さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2015年02月26日

祈りは誰にも止める事ができない?! 祈りは「生命の宣言」村上和雄  ★喫煙者のうつ・不安症、非喫煙者の1.7倍 英調査

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

光る海。


日本語の「祈り」という言葉の
語源は、「生宜り」

「いのり」は『生命の宣言』なのです


村上和雄



人間の祈りは、誰も止めることができない。これは、生命の宣言であり、心からの叫びなのでしょう。

昨日の尾崎豊さんの記事で、初期のデモテープにある歌詞を、追加で掲載したのですが、その中に「だけど誰が止めるというの 祈るしかない生き物よ」というフレーズがありました。
この部分は当初、カットされ世には出なかったわけで、彼の祈りは止められてしまっていたのですが、売り出される前の少年の頃から、すでにこの真理に気づいていたんですね。

尾崎豊さんは、歌を通じて叫ぶように、祈っていたのでしょう。それこそが、生きる証しというかのように。


日本語の「祈り」=「いのり」という言葉の語源は、
「生宜り」だと解釈されています。
「い」は 、命(いのち) 生命力=霊威ある力、
「のり」は、祝詞(のりと)や詔(みことのり)と同じで、
宣言を意味しています。
ですから「いのり」は『生命の宣言』なのです。
そう『生命の宣言』をすると、
遺伝子が活性化して、
活きいき生きられる様になるはずです。


筑波大学名誉教授
村上和雄 著「人は何のために『祈る』のか」より



村上先生が言われるように、祈ることで、私たちは活性化します。

特に心の中で祈るだけでなく、声に出して祈ることで、また思いのたけを宣言することで、さらに活き活きとしていくということのようです。

祈るって、何を、といえば、まず感謝ではないでしょうか。
そして愛の言葉。

ありがとう、感謝します。
愛しています。

それだけでも、堂々と宣言する、そんな毎日にしていけば、私たちの魂も光り輝くことでしょう。
笑顔も忘れずに添えていけば、言うことなし、ですね。

私も日々叫び続け、生命を更に活性化していきたい、と思うのです。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:光る海。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


喫煙者のうつ・不安症、非喫煙者の1.7倍 英調査



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています




posted by kuri-ma at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 祈り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月24日

祈ってからが肝心、神様に祈った願いを叶えるためには?!   ★フランシスコ・ザビエルの遺体を公開、インド・ゴア

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

陽が昇る


祈りは神を変えず、祈る者を変える。

キルケゴール



今日は、神様に祈った内容、その願い事を叶えるためにはどうしたらいいか、お話したいと思います。

スティーブ・ジョブズが、最初にがんと診断されたとき、息子さんの卒業を見たいと思い「神だかなんだかと取引した」のだそうです。息子に遺せるものをという思いで、遺言のように最後の数年間の仕事をしていったのでしょう。

彼が神に祈り、願った内容が、なぜ叶えられたのかといえば、人一倍の努力の人で、それを達成するまであきらめなかったからではないかと思います。

ジョブズは結局はがんが再発して亡くなりましたが、それまでの数年間で、今のiPhneを中心とする革命を起こしました。そして、私たちの生活を変え、時代をつくったのです。


誰に祈るの?!

私たちは、普段は神様のことを考えたこともなく、時には神様なんかいない、なんてうそぶいてしまうこともありますね。
いるんだか、いないんだか曖昧で、いない、とはっきり言わないまでも、見えないだけに、もどかしかったりしますね。

日本人はあまり、「神よ」と祈ってこなかったのがDNAが染み付いていますが、先祖は大切にしてきました。
日本の神社信仰は、神といっても、人を祀っていることが多いのは、そういうことなんではないでしょうか。徳川家康とか菅原道真とか。

神様は確かにいます。
神様は、私たちの親や先祖のそのまた親、と考えたらいいでしょうか。

だから、どうも曖昧な神様に祈るのが、「無理」、というなら、先祖に祈る、亡くなった大切な人に祈る、というのでいいでしょう。

それでも、祈りはじめる際には、誰に対して祈るにしても、敬意を払い、先に「神さま」と言ってから、祈るのがいいかなぁと、私は思っています。祈りの合図みたいなもので、これで神様も一緒にお祈りを聞いてくれると、考えてください。

神社などでの祈り方は、昨日紹介しましたので、その辺は割愛して、祈った後のことをお話します。


祈りは「ガンバル」約束

私たちは、どこか有名な神社にお参りして願掛けをしたからと、もうこれで済んだつもりになっていますが、これが大間違いで、実はお祈りしてからが問題なのです。

スティーブ・ジョブズはガンを宣告されたとき、「神と契約した」と言っています。彼は瞑想はしますが、神さまにいつも祈る人ではありません。切実な思いが、神さまがいるなら、と契約するような祈りをさせたのですね。

彼はとても的を得ていたというか、切実な時、人はそういう行動を取るのでしょう。
実は、お祈りとは、イコール契約と言ってもいいかもしれません。

お祈りは、つまり神さまと約束すること、と考えたらいいと思います。

自分の願いを明確にして、「このために一生懸命頑張りますから、神さま、導いてください」というのが、お祈りの意味です。
その人が口にしなかったとしても、一生懸命その人のできることは尽くす、というのが大前提、暗黙の了解事項なのです。

神さまに祈るということは、自分も努力するという約束になるのですね。

ということは、願い事をしても、それで満足していたら、ダメなんだということです。つまり、せっかく神さまが手伝おうと計画したことができませんから、願掛けも無駄になってしまいます。

降ってわいたように、願いが叶うのではない、ということですね。


祈りには答えがある

ですから、普段から努力の人で、プラスの行動(善行・徳積み)をしている人は、祈ったら即叶うということもありえます。

また、緊急性の祈り、今すぐ命が危険、という時の祈りは、即叶わなければ命がないわけですから、叶ってもらわなければ困りますね。
もちろん普段の蓄積、先祖の蓄積にもよると思うのですが、先に神さまが叶えてくれて、約束を後で果たす、ということもこの場合はあり、かと思うのです。

神様はわかっていても、聞き届けられることと、そうでないことがあります。
また、中には無茶な願い事というのも最初からあります。

それでも神様に願って、本人も真剣に努力したとします。
奇跡的に叶うこともありますし、そうでない時にも、本人の中に不思議な充足感が生まれ、「ああ、叶わない願いだった。それでいいんだ」あるいは「仕方がなかったんだ」というように、納得する思いが沸いてくるのです。

「気づき」ですね。それもひとつの結論でしょう。
祈った結論は、必ず与えられるものです。

しかし、ただ願いっぱなしでは、それがありません。
お祈りをしたけれど、自分はそれすら忘れて遊び暮らしている、それでは薄っぺらいお祈りだと言っているようなものです。

祈りは、祈った本人が、いかに真剣なのか、試される機会でもありますね。自分の決意を決めるために祈る、とも言えるかもしれません。

「この世に神などいない」と思うような悲惨な状況も、世界にはたくさんあるし、もしかしたら私たちの身にも降りかかるかもしれません。
しかし、神がいないのではなく、神様が手の施しようもない状況を作り出したのは、人間だ、と思うのです。また神様は導いていても、手足がありません。動くのは人間なのです。

祈ってみましょう。
神さまに丸投げではなく、どうしたら解決できるか、どうしたら実現するか、切実に祈る中で、解決への糸口がひらめくはずです。きっと。

さて、祈りの内容が、悪いものであった場合。
たとえば人を冒涜したり、人類滅亡や世界制覇を祈るような自己中心的なものであった時、その祈りに神さまは耳をふさがれ、一緒に聞いていた魔(サタン)がさっとそれをもっていき、自分との契約としてしまいます。
神さまに祈ったつもりが、悪魔との契約だったりして…!
ご注意のほどを。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:陽が昇る
by (C)緋佳さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

kuri-maの参考記事
神さまへの参拝もアポイントを取る?! パワースポットで願いを叶える秘訣


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


フランシスコ・ザビエルの遺体を公開、インド・ゴア


posted by kuri-ma at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 祈り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月23日

神さまへの参拝もアポイントを取る?! パワースポットで願いを叶える秘訣  ★【写真特集】錦織圭 飛躍の2014年シーズン/アガシがグランドスラム制覇のカギを伝授

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

残り香。


私は医師として、
あらゆる療法で失敗した後、
「祈り」という厳粛な努力によって、
多くの人が、病気や悩みから
救われた例を目撃してきた。


アレクシス・カレル
(外科医、生物学者・仏)



お祈りで願いが叶うものなのでしょうか。
そもそも、お祈りってどうしたらいいの、と思われる方もおられるでしょう。

今回は、神社でのお祈りの仕方を、パワースポットの記事を編集してお伝えします。

パワースポットと願掛けはセットのようになっていることがありますね。
行けば誰でも願いが叶うなら、行ってみたい気がしますが、そんなに簡単ではない。でも、どうせ行くなら叶えたい、という方に秘訣をお話ししましょう。



パワースポットとは


パワースポットとは、エネルギースポット、気場と呼ばれるもので、霊的なパワーに満ちた場所です。霊的パワーは、とかエネルギーとか波動とか呼ばれるものですね。それによって癒されることは確かだと思いますよ。

癒される理由の一つは、その地の持つ大地や自然のエネルギーが豊富なこと。
水や木や、鉱物、磁気などの影響もあるでしょうし、小高い峰や山に多いことも霊気の高い要因になります。

奉ってあるものや、建造物にパワーがあることも。仏像や、神社・仏閣ですね。それは霊的・宗教的なパワー(スピリチャル・パワー)が主です。

日本のパワースポットは、神社が多いですね。神社は人を奉ってあるものも多いのですが、それは、並みの人ではなくその時代でもずば抜けて運勢の強い人だったりします。そういう人を尊敬し、あやかりたい、ということでしょうか。

いずれにしても、多くの人に長い期間に渡って慈しまれたというのは、それだけでも価値のある場所ですね。

ただし、自分の都合のいいように願いが叶うかどうかは別です。
パワースポットから何かをありがたく頂いて、あなた自身の生き方や姿勢も変われば、大きく願いが成就することもあると思いますヨ。
私自身をプラスにさせる助けになると思えば、行っても損な場所では決してないでしょう。

パワースポットと言われていてもいろいろで、いいものだけでなく、邪気もあったりします。その場所にはなかったとしても、人が連れて来るんですね。人が多ければ空気が汚れるように、霊気も侵されます。



邪気を受けず、願いを叶える参拝の仕方


1 神さまにアポイントを取る
    〜日時、参拝の目的(願い事の内容)を事前に祈っておく

特に神社などのスポットの場合、邪気を受けないためには、よく、行く目的を明確にして、なんとなく行って来ないことです。
事前に「いついつこういう目的で伺います」と、心の中でお祈りしてから行く。
神様にもアポイントを取った方がいいのです。

2 参拝は神さまへの挨拶から

また着いたら、しっかり挨拶するのが参拝のマナーです。
別に声に出さなくても、「おはようございます。誰それが伺いました」とかいうふうに。ジェスチャーをつける必要はないですが、印象的に挨拶してみましょう。

その後にお祈りに入りますが、くどくど回りくどいのはよくありませんが、心配なことなど、具体的にわかりやすく祈っていきます。
最後にお願いを言うのが、神様に聞いてもらえるコツです。

というか、普通の人に話すのと同じですよね。いきなり「〇〇をお願いします」と言われても、まぁ聞かないわけではないでしょうが…、ちょっとぶしつけかも。
どこの誰がどういう切実な事情があって、お願いするのか、神様にもわかるように、つい、聞いてあげたくなってしまうお祈りをしてみましょう。

3 早朝がよい

時間的には、早朝ほど霊気は強く神聖です。
できるだけ午前中に行った方が、邪気を受けなくていいかと思いますよ。早朝の方が、混まなく、静かだし、スムーズに行って来れるという利点もありますね。
また、日の光からもいいパワーを得られるので、晴れた日の早朝、というのがベストです。

 願った内容について、神頼みだけでなく、自分自身も最大限の努力をする
  (これについては、また別の記事でお話します) 

5 忘れてはいけない「感謝」と報告

そして願いが叶ったら、出来ればお礼参り≠ノ行くといいのですが、行かなくても最低、感謝のお祈りはした方がいいでしょう。
人間社会でも、お礼をする時は、直接が誠意があっていいのですが、電話かメールでも、すぐにした方がいいのと同じです。それが更に幸運を引き寄せる鍵にもなるでしょう。

なかなか願いが叶わなくても、途中経過を報告する。
叶う途上にある願いもあるはずなので。いずれにしてもいいものを受けた感謝の思いは、持ち続けた方がいいですね。

うまく事が運ばないからといって、間違っても、恨み言は言わないように。せっかく頂いたパワーが無駄どころか、あだになる場合もありますよ。

神様がおしおきしたり、ということではなく、願いを叶えるのは、その本人の、本気の思い、そして誠意のある行動次第だったりするので、罰当たりな言葉や行動は、墓穴を掘ることになるということです。
バチが当たるといいますが、誰がするのではなく、自業自得だったりするわけですね。


最後に、パワースポットとなる神社などで願掛けをすることもよいですが、普段から神さまによく祈り、経過報告をし、また爽やかな行動を積み重ねることが、本当の意味での願いの成就につながるかと思います。
パワースポットはその助けにはなるかもしれませんね。
いずれにしても、その人次第ということです。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:残り香。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


【写真特集】錦織圭 飛躍の2014年シーズン


アガシ氏、グランドスラム制覇のカギを錦織に伝授


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています



posted by kuri-ma at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 祈り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする