さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2018年12月17日

☆サンタクロースっているんでしょうか?!★ 120年前の少女の質問に名回答

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

2018.12.05 ベーリック・ホール 世界のクリスマス2018 子供部屋 サンタ


この世界で一番確かなこと、
それは、
子どもの目にも、大人の目にも、
見えないもの




12月ともなると、どこもかしこも、クリスマスムード一色ですね。

クリスマスといえば、サンタさん。

(サンタ)ニコラオスの存在が、サンタクロースの起源ともいわれていますが、今は世界中サンタクロースを知らない所はないほどになりました。

さて、サンタクロースっているんでしょうか。

8歳の少女の質問に、優しく答えた新聞社の記者がいました。
それは、120年を経て、今なお残る名社説として、語り継がれることになりました。

真実と愛はいつまでも残るものだ、存在し続けるものだ、と彼は実証したのです。

だから、もちろん、サンタクロースも…!



──記者さま

わたしは8つです。
わたしの友だちに、「サンタクロースなんていないんだ」
って言っている子がいます。
パパにきいてみたら、「サン新聞に問い合わせてごらん。
新聞社で、サンタクロースがいるというなら、そりゃもう、
たしかにいるんだろうよ」と、言いました。
ですから、お願いです。教えてください。
サンタクロースって、本当に、いるんでしょうか?

バージニア・オハンロン



バージニア、お答えします。

サンタクロースなんていないんだ
という、あなたのお友だちは、間違っています。

きっと、その子の心には、今流行の、
何でも疑ってかかる、“うたぐり屋根性“
というものが、染みこんでいるのでしょう。

うたぐり屋は、目に見えるものしか信じません。
うたぐり屋は、心の狭い人たちです。

心が狭いために、
よくわからないことが、たくさんあるのです。
それなのに、自分のわからないことは、
みんな嘘だと決めているのです。

けれども、人間の心というものは、
大人の場合でも、子どもの場合でも、
元々たいそうちっぽけなものなんですよ。

私たちの住んでいる、この限りなく広い宇宙では、
人間の知恵は、一匹の虫のように、
そう、それこそ、アリのように、小さいのです。

その広く、また深い世界を推し量るには、
世の中のことすべてを理解し、
すべてを知ることのできるような、
大きな、深い知恵が必要なのです。



そうです、バージニア。
サンタクロースがいるというのは、決して嘘ではありません。
この世の中に、愛や、人への思いやりや、
真心があるのと同じように、
サンタクロースも確かにいるのです。

あなたにも、わかっているでしょう。
──世界に満ちあふれている愛や真心こそ、あなたの毎日の生活を、
美しく、楽しくしているものなのだということを。

もしもサンタクロースがいなかったら、この世の中は、
どんなに暗く、寂しいことでしょう!

あなたのような可愛らしい子どものいない世界が、
考えられないのと同じように、
サンタクロースのいない世界なんて、想像もできません。

サンタクロースがいなければ、人生の苦しみを和らげてくれる、
子どもらしい信頼も、詩も、ロマンスも、
なくなってしまうでしょうし、
私たち人間の味わう喜びは、
ただ目に見えるもの、手で触るもの、
感じるものだけになってしまうでしょう。

また、子ども時代に世界に満ち溢れている光も、
消えてしまうことでしょう。



サンタクロースがいない、ですって!

サンタクロースが信じられないというのは、
妖精が信じられないのと同じです。

試しに、クリスマス・イブに、パパに頼んで探偵を雇って、
ニューヨーク中の煙突を見張ってもらったらどうでしょうか?
ひょっとすると、サンタクロースを、捕まえることが
できるかもしれませんよ。

しかし、たとい、煙突から下りて来るサンタクロースの姿が
見えないとしても、それが何の証拠になるのです?

サンタクロースを見た人は、いません。
けれども、それは、サンタクロースがいないという
証明にはならないのです。

この世界で一番確かなこと、それは、
子どもの目にも、大人の目にも、見えないものなのですから。

バージニア、あなたは、妖精が芝生で踊っているのを、
見たことがありますか?もちろんないでしょう。
だからといって、妖精なんて、ありもしないデタラメだなんて
ことにはなりません。

この世の中にある見えないもの、見ることができないものが、
何から何まで、人が頭の中で作り出し、想像したものだ
などということは、決してないのです。



赤ちゃんのガラガラを分解して、どうして音が出るのか、
中の仕組みを調べてみることはできます。

けれども、目に見えない世界を覆い隠している幕は、
どんな力の強い人にも、いいえ、世界中の力持ちが
寄ってたかっても、引き裂くことはできません。

ただ、信頼と想像力と詩と愛とロマンスだけが、
そのカーテンを一時引きのけて、幕の向こうの、
例えようもなく美しく、輝かしいものを、見せてくれるのです。

そのように美しく、輝かしいもの、それは
人間が作ったデタラメでしょうか?

いいえ、バージニア。
それほど確かな、それほど変わらないものは、
この世には、他にないのですよ。

サンタクロースがいない、ですって?
とんでもない!

嬉しいことに、サンタクロースはちゃんといます。
それどころか、いつまでも死なないでしょう。
一千年後までも、百万年後までも、
サンタクロースは、子どもたちの心を、
今と変わらず、喜ばせてくれることでしょう。


1897年9月21日
ニューヨーク・サン新聞 社説に掲載



120年前も、今も、多くの小さな子どもたちが、サンタクロースを信じ、イヴには、夢一杯の思いで床に就くことでしょう。

サンタクロースはいない、そう知った日から、大きなものを失う私たち。。。
しかし、信じている、貴重な小さな子どもたちのために、この地球全体が、クリスマス・ムードを作り、プレゼントが無事に届くよう、一役買っています。

サンタクロースが子どもたちにあげるものはプレゼントだけではありません。
子どもたちは、大きな夢と真心を一緒にもらっているのです。
それは、サンタさんを心待ちにしていたことのある、すべての大人たちの願いも込められているからではないでしょうか。


2018.12.11 クリスマスマーケットin横浜赤レンガ倉庫



ありがとうございます
愛しています

今日もいい一日を

クリック感謝!

にほんブログ村
写真は:ベーリック・ホール 世界のクリスマス2018 子供部屋 サンタ
クリスマスマーケットin横浜赤レンガ倉庫
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
世界平和の夢をあきらめられない、ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。見えない世界、霊界、神様についてや、ズバリあなたの使命をお答えします。夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
自作の小説と詩のサイトはこちらから→三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています
さあ夢を叶えましょう



 LOVE JAPAN

56e6e3a332fe931a4e99683d433d09c1-300x300.jpg

I LOVE THE WORLD


2018年10月26日

ハロウィンって何?! かぼちゃと仮装の意味は?! ≪2018ハロウィーンHalloween≫

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

2015.10.17 RIVIERA GRAND BLUE フロント

◆「かぼちゃ」じゃなくて「りんご」だった?!◆
◇ハロウィンの発祥◇
◆実はスピリチャルな晩◆
◇アメリカ型ハロウィーン◇
◆仮装の意味?!◆
◇ジャック・オー・ランタンは魔除け?!◇


ハロウィンって何?

小学生の頃末っ子に訊いてみると、
仮装して、お菓子をもらう
そんなイメージだという答えでした。

トリック・オア・トリート
お菓子をくれないと、いたずらするぞ!

あ、忘れてた、「かぼちゃ」の日だよね。

彼の口からは、それ以上は出てきませんでした。


ハロウィンとは、本来、悪霊(あくりょう)祓いの行事だというのですが、それがパフォーマンス化したのが、仮装ではないでしょうか。

ハロウィンの仮装は、毎年過熱化しているのを感じますね。

子供の頃、ハロウィンにお菓子をもらった経験のない世代の人たちまで、仮装、コスプレを楽しんでいるようです。

普段とは全然違う姿になる、それは自分を変えたい、変わりたい願望の表れであると言っていた方がいましたが、いつもと違う、悪魔的、悪霊的な姿になることは、刺激的なのでしょう。


ハロウィンは、もともとアイルランドやスコットランド(英国の一部)のケルト民族のお祭りでした。

収穫を迎えた大地は、冬に向けて休息に入ります。ケルトでは、この収穫祭を新しい年の切れ目の日としていました。つまり、大晦日のようなもの。

ハロウィンは特別な日であり、この晩は、先祖の霊や、精霊などが異界(霊界)の境界線を越え、やってくると信じられていました。


そもそもハロウィンは、キリスト教とは関係なく、正教などは、ハロウィンを嫌う傾向もあるといいますが、実は、語源だけは、カトリックの伝統行事と結びついてできたらしいのです。

11月1日に諸聖人の日(万聖節)という行事があるのですが、その前夜祭、"All Hallows"のeve(ハロー・イブ)、というのがその語源と言われています。


さて、ハロウィンにはかぼちゃがつきものと思っていましたが、ケルト地方では、かぼちゃではなくリンゴを使ってきたということです。

おそらく、新大陸、アメリカでは秋に多くのかぼちゃが収穫され、結果、かぼちゃのお祭りみたいになってしまったのかもしれません。

ここ10年ほど前から、すっかり日本にも定着した感のあるハロウィンですが、ようするにお化けのお祭りのようなもの、楽しいイベントという感じですね。
まあ10月の風物詩、といえるのではないでしょうか。


ヨーロッパのケルトの収穫祭として始まったハロウィン。
しかし、現代のハロウィンの発祥というのは、アメリカなのでは、と思うのです。

恐ろしい精霊、悪霊を追い払うための扮装が、米国に行き、現代の仮装になったようですね。

仮装した子供たちが「トリック・オア・トリート」と言ってお菓子をもらいながら家々を回るというのも、やはり米国で盛んになったものです。
歴史の浅いアメリカにとっては、もはや伝統行事といってもいいのではないでしょうか。

今、アメリカというのは、あらゆる文化の発祥となっています。
コーラにフライドチキン、アメリカン・ポップスやハリウッド映画がその普及に貢献し、相乗効果を生んできました。

それと同じように、アメリカの文化に定着した、「アメリカ版ハロウィン」が、今、ヨーロッパにも、全世界にも伝わっているというのが、本当のところ、私たちが認識するハロウィンかと思います。

ヨーロッパにも、ジャック・オー・ランタンが逆輸入されているのが現状のようです。


ジャック・オー・ランタンといえば、ハロウィンの晩は異界(霊界)から、精霊が自由に出入りするということで、これは元々、魔よけの意味があるらしいです。

ナスやキュウリなどをお供えして、灯篭で飾る、お盆の行事を連想してしまいますね。
お盆は日本では夏の行事というイメージがありますが、もともと旧暦では秋の収穫の頃と重なります。お月見の頃ですね。(今年は10月21日が十三夜でした。)

霊界の暦が変わるこの晩、実際、スピリチャル的な気が高まるというのも確かなようです。

日本人も名月を愛でながらも、しみじみと亡き人を偲んできたかと思うのですが、海と大陸を隔てた、北の島国(アイルランドなど)では、ケルトの収穫祭を祝いつつも、霊界の幕が開く日だと信じて大切にしてきました。

静かな瞑想とお祈りにも最適な晩となるはずですから、ハロウィン・パーティーは早めに済ませて、そんな時間をもたれるのはいかがでしょうか。



2015.10.25 外交官の家 グラス




今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:RIVIERA GRAND BLUE フロント
外交官の家 グラス
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
世界平和の夢をあきらめられない、ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。見えない世界、霊界、神様についてや、ズバリあなたの使命をお答えします。夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
自作の小説と詩のサイトはこちらから→三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています
さあ夢を叶えましょう



 LOVE JAPAN

56e6e3a332fe931a4e99683d433d09c1-300x300.jpg

I LOVE THE WORLD


2018年07月19日

Happy My Birthday !! お父さん、お母さん、そして神様、生んでくれてありがとう

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

birthday.jpg


  Happy Happy Happy My Birthday !!

  一年に一度、生まれた意味を考えます

  この時代に感謝します

  命をつないでくれた先祖に感謝し
  両親に感謝します

  そして、神様に心から感謝します

  今この瞬間、この地球上に存在する奇跡

  そして永遠にあなたと共にある素晴らしさ

  神様、ありがとうございます


今日は私の誕生日。
SNSに多くのお祝いのメッセージが届き、嬉しいものですね。

両親に、特におなかを痛めて産んでくれた母に感謝です。

娘がいろいろ聞いてきたので、子供たちを出産した時の話をしながら、いろいろ思い出しました。

人が一人生まれてくるというのは、簡単なことではありません。
自然に生まれてきただけといっても、生命が宿ること、そして誕生するということは、私たちが願ったからではないものが働いていると思います。

命は私のものではありません。
私が産んだ子供たちの命も。

命は、神様から与えられるとしか、考えられませんね。

ずっと太古から、私の命に至るまで、命をバトンのようにつなげてくださったご先祖様にも感謝です。

そして私を親にしてくれた子供たち、そして夫に感謝したいと思います。

皆さま、どうもありがとうございます。




今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村



プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
世界平和の夢をあきらめられない、ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。見えない世界、霊界、神様についてや、ズバリあなたの使命をお答えします。夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
自作の小説と詩のサイトはこちらから→三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています
さあ夢を叶えましょう



 LOVE JAPAN

56e6e3a332fe931a4e99683d433d09c1-300x300.jpg

I LOVE THE WORLD