さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2019年03月23日

感動実話「春の魔法」! ある盲目の人に訪れたプチ奇跡

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

八重さくら♪


春の太陽が輝けば、
穀種ははじけずにはいられない。
しかし、真の愛は
世間が冷たくても花を開く


ネーティヒ



春が来ると思い出す、感動的なお話です。

フランスの詩人、アンドレ・ブルトンのエピソードをアレンジしたものだということ。実話なんですね。
まさに、詩人の美しい言葉で起こした魔法のようなエピソードです。


「春の魔法」

まもなく春を向かえようとする、ある晴れた日、
NYの公園で浮浪者と出会った。
その浮浪者は首に「I am blind」と書いたものを掛けて物乞いをしていた。

そうか。彼は目が見えないのか・・・・
しかし通行人は誰一人として彼にお金をあげる者はいない。
素通りだ。

芝生に座っていた男は立ち上がり、その浮浪者に近づいた。
男は少しばかりのお金を浮浪者に恵み、その間に気づかれないように
浮浪者が首から掛けていた「I am blind」という文字を書き換えそして別れた。

それから 1時間が過ぎる頃、その浮浪者は異変に気づいた。
おかしい・・・
おかしい・・・・

「あの男に恵んでもらってからの1時間。
それまでは誰一人お金を恵んでくれる人がいなかったのに
あの男に出会ってから、今度はすれ違う人、すれ違う人が
恵んでくれるようになった。
物乞いのお椀にはコインが溢れ、人々が同情の声まで
かけてくれるようになった。
あの男の運なのか?あの男は魔法使いなのか?」

実は、男は「I am blind」という言葉をこう書き換えていたのだ。
「Spring,s coming soon. But I can,t see it」


最後の言葉は、このような意味ですね。
(春が来ようとしている。しかし、私は見ることができない。)

「I am blind」というのは、私は目が見えません、つまり、視覚障害者です、という意味になります。事実その通り、かわいそうな身の上を語っているには違いありません。

しかし、書き直した言葉では、具体的に、春が来るというのに、その春の美しさを見ることができないのか、と心に訴えかけられたわけです。
事実ではなく、その表現のしかたで、伝わり方がこんなに違うんですね。

辛いこと、苦労を経験した人ほど、「春」のありがたさや、嬉しさを知っているのではないでしょうか。
だからこそ、その「春」を永遠に見ることができない男性に、同情したのだと思うのです。

さて、「coming soon」というと、最近は映画やCDなどの上映、発売がもうすぐだということで、よく使われるようになりお馴染みの言葉になりました。


しかし、日本人にはピンと来ない部分ですが、「be coming soon」という言葉には、言葉通りの希望的な意味と共に、どこか虚しいような意味が感じられるのではないか思います。

実は、イエス・キリストの遺した言葉が「I’m coming soon」(私はすぐ来る)でした。
クリスマスソングや賛美歌にもありますよね。「Jesus is coming soon」

どんなに寒い冬でも、やがて春がやってくるのは確実です。しかし、「私はすぐ来る」という言葉を遺して、イエスは2000年もクリスチャンたちを待たせてきました。
それでも、キリストはもうすぐ来るんだ、この目で見るんだ、それが代々欧米に伝わった人々の思いの中に残されているような気がするのです。

「Spring,s coming soon. But I can,t see it」
この言葉の背後に、そんな切ないやるせなさを、ほのかにですが感じてしまうのです。

でも、やはり、春は毎年やってきます。
私たちに感じられる方法で、思いっきり、春の美しさを満喫しましょう。



ありがとうございます
愛しています

今日もいい一日を
クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:八重さくら♪
by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
世界平和の夢をあきらめられない、ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。見えない世界、霊界、神様についてや、ズバリあなたの使命をお答えします。夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
自作の小説と詩のサイトはこちらから→三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています
さあ夢を叶えましょう



 LOVE JAPAN

56e6e3a332fe931a4e99683d433d09c1-300x300.jpg

I LOVE THE WORLD



posted by kuri-ma at 23:46| Comment(0) | 心に響く言葉・感動エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月05日

すべての人は天の下に平等?! アメリカ独立宣言を日本語にすると

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

36382047.jpg


「天は人の上に人を造らず
人の下に人を造らず」


福沢諭吉



すべての人間は
生まれながらにして平等であり、
その創造主によって、
生命、自由、および幸福の追求を含む
不可侵の権利を与えられている。


アメリカ独立宣言文



昨日はアメリカの独立記念日でした。

独立宣言文といえばこれという部分を上に掲載しましたが、「創造主」とは、神のことです。
つまり神の下のすべての人類の平等を述べています。

とはいえ、その当時のアメリカは、黒人や原住民など、キリスト教徒以外の人間は、人として認めていなかったのだそうです。

この独立宣言文は、その時に起草したジェファーソン個人のものでは、もはやなくなって(彼は黒人奴隷を多く所有していた事実があります)、その言葉の力、言霊としての威力を発揮し続け、語られた言葉を真実に近づけていっているようにも感じます。


この、アメリカの独立宣言文を、初めて日本に紹介したのは福沢諭吉ですが、彼が「学問のすすめ」の冒頭に引用したのが、私たちも記憶する有名な言葉です。

その部分を現代文にするとこうなります。

「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと言われている──人は生まれながら貴賎上下の差別ない。けれども今広くこの人間世界を見渡すと、賢い人愚かな人貧乏な人金持ちの人身分の高い人低い人とある。その違いは何だろう?。それは甚だ明らかだ。賢人と愚人との別は学ぶと学ばざるとに由ってできるものなのだ。人は生まれながらにして貴賎上下の別はないけれど、ただ学問を勤めて物事をよく知るものは貴人となり富人となり、無学なる者は貧人となり下人となるのだ。」



すべての人間は
生まれながらにして平等であり、
その創造主によって、
生命、自由、および幸福の追求を含む
不可侵の権利を与えられている。

We hold these truths to be self-evident,that all men are created equal,that they are endowed by their Creator with certain unalienable rights,that among these are life,liberty and the pursuit of happiness, that to secure these rights…

この言葉が真実の言葉としてさらに実っていけばいい、と心より思います。 





今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:新緑 星の瞳さん
「写真素材 フォトライブラリー」からダウンロードしました
無断転用はご容赦願います



プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
世界平和の夢をあきらめられない、ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。見えない世界、霊界、神様についてや、ズバリあなたの使命をお答えします。夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
自作の小説と詩のサイトはこちらから→三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています
さあ夢を叶えましょう



 LOVE JAPAN

56e6e3a332fe931a4e99683d433d09c1-300x300.jpg

I LOVE THE WORLD


posted by kuri-ma at 05:00| Comment(0) | 心に響く言葉・感動エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月23日

美しいものを美しいと思える心が美しいのは、心に美しさが映るから?!  2018

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

2018.06.07 和泉川 ハルジオンに梅雨の一滴



「美しいと思える心」をもった人が美しい、という相田みつをさんの言葉が好きです。

なんだか、ちっぽけな私自身を認めてもらえたようで、この言葉に触れると温かくなるのです。


私たちの心には、美を認める心があります。
正しいもの、真実を見極める目があります。

それを自分のものにしたいとかいう、行き過ぎた欲をもたなければ、その心自体、よいものを良いと認め、褒めたり、感動したりするのは、自然なことです。

私たちには、美しいものを美しいと思う心がある。そう思うと、心に「美しさ」が映るのではないでしょうか。

よいものをよいと認めると、その「良さ」が心に映る。

素晴らしいと思って讃えれば、「素晴らしさ」が心を照らす。

どれだけ真実なものに感動し、それを素直に認めていけるか、それが、心の美しさとして残されていくような気がします。


空の星を美しいと見上げる。

手を伸ばして取れないけれど、その美しさ、また宇宙の神秘や偉大さをそのまま認めるとき、私たちの心には、星のようなきらめき、宇宙の深遠さを秘めていくことができるのかもしれません。

一番、最高に美しいもの、素晴らしいものはなんでしょうか?

目に見えない神様は、美しさ、素晴らしさの極致であり、人間の英知や、芸術性や、人徳をすべて集めても、かなわないほどだとしたら、その神様を認め、讃えることは、その素晴らしさを、ほんのわずかでも私たちの心に映すことにならないでしょうか。


心というのは不思議です。
嘘がつけません。そのまま表れます。

その心に、神様を映すこと、植えつけていくこと、それが心にとっては一番いいのではないかと思うのです。

神様を認める、それは、私たちの心にとって、とても幸せなこと。
プラスになることばかりで、損になることはないはずなのです。

ちょっと素直に、あるものを受け容れてみる、それだけでいいのではないでしょうか。

美しいあなたの心にエールを送ります。


うつくしいものを
美しいと思える
あなたのこころが
うつくしい

相田みつを


P1040814.jpg



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:ハルジオンに梅雨の一滴
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
世界平和の夢をあきらめられない、ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。見えない世界、霊界、神様についてや、ズバリあなたの使命をお答えします。夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
自作の小説と詩のサイトはこちらから→三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています
さあ夢を叶えましょう



 LOVE JAPAN

56e6e3a332fe931a4e99683d433d09c1-300x300.jpg

I LOVE THE WORLD


posted by kuri-ma at 13:24| Comment(0) | 心に響く言葉・感動エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする