さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2020年12月23日

☆サンタクロースっているんでしょうか?!★ 120年前の少女の質問に名回答

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

2018.12.05 ベーリック・ホール 世界のクリスマス2018 子供部屋 サンタ


この世界で一番確かなこと、
それは、
子どもの目にも、大人の目にも、
見えないもの




12月ともなると、どこもかしこも、クリスマスムード一色ですね。

クリスマスといえば、サンタさん。

(サンタ)ニコラオスの存在が、サンタクロースの起源ともいわれていますが、今は世界中サンタクロースを知らない所はないほどになりました。

さて、サンタクロースっているんでしょうか。

8歳の少女の質問に、優しく答えた新聞社の記者がいました。
それは、120年を経て、今なお残る名社説として、語り継がれることになりました。

真実と愛はいつまでも残るものだ、存在し続けるものだ、と彼は実証したのです。

だから、もちろん、サンタクロースも…!



──記者さま

わたしは8つです。
わたしの友だちに、「サンタクロースなんていないんだ」
って言っている子がいます。
パパにきいてみたら、「サン新聞に問い合わせてごらん。
新聞社で、サンタクロースがいるというなら、そりゃもう、
たしかにいるんだろうよ」と、言いました。
ですから、お願いです。教えてください。
サンタクロースって、本当に、いるんでしょうか?

バージニア・オハンロン



バージニア、お答えします。

サンタクロースなんていないんだ
という、あなたのお友だちは、間違っています。

きっと、その子の心には、今流行の、
何でも疑ってかかる、“うたぐり屋根性“
というものが、染みこんでいるのでしょう。

うたぐり屋は、目に見えるものしか信じません。
うたぐり屋は、心の狭い人たちです。

心が狭いために、
よくわからないことが、たくさんあるのです。
それなのに、自分のわからないことは、
みんな嘘だと決めているのです。

けれども、人間の心というものは、
大人の場合でも、子どもの場合でも、
元々たいそうちっぽけなものなんですよ。

私たちの住んでいる、この限りなく広い宇宙では、
人間の知恵は、一匹の虫のように、
そう、それこそ、アリのように、小さいのです。

その広く、また深い世界を推し量るには、
世の中のことすべてを理解し、
すべてを知ることのできるような、
大きな、深い知恵が必要なのです。



そうです、バージニア。
サンタクロースがいるというのは、決して嘘ではありません。
この世の中に、愛や、人への思いやりや、
真心があるのと同じように、
サンタクロースも確かにいるのです。

あなたにも、わかっているでしょう。
──世界に満ちあふれている愛や真心こそ、あなたの毎日の生活を、
美しく、楽しくしているものなのだということを。

もしもサンタクロースがいなかったら、この世の中は、
どんなに暗く、寂しいことでしょう!

あなたのような可愛らしい子どものいない世界が、
考えられないのと同じように、
サンタクロースのいない世界なんて、想像もできません。

サンタクロースがいなければ、人生の苦しみを和らげてくれる、
子どもらしい信頼も、詩も、ロマンスも、
なくなってしまうでしょうし、
私たち人間の味わう喜びは、
ただ目に見えるもの、手で触るもの、
感じるものだけになってしまうでしょう。

また、子ども時代に世界に満ち溢れている光も、
消えてしまうことでしょう。



サンタクロースがいない、ですって!

サンタクロースが信じられないというのは、
妖精が信じられないのと同じです。

試しに、クリスマス・イブに、パパに頼んで探偵を雇って、
ニューヨーク中の煙突を見張ってもらったらどうでしょうか?
ひょっとすると、サンタクロースを、捕まえることが
できるかもしれませんよ。

しかし、たとい、煙突から下りて来るサンタクロースの姿が
見えないとしても、それが何の証拠になるのです?

サンタクロースを見た人は、いません。
けれども、それは、サンタクロースがいないという
証明にはならないのです。

この世界で一番確かなこと、それは、
子どもの目にも、大人の目にも、見えないものなのですから。

バージニア、あなたは、妖精が芝生で踊っているのを、
見たことがありますか?もちろんないでしょう。
だからといって、妖精なんて、ありもしないデタラメだなんて
ことにはなりません。

この世の中にある見えないもの、見ることができないものが、
何から何まで、人が頭の中で作り出し、想像したものだ
などということは、決してないのです。



赤ちゃんのガラガラを分解して、どうして音が出るのか、
中の仕組みを調べてみることはできます。

けれども、目に見えない世界を覆い隠している幕は、
どんな力の強い人にも、いいえ、世界中の力持ちが
寄ってたかっても、引き裂くことはできません。

ただ、信頼と想像力と詩と愛とロマンスだけが、
そのカーテンを一時引きのけて、幕の向こうの、
例えようもなく美しく、輝かしいものを、見せてくれるのです。

そのように美しく、輝かしいもの、それは
人間が作ったデタラメでしょうか?

いいえ、バージニア。
それほど確かな、それほど変わらないものは、
この世には、他にないのですよ。

サンタクロースがいない、ですって?
とんでもない!

嬉しいことに、サンタクロースはちゃんといます。
それどころか、いつまでも死なないでしょう。
一千年後までも、百万年後までも、
サンタクロースは、子どもたちの心を、
今と変わらず、喜ばせてくれることでしょう。


1897年9月21日
ニューヨーク・サン新聞 社説に掲載



120年前も、今も、多くの小さな子どもたちが、サンタクロースを信じ、イヴには、夢一杯の思いで床に就くことでしょう。

サンタクロースはいない、そう知った日から、大きなものを失う私たち。。。
しかし、信じている、貴重な小さな子どもたちのために、この地球全体が、クリスマス・ムードを作り、プレゼントが無事に届くよう、一役買っています。

サンタクロースが子どもたちにあげるものはプレゼントだけではありません。
子どもたちは、大きな夢と真心を一緒にもらっているのです。
それは、サンタさんを心待ちにしていたことのある、すべての大人たちの願いも込められているからではないでしょうか。


2018.12.11 クリスマスマーケットin横浜赤レンガ倉庫



ありがとうございます
愛しています

今日もいい一日を

クリック感謝!

にほんブログ村
写真は:ベーリック・ホール 世界のクリスマス2018 子供部屋 サンタ
クリスマスマーケットin横浜赤レンガ倉庫
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
世界平和の夢をあきらめられない、ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。見えない世界、霊界、神様についてや、ズバリあなたの使命をお答えします。夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
自作の小説と詩のサイトはこちらから→三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています
さあ夢を叶えましょう



 LOVE JAPAN

56e6e3a332fe931a4e99683d433d09c1-300x300.jpg

I LOVE THE WORLD


posted by kuri-ma at 23:43| Comment(0) | 心に響く言葉・感動エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月15日

死んでも残るものとは?! ──正義とまごころ 「収容所からの遺書」

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

煌めきの朝。


君達はどんなに辛い日があろうとも、
どこまでも真面目な、
人道に基く自由、博愛、
幸福、正義の道を進んでくれ。


山本幡男



今日は終戦の日。

戦争は終わりましたが、その後多くの人が、当時のソ連軍により、シベリアに抑留され、厳しい環境の中、6万人もの方が、犠牲者になったといわれています。

その犠牲者の一人、山本幡男さんの遺書を紹介します。

その遺書というのは、7名の友人たちが、ソ連の厳しい検問の中、ある人は暗記し、ある人は書き写しを股下に隠し、命懸けで故郷に持ち帰ったものだということです。




子供等(ら)へ。 
君たちに会えずに死ぬることが一番悲しい。

成長した姿が、写真ではなく、実際に一目見たかった。
お母さんよりも、モジミ(妻)よりも、
私の夢には君たちの姿が多く現れた。
それも幼かった日の姿で……ああ何という可愛い子供の時代!

君たちを幸福にするために、一日も早く帰国したいと思っていたが、
とうとう永久に別れねばならなくなったことは、
何といっても残念だ。
第一、君たちに対してまことにすまないと思う。

さて、君たちは、これから人生の荒波と戦って生きてゆくのだが、
君たちはどんな辛い日があろうとも
光輝ある日本民族の一人として生まれたことを
感謝することを忘れてはならぬ。

日本民族こそは将来、東洋、西洋の文化を融合する唯一の媒介者、
東洋のすぐれたる道義の文化――人道主義を以て
世界文化再建に寄与し得る唯一の民族である。
この歴史的使命を片時も忘れてはならぬ。

また君達はどんなに辛い日があらうとも、
人類の文化創造に参加し、人類の幸福を増進するという
進歩的な思想を忘れてはならぬ。

偏頗(ぱ)で矯激な思想に迷ってはならぬ。
どこまでも真面目な、人道に基く自由、
博愛、幸福、正義の道を進んでくれ。

最後に勝つものは道義であり、誠であり、まごころである。
友達と交際する場合にも、社会的に活動する場合にも、
生活のあらゆる部面において、この言葉を忘れてはならぬぞ。

人の世話にはつとめてならず、人に対する世話は進んでせよ。
但し、無意味な虚栄はよせ。
人間は結局自分ひとりの他に頼るべきものが無い――という覚悟で、
強い能力のある人間になれ。

自分を鍛えて行け! 
精神も肉体も鍛えて、健康にすることだ。
強くなれ。
自覚ある立派な人間になれ。

四人の子供達よ。
お互いに団結し、協力せよ!

自分の才能にうぬぼれてはいけない。
学と真理の道においては、徹頭徹尾敬虔でなくてはならぬ。
立身出世など、どうでもいい。
自分で自分を偉くすれば、君らが博士や大臣を求めなくても、
博士や大臣の方が君等の方へやってくることは必定だ。

要は自己完成! 
しかし浮世の生活のためには、いたしかたなしで
ある程度打算や功利もやむを得ない。
度を越してはいかぬぞ。

最後に勝つものは道義だぞ。
君らが立派に成長してゆくであろうことを思いつつ、
私は満足して死んでゆく。
どうか健康に幸福に生きてくれ。
長生きしておくれ。
  
  
一九五四年七月二日  山本幡男


(現代かな使いに、
また当て字などは平仮名にするなど
読みやすく編集しました。)


山本さんの遺書は、「本文」「お母さんへ」「妻へ」そして、今日紹介した「子供等へ」です。

この遺書を見るだけで、4人のお子さんたちは、さぞかし立派な人に成長されたことだろうと、目に見えるようです。
きっと、美しい日本の財産となるのは、こういう貴いものを相続した人たちだと思います。

終戦後10年間も続いたシベリアの収容所生活の末に、山本幡男さんは、日本の地を再び踏むことはできませんでした。45歳という惜しい命を終えなければなりませんでした。

しかし、この遺書に込められた思いというのは、今も変わらず念となって残り、日本の地に向かっているのではないかと思うのです。



最後に勝つものは道義であり、
誠であり、まごころである。


山本幡男





ありがとうございます
愛しています

今日もいい一日を
クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:煌めきの朝。
by (C)芥川千景(漂流中)さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
世界平和の夢をあきらめられない、ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。見えない世界、霊界、神様についてや、ズバリあなたの使命をお答えします。夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
自作の小説と詩のサイトはこちらから→三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています
さあ夢を叶えましょう



 LOVE JAPAN

56e6e3a332fe931a4e99683d433d09c1-300x300.jpg

I LOVE THE WORLD


posted by kuri-ma at 11:33| Comment(0) | 心に響く言葉・感動エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月12日

『コロナ・ウィルスから人類への手紙』 ヴィヴィアン・リーチ (転載)

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

200512.jpg

世界中でコロナウィルスの
これ以上の犠牲が
広がりませんように
終息をお祈りします◇

元のサイトがわからないので、
日本の訳詩と
原詩(英語)をコピーして
ご紹介します。


『コロナ・ウィルスから人類への手紙』

ヴィヴィアン・リーチ


地球は囁きました、
でもあなたは耳を貸さなかった

地球は話しました、
でもあなたは聞かなかった

地球は叫びました、
でもあなたは耳を塞いだ

そして、私は生まれました・・・
私はあなたを罰するために
生まれたのではありません・・
私はあなたの目を覚ますために
生まれたのです・・

地球は助けを求めて叫びました・・・
大洪水、でもあなたは聞かなかった
燃え盛る火事、
でもあなたは聞かなかった
猛烈なハリケーン、
でもあなたは聞かなかった
恐ろしい竜巻、
でもあなたは聞かなかった

汚染した水により海の生き物が死んで行く
警鐘を鳴らして氷山は溶けて行く、
厳しい干ばつ、

そんな時、
あなたは地球の声を聞こうとはしなかった

地球が
どれほど悲観的な危機にさらされていても
あなたは聞こうとしなかった

終わりのない戦争
終わりのない貪欲さ
あなたはただ、自分の生活を続けていた

どれだけの憎しみがそこにあろうと
毎日何人が殺されようと
地球があなたに話そうとしていることを
心配するより
最新のiPhoneを持つことの方が大切だった

でも今、私はここにいます
そして、私は世界のその軌道を止めました
ついにあなたに耳を傾けさせました
私はあなたに避難を余儀なくさせました
私はあなたに物質的な考えをやめさせました・・

今、あなたは地球のようになっています
あなたは
自分が生き残ることだけを考えています

どう感じますか?
地球を燃やして・・
私はあなたに熱を与えました

汚染された地球の空気・・
私はあなたに呼吸への課題を与えました

地球が毎日弱って行くように、
私はあなたに弱さを与えました
私はあなたから快適さを取り除きました
あなたの外出
あなたが以前は忘れていた地球とその痛み
そして私は世界を止めました

そして今・・・
中国の空気はきれいになり・・
工場は汚染を地球の空気に
吐き出さなくなり
空は澄み切った青色に
ベニスの水は透明になり
イルカを見ることができます。

なぜなら水を汚していた
ゴンドラを使ってないから

あなたには
自分の人生で大切なものは何かを
考える時間が出来ました

もう一度言います、
私はあなたを罰しているのではありません・・
私はあなたを
目覚めさせるためにここにいるのです

これが全て終わったら私は去ります・・

どうか、
これらの瞬間を覚えておいてください
地球の声を聞いてください
あなたの魂の声を聞いてください

地球を汚さないでください
争うことをやめてください
物質的なことに気を取られないでください

そして、
あなたの隣人を愛し始めてください
地球とその生き物たちを
大切にし始めてください

何故なら、この次、
私はもっと強力になって
帰って来るかもしれないから・・・


コロナ・ウイルスより




Coronavirus Letter To Humanity
Written by: Vivienne Rodriguez Reich
April 6, 2020

The earth whispered but you did not hear.
The earth spoke but you did not listen
The earth screamed but you turned her off.
And so I was born...

I was not born to punish you..
I was born to awaken you..
The earth cried out for help...
Massive flooding. But you didn't listen.
Burning fires. But you didn't listen.
Strong hurricanes. But you didn't listen.
Terrifying Tornadoes. But you didn't listen.

You still don't listen to the earth when.
Ocean animals are dying due to pollutants in the waters.
Glaciers melting at an alarming rate.
Severe drought.

You didn't listen to how much negativity the earth is receiving.
Non-stop wars.
Non-stop greed.

You just kept going on with your life..
No matter how much hate there was..
No matter how many killings daily..
It was more important to get that latest iPhone
then worry about what the earth was trying to tell you..
But now I am here.
And I've made the world stop on its tracks.
I've made YOU finally listen.
I've made you take refuge.
I've made you stop thinking about materialistic things.
Now you are like the earth...
You are only worried about YOUR survival.
How does that feel?

I give you fever as the fires burn on earth.
I give you respiratory issues.. has pollution fill the earth air.
I give you weakness as the earth weakens every day.
I took away your comforts..
Your outings.
The things you would use to forget about the planet and its pain.
And I made the world stop...

And now...
China has better air quality..
Skys are clear blue
because factories are not spewing pollution unto the earth's air.
The water in Venice is clean
because the gondola boats that pollute the water are not being used.
The earths Ozone layer is healing due to the pause of movement our planet has taken.
There is less noise pollution in big cities.
Oceans are quieter because there is less ships sailing through.
There is an abundance of fish and food like never before since more restaurants are closed.

And......
YOU are having to take time to reflect on what is important in your life.
Again I am not here to punish you.. I am here to Awaken you...
When all this is over and I am gone...

Please remember these moments..
Listen to the earth.
Listen to your soul.
Stop Polluting the earth.
Stop Fighting among each other.
Stop caring about materialistic things.
And start loving your neighbors.
Start caring about the earth and all its creatures.
Start believing in a Creator.
Because next time I may come back even stronger....

Signed,
Coronavirus

Written by: Vivienne R Reich



人間の身勝手さと、
自由気ままさが
ここまでの感染に次ぐ感染を呼んだのだと思います。
ちょっとおとなしくしていましょう。

そして、できることを
していきましょう。


ありがとうございます
愛しています

今日もいい一日を
クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ



プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
世界平和の夢をあきらめられない、ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。見えない世界、霊界、神様についてや、ズバリあなたの使命をお答えします。夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
自作の小説と詩のサイトはこちらから→三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています
さあ夢を叶えましょう



 LOVE JAPAN

56e6e3a332fe931a4e99683d433d09c1-300x300.jpg

I LOVE THE WORLD



posted by kuri-ma at 14:08| Comment(0) | 心に響く言葉・感動エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする