さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2015年09月22日

「戦争反対!」を唱える人たちは、無知なのか、自己中なのか?! SEALDsと山崎パン  ★日本が南アフリカから金星、大会史に残る衝撃的な勝利

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

明けの明星と新月前日の月


論理的に間違っている事を盲信して、
雰囲気に流されて
体が動いてしまう人は
私は危険だと思う。
だからしつこく否定する。


「私がSEALDsをdisる理由」より
堀江貴文



デマをあくまで主張し、誰かを誹謗する、悲しいことに、そういうことって、よくあるようです。

山崎パンが「添加物」で危険だというデマ、福島の被災者を被爆していると差別したりだとか、おそらく無知ゆえの、大きな思い込みで、ありもしないものを異常に恐れて、そういうデマになるのでしょう。




安全保障法案を「戦争法案」だと言って、SEALDsという団体が主張していました。

日本の学生はああも無知なのか、と海外の人たちは思ったそうですが、どうも彼らは筋金入りのようです。
ようするに、キリスト教系左翼2世たち、あるいは思春期の多感な時期に、思想を刷り込まれた人たちが中心メンバーのようです。

下にホリエモンの意見も載せますが、私が一番指摘する点は、彼らはひとりよがりの考え、つまり自己中であると確信的にいえる、ということです。

SEALDsの中心メンバーは筋金入りですが、それに巻き込まれる人たちは、日本の平和で快適な世の中で生まれた、世間知らずの個人主義者たちだと感じます。

断じて、戦争を憎む正義の味方ではありえません。
ドン・キホーテのような、無知ではあるが、志は高い夢想家とも違います。

戦争に巻き込まれたくないなら、私たちが腹をくくり、責任を取らなければならないのではないでしょうか。誰かの犠牲がいるのです。
反対すれば、いいってもんではありません。その反対内容も、まるで的外れですし。

アメリカに守ってもらって来たことも知らずに、戦地に近いところにいる日本人を救出するような際にも、まだ今後も他の国の人にしてもらうのでしょうか、犠牲を強いるのでしょうか、ということです。
危険なことは自分たちはしたくない、そんなわがままな理屈は通らないでしょう。


9条を守る会、とかいう人たちが、私の最寄り駅でも、先日も抗議の演説をしていました。
彼らは、共産党などの左翼の人たちです。

ある時、通りかかったら、「息子さんを戦争に行かせたいんですか!」と、その中の女性に食いつくように、ヒステリックに言われました。

とっても飛躍した理論だと思います。
安全保障法案で、どうやっても戦争を起こしたいかのように聴こえます。

反対にこう言ってあげればよかったなぁと、思っています。

「あなたの息子さんが、もしも、海外旅行中にISのようなテロ組織に拉致されたらどうしますか?
派遣先の国で急きょ内戦が始まってしまい、取り残されたりしたらどうしますか?
日本の自衛隊が近くにいるなら、助けてもらいたいと思いませんか?」

そういうことなんですけどね。


日本の優秀な自衛隊が活躍する場は、日本だけでなくてもいいはずです。これだけ国際的な世の中になったのですから。

そして、犠牲を払う立場の自衛隊が文句を言うわけでもないのに、なんにもしない、ただの学生たち、主婦たち、会社を引退したおじさんたちが、無責任に何を言えるのでしょうか。

私が何より気分が悪く感じるのは、反対の揚げ足取りや、重箱の隅つつきばかりで、代案一つ出そうとしない、国会での野党の様子です。

このような法案一つ通すのにも、自己中の論法を振りかざしてケンカを売る日本。
戦争反対、と言う人たちほど、戦争の種を作っているような気もします。

天井に向かって唾を吐く状態、自己中の行く末は、自業自得となってしまいます。

私たちがいくら平和ボケしていても、個人主義になりやすい環境だったとしても、世のため人のため、周囲の人には笑顔で、触れ合う人には思いやりをもっていくのがいいと思うのです。

他の国から見てみても、日本は驚くほど平和で豊かで快適な国です。
その幸せを、ありがたいと感謝したいです。

何はともあれ、安保法案が通って、やれやれです。
本当の平和はこれからです。
戦争の火種が世界のどこかにある限り、本当の平和も幸せもない、ということを心していきたいです。

自己中に囚われている、そういう人たちも含めて、すべての人が幸せになりますように。
祈りを込めて。


なんで私がこれだけ彼らの行動をしつこくdisるのか。それはこういう小さい動きから国全体が間違った方向に導かれる事が多いからだ。

幾つか論点があって、一つは今回の安全保障法案は戦争法案ではないし、徴兵制に向かうものでもない。積極的に戦争を仕掛けようというものではない。特にアメリカという同盟国に依存してきた人命を伴う安全保障にかかわる任務を日本も分担するという事。つまりアメリカ人が死ぬのか日本人が死ぬのかって話で、それってアメリカ人だったらいいの?そうじゃなくて応分の分担は必要だよねって事だ。それを戦争法案っていうのは幾ら何でも言い過ぎだ。

確かに法案成立のプロセスは強引だ。しかし、いまデモに来てる人たちを100%納得させるためには憲法改正が必要になるが、その時の反発はこのレベルでは済まないだろう。だからこれまでやってきた通り、憲法を都合よく解釈する事で成立させようとしているだけだ。反対派の論理で言えば自衛隊だって違憲になる。極端な意見だ。

そして、デモに参加してる人たちの多くは法案を理解せず、本気で戦争になると思って参加してる雰囲気に流される人達だ。こういう人は、得てして例えば戦争になったら戦争を煽る方向に行ったりする。戦争中は朝日新聞だって戦争を礼賛していたよね。論理的に間違っている事を盲信して、雰囲気に流されて体が動いてしまう人は私は危険だと思う。だからしつこく否定する。

私がSEALDsをdisる理由
ホリエモンドットコムブログ



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:明けの明星と新月前日の月 by (C)星船さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


日本が南アフリカから金星、大会史に残る衝撃的な勝利



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


2014年05月16日

安倍総理の決断! 平和な日本の為に、「裸の王様」からの脱却…?!  ★南シナ海で「非平和的手段」辞さず、戦争にも言及 中国国営紙


2014.05.16 和泉川 エゴノキ


なんで、自衛隊は戦えないの?!
「王様は裸で何しているの」
と、指摘する素直な子どもの視点も必要。。。


安倍内閣総理大臣記者会見
平成26年5月15日 「首相官邸」◇


安倍首相がいよいよ、堂々と宣言してくださいました。

昨日は、奇しくも首相のお父さんである、安倍晋太郎さんの命日でした。
その日に、あのような記者会見をされたというのは、偶然ではなく、きっと首相の決意の表れでもありますし、この日本を、また世界の平和を願う、私たちの先祖、英霊たちも応援している内容である、と感じてしまいました。

誰も平和を願わない人はいないと思うのですが、なかなか、本当の意味で平和を得るというのは難しいことです。

首相が分かりやすい例として紹介している、往々にしてあるそのような状況に関しても、我が国の優秀な自衛隊をでくのぼうのように無能なものとして、立ち往生させておくのがいいとは、誰も思わないと思うのですが、今まで、その状況を改善しないできたのです。
小中学生の子どもでも理解できる内容だと思うのですが。

敵国が、侵略のために侵攻している時であっても、一発強烈な攻撃を受けるまでは、追い払うこともできない、指をくわえて見ているしかないのです。
また、世界中に滞在している日本人たちが、もしも戦争に巻き込まれたとしても、それを救出に行くこともできない、それが現在の優秀で勇敢な自衛隊の限界になっています。

うちの子供たちの間では、日々繰り返される戦いごっこで、小さい子ほど、卑怯な奇襲攻撃を仕掛けたりしています。
また、紅一点の娘は、男3人から共通の敵と見なされて、こちらへは、口での攻撃がすごい!

そんな状況を見ながら、これは、日頃の自衛力(ようするに戦力)と、上手く回避する知恵や、情報力や、友好をはかるコミュニケーションなど、戦争を避けるには必要だなぁとつくづく感じています。

兵法でも「戦わずして勝つ」のが、一番の方法だといいますが、だからといって丸腰では、攻めてくれと言っているようなものです。
戦わずして勝つには、いつでも追い返せるというそういう力が必要でしょう。

これは、我が家の兄弟の戦争ごっこを見ていても、一目瞭然なのです。

力が弱いので奇襲や卑怯な手を使わざるを得ない末の子は、結局、兄たちに上手く遊ばれるだけです。

しかし、その強い兄たちの手足が縛られているとしたら、どうでしょうか。絶対に攻めてこない、とわかる状況だとしたら、弱い弟がどれだけ、好き放題に攻撃するでしょうか。
生意気な末の弟を前にして、手をつかねてやられるままにしかならないというわけです。

では、昨日の記者会見から、一部最初の部分だけ、抜粋します。

 本日「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」から報告書が提出されました。
 この報告書を受けて考えるべきこと、それは私たちの命を守り、私たちの平和な暮らしを守るため、私たちは何をなすべきか、ということであります。具体的な例で御説明をしたいと思います。

 今や海外に住む日本人は150万人、さらに年間1,800万人の日本人が海外に出かけていく時代です。その場所で突然紛争が起こることも考えられます。 そこから逃げようとする日本人を、同盟国であり、能力を有する米国が救助、輸送しているとき、日本近海で攻撃があるかもしれない。このような場合でも日本 自身が攻撃を受けていなければ、日本人が乗っているこの米国の船を日本の自衛隊は守ることができない、これが憲法の現在の解釈です。

 昨年11月、カンボジアの平和のため活動中に命を落とした中田厚仁さん、そして高田晴行警視の慰霊碑に手を合わせました。あの悲しい出来事から20年余 りがたち、現在、アジアで、アフリカで、たくさんの若者たちがボランティアなどの形で地域の平和や発展のために活動をしています。この若者のように医療活 動に従事をしている人たちもいますし、近くで協力してPKO活動をしている国連のPKO要員もいると思います。しかし、彼らが突然武装集団に襲われたとしても、この地域やこの国において活動している日本の自衛隊は彼らを救うことができません。一緒に平和構築のために汗を流している、自衛隊とともに汗を流している他国の部隊から救助してもらいたいと連絡を受けても、日本の自衛隊は彼らを見捨てるしかないのです。これが現実なのです。

 皆さんが、あるいは皆さんのお子さんやお孫さんたちがその場所にいるかもしれない。その命を守るべき責任を負っている私や日本政府は、本当に何もできないということでいいのでしょうか。内閣総理大臣である私は、いかなる事態にあっても、国民の命を守る責任があるはずです。そして、人々の幸せを願ってつくられた日本国憲法が、こうした事態にあって国民の命を守る責任を放棄せよと言っているとは私にはどうしても考えられません。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:エゴノキ
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


南シナ海で「非平和的手段」辞さず、戦争にも言及 中国国営紙



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


2014年01月18日

日韓問題のこじれの根はどこに?! 「誹謗中傷を繰り返す韓国人達へ」という動画へのメッセージ  ★インド閣僚の妻、夫の不倫を暴露した後にホテルで死亡


今季初ルリ♂


今日は、日韓問題です。
どうして、このように、こじれてしまっているのでしょうか。

これは歴史問題が絡んでくる複雑な状況であって、特に戦中の問題、また戦後の後処理の問題が根にあるようです。

心ある人たちの間では、東京裁判の真実などについて知る機会が増え、その情報が広がっていきつつありますが、大方のマスコミでは、取り上げられることすらありません。

昨晩、愛国心あふれる若い日本女性の動画を見ました(↓)。流暢な英語で、語られる内容は終始うなづけるものであり、よく言ってくれたという爽快感もある、天晴れなものでした。

ただし、韓国の反日派に語っても受け入れないだろうという点、また、言いすぎかなという点など、話すスタンス、ターゲットについて等々お伝えしたいと思いました。
コメントでは収まりそうにありませんので、ブログ記事にして、お話します。





Yokoさん、私はあなたの語られた内容、全てにおいて理解し、その通りだと思います。間違ったことは何一つないし、理路整然とし、最後は多少感情がこもった話し方ではありますが、それは義憤と情熱ゆえであるだろうし、私には完全に理解できるものです。私はあなたのサイドです。

韓国人に向けて話しておられますが、きっと心ある韓国人の中には若い有能な日本女性が話す内容を、理解して共感してくれる人もいることでしょう。

ただし、あなたが話しておられる相手、反日派、嫌日派の人たちの心に届くものではない、というのは、はっきりしています。

それだけでなく、あなたが言った内容は全て正論ではありますが、韓国人の方にとっては、繊細な問題でもあり、感情的には理解しがたいものがあるのではないでしょうか。

まず、一つ目のお節介な忠告としては、あなたに対する嫌がらせ、誹謗中傷は許せないものであるかもしれませんが、彼らの誤りを指摘するにしても、彼らに向かって話すのは止めた方がよい、ということです。

彼らはあなたが、100%正しいことを言っていたとしても、それを受け入れることはないでしょう。対話にならないのです。

批判に批判で答えたら、その人たちと同じレベルに下がらざるを得なくなります。私もやってみたことがありますが、不毛な努力であり、程度の低いことで感情を引き下げられるだけです。

言われたら言い返したい思いは十分理解できますが、あなたは正しいのですから、それを分かる人たちにもっと、日本の正しい内容を伝えていく、より前向きな方法がよいと思います。
相手をこき下ろすのは、上品とはいえません。
正攻法でいきましょう。

相手の弱点を突き、誘導し、夜襲するそういうことは、勝ち目がない人たちの、手口です。
彼らは、自分たちの卑怯さをある意味分かっているのですが、勝つためには手段を選ぶつもりは最初からないのです。確信犯です。

あなたは賢いのでよく知っていると思いますが、反日派の人たちの背後には、日本をいろんな形で弱めようとする中国などの勢力があるのです。うまく扇動する人たちです。
ですから、日本に恨みを持つ人々は、彼らに利用されているのです。

反日派に反応すれば、そういう背後の人たちの思う壺です。もともと韓国や日本の利益を考えるはずのない人たちですから、めちゃくちゃにするのです。
ですから、反日派にかみつかれても、下手に反応しない方がよいと思うのです。

今回のこの動画については、もう発してしまったものですし、彼らにギャフンと言わせられたかも知れない、ということで効果も大いにあったと思うのですが、今後は少し心に置いてみてください。


あなたの語り口は、とても真っ直ぐです、真実を伝えるその姿勢には、きっと人々が共感し、胸を打つことでしょう。

反日派をターゲットにしないということは、韓国、日本、世界の人をターゲットにしたらよい、と思うのです。真実を真摯に語れば、多くの人の心を動かすでしょう。

しかし、大半の人たちは、心はあっても、真実は知りません。そのような情報も制限されています。それどころか、間違った情報を正しいと思い込ませられています。
また、特に韓国の人たちは、歴史的な観点でしこりをもった当事者ですから、いろんな感情的な問題が存在するのです。

もう一つの忠告、それは話す姿勢、動機に関わるものです。

何度も言うように、あなたの言ったことは、正論です。間違ってはいないのですが、日本に恨みを持つ人たち、恨みはなくても悲しい事実だと思っている人たちにとっては、感情を逆なでするものがあったかと思います。

日本が韓国に対して、道路や学校や多くのものを整備してあげ、教育し、どれだけよいことをしてあげたのだとしても、一部の日本人が、韓国人を馬鹿にし、高圧的に接し、酷いことをしたとすれば、それが日本への恨みになっているのです。

従軍慰安婦の問題に関しても、すべてが反日派のでっちあげであり、契約し納得済の売春婦たちだけだったのではないようです。
人身売買のように村々を回った場合もあったようですし、中にはもっと酷い方法で、強制的にという人も実際にあるようです。

20年もの間、元慰安婦たちの許にボランティアで慰問に行っていた人を実際に知っていますが、普通の娘さんが、そのような目に遭い、生き残って帰韓しても、恥ずかしくて親元にも帰れなかった、そういう人たちとも、おられるということです。

当人や、身内がそういう目に遭えば、日本を恨むなと言っても無理な話ではないでしょうか。
そういう犠牲者は口を閉ざしたまま亡くなっていっていますが、無念な思いは残されています。

表に立っている人だけを見ていては、理解できないでしょう。

Yokoさんは、もちろん個人的に韓国人に恨まれるようなことは何もしていなく、もうこんなに年月が過ぎ、賠償もすんでいるといっても、そのように割り切れるものではないということです。
それが同胞愛に篤い韓国人たちの胸の中には残されているのです。

私たちは日本人であり、実際、韓国に行けば、いまだに日本人というだけで嫌う高齢者がいると聞きます。それは、逆恨みも含めて、具体的な日本への恨みです。

恨むのは筋違い、もうこの問題は終わっている、フェアにしましょう、というのは、日本人の立場からはこの場合、言ってはいけないことではないでしょうか。
「日本のお金がほしいでしょう」という言葉も、もちろんその通りなのですが、持つものの高慢さに聞こえます。

感覚的に理解できるように話せば、あるいいところのお坊ちゃんが、金にものを言わせ、ある貧しい清純な若い女性を手篭めにしたとします。それどころか、その後、彼女を捨ててしまったとします。手切れ金も渡したし、もう大人の関係だからと言ったとして、その女性の気持ちは納得するでしょうか。

または凶悪犯の娘が、自分のしたことではないといって、被害者にしゃあしゃあと何を言えるかというのと同じです。

私たちはこの場合当事者なので、もういい加減勘弁してほしいと思っても、相手をジャッジすることはできませんね。フェアに行こうよ、と訴えることくらいはできても、裁判官にはなれません。

これは兄弟けんかのようなもの。あっちが悪いこっちが悪い、と言っているうちは、解決のしようがありません。
仲裁してくれる親のような存在がいるか、どちらかが大人になって許してあげ、誠実に接していくしかないのではないでしょうか。

国際的に、仲介してくれる人がほしいですが、米国にしても歴史的な問題があるのですから、なかなか難しいですね。

真実を訴え、心ある人たちを少しずつ味方につけるしかない、ということになります。

ですから、Yokoさんの英語力、才知、真実を追究する真っ直ぐな思いを、今後は、もっと広い視野に立ち、更に賢く使っていって頂きたい、と心から願っています。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:今季初ルリ♂
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


インド閣僚の妻、夫の不倫を暴露した後にホテルで死亡


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています