さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2015年02月09日

《感動》母を亡くした子が…お母さんに抱かれたくて!   ★動画:生まれたて!ホワイトタイガーの赤ちゃん4頭公開、埼玉

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

移り・・・


お母さんというのは、
子供たちのくちびるや心にある
神さまの名前


ウィリアム・メイクピース・サッカレー



10968497_1547233545538002_383712295862488221_n.jpg 1607029_1547233562204667_7422640167973353576_n.jpg

イラク戦争の真っ只中に
母を亡くした少年が描いた絵──
これは、実話に基づき、
インスピレーションを得て作られた動画です。





子どもの母親の求め方が、芝居っけがなく、心を打ちますね。

調べてみると同じ主題の写真がいくつもありました。
一つはお母さんに添い寝してもらっているかのようなもの。
もう一つは、インドの少女で、まるでお母さんの胎内にいるかのように描かれています。

orphan_boy_draw_mother1.jpg   indiangirl.jpg



母と子のつながりというのは、切っても切れないもの。

母というのは、私と命、私と世界をつないでくれたもの。
母がいなければ、この世に生まれてくることもなく、父や家族に出会うこともありませんでした。

生まれてからも、母を鏡のようにして、人間関係や社会のことも学んでいきました。
母がすべてをつないでくれたのです。

だから母がない子どもほど、不憫なものはありませんね。
抱いてもらうこと、それだけで満ち足りて、また元気に飛び回れるのに。

母の存在はいつもとても大きくて、いくつになっても母の喜ぶ顔が見たいし、母に褒めてもらいたくて頑張れるところがあるかもしれません。

昨年亡くなった高倉健さんの言葉です。


お母さん、僕は、あなたに褒められたくて、
ただ、それだけで、
あなたがいやがってた背中に刺青(ほりもの)
(い)れて、返り血を浴びて、
さいはての『網走番外地』、
『幸せの黄色いハンカチ』の夕張炭鉱、
雪の『八甲田山』。
北極、南極、アラスカ、アフリカまで、
三十年駆け続けてこれました。
 別れって哀しいですね。
 いつも・・・・・・・・。
 どんな別れでも・・・・・。

あなたに代わって、褒めてくれる人を誰か見つけなきゃね。

 
高倉健著『あなたに褒められたくて』より





赤ん坊は
母親の目を見ているだけではなく、
自分を見ている母親の目を見ている


(ドナルド・ウィニコット )




母なる大自然の懐に抱かれて、地球という揺りかごで生かされている私たち。
今日を感謝して、また、生んでくれた母にも感謝しつつ、過ごしていきたいですね。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:移り・・・
by (C)ヨマ( 今日も復帰^^)さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


動画:生まれたて!ホワイトタイガーの赤ちゃん4頭公開、埼玉


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています



posted by kuri-ma at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 生命と赤ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月27日

たくさん話し掛けて、よい子に育てよう?! ☆《相田みつを「代受苦」》  ★乳幼児への話し掛け、脳の発達を促進 


6d7ed85ef21f7d898dab6c4ce4e6901d.jpg


「代受苦」

うん うん いたいね
いたい いたい
お母さんが代わって
やれればね
  うん うん


相田みつを


赤ちゃんに、そして子どもに、
よく話しかけてあげてください。
笑顔で、目を見て話してあげるのがいいのです◇

乳幼児への話し掛け、脳の発達を促進◇


「三つ子の魂百まで」といいますが、特に3歳までの子どもの脳の発達は目覚しいものがあるとのこと。

その中でも言語の分野の発達は著しいものがあるということですが、赤ちゃんが、ただ聞いている環境ではなく、よく話しかけることによって、覚えていくようです。
話しかけられて、なんらかのリアクションをしていく、そのコミュニケーションはすごい刺激になるのでしょう。
そして、話すための練習にもなります。話しかけられなければ、しゃべり始めることもないのです。

昔から言われているように、子どもに赤ちゃん言葉でなく、大人に話すようにしていくことは、発達ということに関して言えば、確かによいようですね。

ただ、赤ちゃんがなぜ言葉を覚えるのかというと、パパやママの言葉の中に、表情の中に自分への愛情を感じるからでしょう。
情緒が育つというのが一番です。笑顔で愛情をもって話しかけられた幼少期の記憶というのは、その子の人生の源泉のようなかけがえのないものになるのです。

そして賢い子に成長していく。

インプットされたもので、培養されていくのが赤ちゃんなんですね。



P1030969.jpg



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


posted by kuri-ma at 09:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 生命と赤ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月20日

驚きの赤ちゃん特集?! ・・・浅田真央SPまさかの16位・・・に思うこと


雪が降ってきた。


赤ちゃん関連の記事があり、これは、ふむふむ、その通りといえる内容でもあったので、2つほど紹介しておきます。

一つ目は、母乳は赤ちゃんの性別で成分や量が違う、というものです。
大雑把にいえば、男の子は栄養価の高い濃い母乳、女の子は薄くて量が多いということです。

また、それは妊娠中から準備が始まっているといいます。
これは、きっとその通りであると、思います。
私の場合も、妊娠中、性別の違いによって、嗜好がまるで変わってしまいました。これは、体が赤ちゃんのために準備するからだったと思えば納得です。

出産後はそんなデリケートなことはありませんでしたが、確かに娘の時は、すぐ上の次男も一緒に飲んでいましたから、量は多かったはずです。


もう一つ、親子の情関係が、恋愛や結婚生活に影響を与えるというものです。

親に十分愛されたという満足感がある人、親との関係のよい人は、質のよい恋愛ができ、うつになるリスクも低いというのです。
その親子関係も、赤ちゃんからの情関係が一番影響するといいます。

赤ちゃんの時に、なんらかの原因で、親が関われなかったりした場合、幼児のうちに、更には思春期前のうちに、それでもできなければ、大きくなってからでも、愛情を埋めるようにしてあげなければなりません。

そうしないと、恋愛をする年に突入してしまい、人を愛するよりは、愛情を求める、円満な恋愛には成りにくくなります。
最近のストーカー問題を見ていると、人格的に幼稚で成熟していないというのを感じます。


いい恋愛したい人必見!赤ちゃんと親との関係は「恋人の関係」と同じ


子の性別により違う母乳の成分、その理由は?


人生初の競争? オランダで赤ちゃんハイハイレース



全然話は変わりますが、女子フィギアスケートの話です。浅田真央選手が、SPでまさかの16位となりました。
五輪の独特の雰囲気、緊張も半端ではないものがあったでしょう。

実は彼女は団体戦の時の失敗をまだ引きずっていたようです。
調子がいい、調子がいいと言われているにも関わらず、本人の思いが、切り替え切れていなくて、すっきりしないまま、直前の選手がノーミスで高い得点を出したその雰囲気もあって、すべてが悪い方にいってしまったということのようです。

私は不思議なことに、今回、日本選手がメダルを取るような時は、必ずテレビを観戦しているのですが、特に男子のフィギアは、何がなんでも見たいという思いがしていました。

ところが、この女子フィギアはあまり見たいという気がしない、というのか、みんなが騒いではいるのだけれど、あまりパーッとしない雰囲気を感じていました。(ある種の予感?!)

雰囲気というのは霊界に通じるものです。
霊というのは、心とシンクロするものですから、ようするに、人の思いが雰囲気に表れるのです。

今回の真央ちゃんは、なんか暗い、というか重いものを感じて、仕方がなかったのです。
目は心の窓、といいますが、その目の色や表情に表れていたものが、あったような気がします。

彼女はこの4年の間にお母さんを亡くしていますし、精神的な拠り所がなかったのでしょうか。
いつも、がんばり過ぎるくらいがんばってしまうけれど、実は限界だったのではないか、とも思います。

それにしても、本当にみんなが注目しすぎでした、マスコミの方々も。かわいそうですよ。
SPを滑り終えて、茫然自失の彼女にインタビューを求めるのも、通常の流れだとしても、むごいことだと思いました。必ず声をもらわなくてもいいじゃない、と思ってしまいます。痛すぎました。

まだフリーの演技を残していますが、周囲の声に惑わされずに、伸び伸びと自分を出し切ってもらいたいと思うのです。

浅田真央、女子SPでまさかの16位 ソチ五輪



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:雪が降ってきた。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


posted by kuri-ma at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 生命と赤ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする