さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2015年09月17日

お日さまが好きな日本人?! 父と母の語源は、「お日(か)あさん」「「お尊(とう)さん」!  ★転ばされたシリア難民男性、スペインでサッカー指導の職得る

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

494307家族.jpg


太陽がその光を無償で注ぎ続けることによって、
地上の生物を育ててくれているように、
母親は無償の愛を注ぎ続けることで、
僕たちの生命を養い育ててくれます。


jicken5box(youtube)



日本の国名にもなり、国旗にも描かれている太陽。
お日さま、という表現の方がしっくりするでしょうか。

あるYOUYUBEの動画を見たら、お母さんというのは、「日」から来ているといいます。

「おかみさん」という言葉があります。妻を表わす言葉ですが、古くはお母さんを意味したそうです。
「お日身さん」、つまり太陽の体を持った人という意味の言葉だったということです。

さらに日(か)は、「カカ」とか「カアカア」と言っていましたが、そこから、「おっかさん」「かかさま」「おっかぁ」などの言葉が生まれ、「お母さん」となったと言われているのだとか。




僕たちは母親のことを「太陽さん」と呼んでいたのです。
なんて素敵な言葉なのでしょう!
子どものころを思い出すと、僕にとっての母親は、
たしかに太陽のようにあたたかい存在でした。
母親がつくってくれた味噌汁は、
すっかり冷めてしまっているときも、
なんだか温かく感じられました。
子どもの僕にとって、母親が家にいるときは、
家の中が明るく感じられました。
「おかあさん」は、まさに「太陽さん」です。
太陽がその光を無償で注ぎ続けることによって、
地上の生物を育ててくれているように、
母親は無償の愛を注ぎ続けることで、
僕たちの生命を養い育ててくれます。



 
もっと身近なお日さまが源となる所では、母親のことを「おかあさん」また「おかみさん」とも言います。

この「か」は太陽が明々と照らしている様を表した言葉です。

母親は太陽のような存在という意味が込められています。

確かに「家に帰ればおかあさんがいる」と思うだけで、幼児のみに限らず家族は皆安心して、それぞれの勤めに励むことができます。そして帰路も道草せずに真直ぐ家に帰ります。つまり往く道も、帰る道もおかあさんが照らしてくれている訳です。

そうしたことから母親のことを「お日身(かみ)さん」と表現し、お日さまの様に自然と敬う気持ちになります。


 ちなみに父親は「おとうさん」と言います。

父親としての一番大事な勤めは一家を守る責任者であり、家族を支える大事な大国柱としての働きです。

この物質的また精神的な大きな働きに敬意を表して父親のことを「お尊(とう)さん」と呼びます。


お日さまは、日々の挨拶の中にも息づいています。
「こんにちは」という挨拶です。

「今日は」と書きますが、この「今日」とは太陽のことを言い、現在でもお日さまのことを「お今日様(おこんにちさま)」と呼ぶ地方は数多くあります。

ですから、私達が日常の挨拶する中で「今日は、お元気ですか」と言います時には、言葉の裏には、また気持ちの上では、「お日さまと共に元気にお過ごしですか」という意味になるのです。


 私達「日本人」の魂が働きかける感覚は、無意識の自覚によって国名・国旗を定めるときにも、母親また挨拶に至るまでお日さまから絶間なく御恵を戴いていることを知っているのです。




この動画とサイトからの引用に関しては、
西尾仁さんのフェイスブックの記事を
参考にさせていただきました。
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=898917393515899&set=a.106571449417168.11795.100001929411225&type=1&theater




今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:家族
(山梨県  南アルプス市)
by ヒロ ワカクサさん
フォトライブラリーより
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


転ばされたシリア難民男性、スペインでサッカー指導の職得る


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています



2014年06月21日

「決断」とは、決めただけでなく、大切なものを絶つこと?! 《ひすいこたろうの漢字セラピー》  ★ブルガリア(バルナ等)で大洪水、子ども等10人死亡


紫陽花五態 −味彩−


「決断」とは、「決めて」「断つこと」。

何かを決めるときには、
ひとつ何かを断ち切る。

すると新しいものが手に入ります。


ひすいこたろう



そうですね。
何かを決めても、すぐに流される私たち。
断ち切ったもの、犠牲にしたものがないから、決断となれないんですね。
決断してしまうと、けっこう清々しくて、今までうだうだしていたのが、嘘のように心が定まってきたりします。
そして、そこからが出発。

決断の連続の人生ですが、そうしないでいると、断ち切れなかったものも、ボロボロになって役に立たなくなり、自分はずっと変わらないままで、大きなものを失ったと、その時に気づくことになるかもしれません。

決断というのは、逃げる決断、というのはあまりありません。
立ち向かっていくこと、責任を取るとハラをくくること、でしょうか。

今までそうできなかったことを、我ながら反省し、心から清算しようと思うとき、それは今までの後悔ではありません。
そうやって、悔い改めたとき、「決断」し、再出発することができるでしょう。

何かを断ち切ったとき、つまり、自分の中の過去に決別しようとしたとき、どうせ変えられないこの環境なら、私がやりましょう、という思いが沸いてくる。

今日は晴れでも雨でも、嵐でも、決断した者は強いのではないでしょうか。
捨て身の者は、怖いもの知らず、きっと新しいものをゲットできることでしょう。

同じ朝日を浴びるなら、前向きに決断した人には、そのエネルギーをもっとよく得られるのです。
あきらめないことです。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:紫陽花五態 −味彩−
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


不思議ですね、先回の《ひすいこたろうの漢字セラピー》でも、
ブルガリアのニュースをあげたのでした。
この被害のあるバルナは私も住んでいたことがあります。
ブルガリアで大洪水、子どもなど10人死亡


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています



2014年06月05日

執着を切って得られるものがある?! 「大切」 《ひすいこたろうの漢字セラピー》  ★100歳の「生ける聖人」物乞いの全額を寄付 ブルガリア


釣れますか〜。


「大切」って
「切る」って字が入っています。

執着を「切ったとき」に、
「大きなもの」が手に入るんです。


ひすいこたろう



宝くじの当選金額を聞くと、買ってみようかな、なんて思い、もしも当たったらどうしようと考えたりするのではないでしょうか。

物欲、名誉欲、物への執着、何かに対する無駄なプライド、人への執着…、キリがないくらいですが、そんなものを断ち切ったときに、思ってもいないものが入るんでしょうね。

欲心まみれのノーベル賞受賞者もあまりいないだろうし、宝くじに当たる人も、聞くところによると、あんまり何も考えず、たまたま買った人が当たったりするようですね。

うーん、難しいですが、挑戦、ですね。

下に掲載したブルガリアのドブリおじいちゃんのニュース記事も参考にしてください。ブルガリアにもいい人がいるのは知っていますが、こんな奇特な人もいるんですね。こういう人がいるというだけでも、嬉しいニュースです。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:釣れますか〜。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


100歳の「生ける聖人」物乞いの全額を寄付 ブルガリア


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています