さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2020年04月27日

青春とは、心で決まる?! サムエル・ウルマンの「青春」

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

裕次郎灯台。


青春とは、人生のひとときの時間をいうのではなく、
心のあり方・・・
心のアンテナを高くし
希望の波をとらえるかぎり
80歳であろうと人は青春の中にいる

青春とは、つまり体の年齢ではなく、心の年齢が若々しい時期ということでしょうか。

サムエル・ウルマンの「青春」を紹介します。

「千の風になって」の新井満さんの自由訳というのもいい気がするのですが、私にとっては最初に読んだものの印象が強いので、原詩に基いた訳を紹介します。


青春

サムエル・ウルマン
 

青春とは人生のある期間ではなく
心の持ち方をいう。
バラの面差し、くれないの唇、
しなやかな手足ではなく
たくましい意志、ゆたかな想像力、
もえる情熱をさす。
青春とは人生の深い泉の清新さをいう。

青春とは臆病さを退ける勇気
やすきにつく気持ちを振り捨てる
冒険心を意味する。
ときには、20歳の青年よりも
60歳の人に青春がある。
年を重ねただけで人は老いない。
理想を失うとき はじめて老いる。
歳月は皮膚にしわを増すが、
熱情を失えば心はしぼむ。
苦悩、恐怖、失望により気力は地にはい
精神は芥(あくた)になる。

60歳であろうと16歳であろうと
人の胸には驚異にひかれる心、
おさな児のような未知への探求心
人生への興味の歓喜がある。
君にも我にも見えざる駅逓(えきてい)が心にある。
人から神から美、希望、よろこび、勇気、力の
霊感を受ける限り君は若い。
霊感が絶え、精神が皮肉の雪におおわれ
悲嘆の氷にとざされるとき
20歳だろうと人は老いる。
頭を高く上げ希望の波をとらえるかぎり
80歳であろうと人は青春の中にいる。


(宇野収、作山宗久訳 )

改行の仕方を変えました
文責:kuri-ma (ほんままゆみ)


訳し方なんですよね・・・

(あくた)は、チリやゴミくず、つまらないもののこと。

駅逓(えきてい)と訳していますが、原詩ではwireless station、つまり新井満さんの訳にある「無線基地」が正しいと思いますね。

ということで、原詩と、新井満さんの自由訳というものも添付しておきます。
これは、訳し直した方がいいという気がしますが、余裕があれば、力不足と分かっていますがやってみたいです。

*ちなみにサミュエル・ウルマン「青春」というと、他に1945年12月号の『リーダーズ・ダイジェスト』に掲載されたという英語の詩もあって、その訳がSNSに出回っていたりします。今回は原詩の訳を紹介しています。


ありがとうございます
愛しています

今日もいい一日を
クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:裕次郎灯台。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


Original 版(原詩)
Youth  
Samuel Ullman

Youth is not a time of life, it is a state of mind.
It is not a matter of rosy cheeks, red lips and supple knees,
it is a matter of the will, a quality of the imagination,
a vigor of the emotions,
it is the freshness of the deep springs of ilfe.
Youth means a temperamental predominance of courage over timidity of the appetite, 
for adventure over the love of ease.
This often exists in man of sixty more than a boy of twenty.
Nobody grows old merely by a number of years .
We grow old by deserting our ideals.
Years may wrinkle the skin, but to give up enthusiasm wrinkles soul.
Worry, fear, self-distrust bows the heart and turns the spirit back to dust.
Whether sixty or sixteen, there is in every being's heart the lure of wonder,
the unfailing child-like appetite of what's next, and the joy of the game of living.
In the center of your heart and my heart there is wireless station,
so long as it receives message of beauty,
courage and power from men and from the Infinite,
so long are you young.
When the aerials are down,
and your spirit is covered with snows of cynicism and the ice of pessimism,
then you are grown old, even at twenty,
but as long as your aerials are up,
to catch the waves of optimism,
there is hope you may die young at eighty.


青春とは  自由訳 新井満

青春とは 真の 青春とは
若き 肉体のなかに あるのではなく 若き 精神のなかにこそある
薔薇色のほほ 真っ赤な唇 しなやかな身体
そういうものは たいした問題ではない
問題にすべきは つよい精神 ゆたかな想像力 燃え上がる情熱
そういうものが あるか ないか
こんこんと湧き出る 泉のように
あなたの精神は 今日も新鮮だろうか いきいきしているだろうか
臆病な精神の中に 青春はない
大いなる愛のために発揮される 勇気と冒険心のなかにこそ
青春は ある
臆病な二十歳がいる すでにして 老人
勇気ある六十歳がいる 青春のまっただなか
歳を重ねただけでは 人は老いない
夢を失ったとき はじめて老いる
歳月は 皮膚にしわを刻むが 情熱を失ったとき 精神は しわだらけになる
苦悩 恐怖 自己嫌悪
それらは 精神をしぼませ ごみくずに変えてしまう
誰にとっても大切なもの それは 感動する心
次は何が起こるだろうかと
眼を輝かせる 子供のような好奇心
胸をときめかせ 未知の人生に 挑戦する 喜び
さあ 眼をとじて 想いうかべてみよう
あなたの心のなかにある 無線基地
青空高くそびえ立つ たくさんの 光り輝くアンテナ
アンテナは 受信するだろう 偉大な人々からのメッセージ
崇高な大自然からのメッセージ
世界がどんなに美しく 驚きにみちてるか
生きることが どんなに素晴らしいか
勇気と希望 ほほえみを忘れず いのちのメッセージを受信しつづけるかぎり
あなたはいつまでも 青春
だが、もしあなたの 心のアンテナが 倒れ
雪のように冷たい皮肉と 氷のように頑固な失望に おおわれるならば
たとえ二十歳であったとしても あなたは立派な 老人
あなたの心のアンテナが 今日も青空高くそびえ立ち
いのちのメッセージを受信しつづけるかぎり
たとえ八十歳であったとしても あなたはつねに 青春
青春とは 真の 青春とは
若い 肉体のなかに あるのでなく 若き 精神のなかにこそ ある



プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
世界平和の夢をあきらめられない、ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。見えない世界、霊界、神様についてや、ズバリあなたの使命をお答えします。夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
自作の小説と詩のサイトはこちらから→三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています
さあ夢を叶えましょう



 LOVE JAPAN

56e6e3a332fe931a4e99683d433d09c1-300x300.jpg

I LOVE THE WORLD



posted by kuri-ma at 13:41| Comment(2) | 心に響く言葉・感動エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月21日

感動実話「春の魔法」! ある盲目の人に訪れたプチ奇跡’20

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

八重さくら♪


春の太陽が輝けば、
穀種ははじけずにはいられない。
しかし、真の愛は
世間が冷たくても花を開く


ネーティヒ



春が来ると思い出す、感動的なお話です。

フランスの詩人、アンドレ・ブルトンのエピソードをアレンジしたものだということ。実話なんですね。
まさに、詩人の美しい言葉で起こした魔法のようなエピソードです。


「春の魔法」

まもなく春を迎えようとする、ある晴れた日、
NYの公園で浮浪者と出会った。
その浮浪者は首に「I am blind」と書いたものを掛けて物乞いをしていた。

そうか。彼は目が見えないのか・・・・
しかし通行人は誰一人として彼にお金をあげる者はいない。
素通りだ。

芝生に座っていた男は立ち上がり、その浮浪者に近づいた。
男は少しばかりのお金を浮浪者に恵み、その間に気づかれないように
浮浪者が首から掛けていた「I am blind」という文字を書き換え、そして別れた。

それから 1時間が過ぎる頃、その浮浪者は異変に気づいた。
おかしい・・・
おかしい・・・・

「あの男に恵んでもらってからの1時間。
それまでは誰一人お金を恵んでくれる人がいなかったのに
あの男に出会ってから、今度はすれ違う人、すれ違う人が
恵んでくれるようになった。
物乞いのお椀にはコインが溢れ、人々が同情の声まで
かけてくれるようになった。
あの男の運なのか?あの男は魔法使いなのか?」

実は、男は「I am blind」という言葉をこう書き換えていたのだ。
「Spring,s coming soon. But I can,t see it」
ひすいこたろう
人生を3秒で変える名言セラピー

一部適当と思われる訳に直しました。
文責:ほんままゆみ


最後の言葉は、このような意味ですね。
(春が来ようとしている。しかし、私は見ることができない。)

「I am blind」というのは、私は目が見えません、つまり、視覚障害者です、という意味になります。事実その通り、かわいそうな身の上を語っているには違いありません。

しかし、書き直した言葉では、春が来るというのに、その美しさを見ることができないのか、と心に訴えかけられたわけです。
事実ではなく、その表現のしかたで、伝わり方がこんなに違うんですね。

辛いこと、苦労を経験した人ほど、「春」のありがたさや、嬉しさを知っているのではないでしょうか。
だからこそ、その「春」を永遠に見ることができない男性に、同情したのだと思うのです。


さて、「coming soon」というと、最近は映画やCDなどの上映、発売がもうすぐだということで、よく使われるようになりお馴染みの言葉になりました。

なじみの言葉にはなっても、もう一つ日本人にはピンと来ない部分があります。

「be coming soon」という言葉には、言葉通りの希望的な意味と共に、どこか虚しいような、別の意味が感じられてしまうかもしれません。

実は、イエス・キリストの遺した言葉が「I’m coming soon」(私はすぐ来る)でした。
クリスマスソングや賛美歌にもありますよね。「Jesus is coming soon」

どんなに寒い冬でも、やがて春がやってくるのは確実です。しかし、「私はすぐ来る」という言葉を遺して、イエスは2000年もクリスチャンたちを待たせてきました。
それでも、キリストはもうすぐ来るんだ、この目で見るんだ、それが代々欧米に伝わった人々の思いの中に残されているような気がするのです。

「Spring,s coming soon. But I can,t see it」
この言葉の背後に、soonといっているのに、永遠に来ないんじゃないかというような、長い冬、それでも待っている、そんな切ないやるせなさを、ほのかにですが感じてしまうのです。

でも、やはり、春は毎年やってきます。
今年も、コロナ騒動の中で冬の終わりをいつの間にか越えて、春を迎えました。
私たちに感じられる方法で、思いっきり、春の美しさを満喫しましょう。



ありがとうございます
愛しています

今日もいい一日を
クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:八重さくら♪
by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
世界平和の夢をあきらめられない、ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。見えない世界、霊界、神様についてや、ズバリあなたの使命をお答えします。夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
自作の小説と詩のサイトはこちらから→三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています
さあ夢を叶えましょう



 LOVE JAPAN

56e6e3a332fe931a4e99683d433d09c1-300x300.jpg

I LOVE THE WORLD



posted by kuri-ma at 14:05| Comment(0) | 心に響く言葉・感動エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月23日

感動実話「春の魔法」! ある盲目の人に訪れたプチ奇跡

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

八重さくら♪


春の太陽が輝けば、
穀種ははじけずにはいられない。
しかし、真の愛は
世間が冷たくても花を開く


ネーティヒ



春が来ると思い出す、感動的なお話です。

フランスの詩人、アンドレ・ブルトンのエピソードをアレンジしたものだということ。実話なんですね。
まさに、詩人の美しい言葉で起こした魔法のようなエピソードです。


「春の魔法」

まもなく春を迎えようとする、ある晴れた日、
NYの公園で浮浪者と出会った。
その浮浪者は首に「I am blind」と書いたものを掛けて物乞いをしていた。

そうか。彼は目が見えないのか・・・・
しかし通行人は誰一人として彼にお金をあげる者はいない。
素通りだ。

芝生に座っていた男は立ち上がり、その浮浪者に近づいた。
男は少しばかりのお金を浮浪者に恵み、その間に気づかれないように
浮浪者が首から掛けていた「I am blind」という文字を書き換え、そして別れた。

それから 1時間が過ぎる頃、その浮浪者は異変に気づいた。
おかしい・・・
おかしい・・・・

「あの男に恵んでもらってからの1時間。
それまでは誰一人お金を恵んでくれる人がいなかったのに
あの男に出会ってから、今度はすれ違う人、すれ違う人が
恵んでくれるようになった。
物乞いのお椀にはコインが溢れ、人々が同情の声まで
かけてくれるようになった。
あの男の運なのか?あの男は魔法使いなのか?」

実は、男は「I am blind」という言葉をこう書き換えていたのだ。
「Spring,s coming soon. But I can,t see it」
ひすいこたろう
人生を3秒で変える名言セラピー

一部適当と思われる訳に直しました。
文責:ほんままゆみ


最後の言葉は、このような意味ですね。
(春が来ようとしている。しかし、私は見ることができない。)

「I am blind」というのは、私は目が見えません、つまり、視覚障害者です、という意味になります。事実その通り、かわいそうな身の上を語っているには違いありません。

しかし、書き直した言葉では、春が来るというのに、その美しさを見ることができないのか、と心に訴えかけられたわけです。
事実ではなく、その表現のしかたで、伝わり方がこんなに違うんですね。

辛いこと、苦労を経験した人ほど、「春」のありがたさや、嬉しさを知っているのではないでしょうか。
だからこそ、その「春」を永遠に見ることができない男性に、同情したのだと思うのです。

さて、「coming soon」というと、最近は映画やCDなどの上映、発売がもうすぐだということで、よく使われるようになりお馴染みの言葉になりました。


しかし、日本人にはピンと来ない部分ですが、「be coming soon」という言葉には、言葉通りの希望的な意味と共に、どこか虚しいような意味が感じられるのではないか思います。

実は、イエス・キリストの遺した言葉が「I’m coming soon」(私はすぐ来る)でした。
クリスマスソングや賛美歌にもありますよね。「Jesus is coming soon」

どんなに寒い冬でも、やがて春がやってくるのは確実です。しかし、「私はすぐ来る」という言葉を遺して、イエスは2000年もクリスチャンたちを待たせてきました。
それでも、キリストはもうすぐ来るんだ、この目で見るんだ、それが代々欧米に伝わった人々の思いの中に残されているような気がするのです。

「Spring,s coming soon. But I can,t see it」
この言葉の背後に、そんな切ないやるせなさを、ほのかにですが感じてしまうのです。

でも、やはり、春は毎年やってきます。
私たちに感じられる方法で、思いっきり、春の美しさを満喫しましょう。



ありがとうございます
愛しています

今日もいい一日を
クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:八重さくら♪
by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
世界平和の夢をあきらめられない、ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。見えない世界、霊界、神様についてや、ズバリあなたの使命をお答えします。夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
自作の小説と詩のサイトはこちらから→三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています
さあ夢を叶えましょう



 LOVE JAPAN

56e6e3a332fe931a4e99683d433d09c1-300x300.jpg

I LOVE THE WORLD



posted by kuri-ma at 23:46| Comment(0) | 心に響く言葉・感動エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする