすためには、愛すること、そのためには、感謝すること。

祈ることもいいですね。感謝の祈り。
そうすれば、私がどうすればいいのか、神様がどう願われているかも分かります。
そして、また、感謝の思いが生まれます。
感動が生まれるのも、そんな時ではないでしょうか。

ありがとうございます
感謝します
愛しています


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:春の里山に雪が降る。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


羽生ら出場選手がエキシビションに登場、フィギュアスケート世界選手権


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています