さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年12月24日

幸せになるためには、セックスレスから脱却しよう?! (セックスレス夫婦40%超、草食系男子も増加)


2012.12.09 みなとみらい クリスマスマーケット in 横浜赤レンガ倉庫 輝き






以前からもセックスレスの話題は取り上げてきました。このたびの発表で、最新のデータでも、2年前に比較して0.5%UPの41.3%となったとのこと。(産経と朝日のニュースを添付)

 調査は2年おきに実施。今年は9月、16〜49歳の男女3千人を対象に実施し、1306人が答えた。セックスレス夫婦の割合は04年は31.9%だったが、06年34.6%、08年36.5%、10年40.8%と少しずつ増えている。

年齢別にみると35〜39歳が最もセックスレスの割合が高く、46.9%だった。

 結婚している男女で1カ月以上性交渉がない「セックスレス夫婦」は、41・3%(同0・5ポイント増)と過去最高を更新。性交渉に積極的になれない理由として、男性は「仕事で疲れている」が28・2%で最多、女性は「面倒くさい」が23・5%で最も多かった。


そして、もう一点は、セックスに関心のない、いわゆる草食系男子の割合が高まっているという点です。

 調査では、性交渉をすることに「関心がない」「嫌悪している」と答えた男性の割合は、20〜24歳で4人に1人に当たる24・6%。平成22年の前回調査より3・1ポイント増えた。25〜29歳では14・1%(同2ポイント増)、30〜34歳では13・4%(同7・6ポイント増)と倍増した。
 性交渉に関心がない20代の男性を分析すると、「中学生の頃の家庭は楽しかった」「子供が欲しい」といった回答が、関心がある男性より総じて低かった。


その理由として考えられるのは、セックスに関心のない男性が、「中学生の頃の家庭は楽しかった」という項目のポイントが低かったという点です。つまり、家庭において楽しいことが少なかったということになるでしょう。
おそらく、家庭において深い愛情を感じたり、感動したり笑ったり、家族的な触れ合いが少なくなっているのでしょう。また特に、中学時代ということは、一番多感な、大人になるために大切な期間となる思春期の時期に、家庭が楽しかったと感じられない、ということは、やはり大きな影響があるようです。

セックスレスが30代後半で最も多いというのは、セックスに関心ない男性が30代前半ですでに、倍増している状況を考えると、ゆゆしき事態ですね。

これは私の考えですが、こういうことだと思います。

家庭において、夫婦が愛し合い、その中で子供が成長し、家庭の中で情的なものをもっとも育んでいきます。情的なものが満たされると、そのまま芸術などの分野で能力を発揮することにもつながりますし、知的な面に活かされて、学習面も伸ばすことができたりします。また、友人関係や、外でのスポーツや活動的なものに積極的に関わることもできるようになります。
家庭の中での、両親の調和が、子どもの知情意の発達に大きな影響を与えるのです。

顕著なのは、思春期に両親が不倫騒動になったり、離婚問題が起こったりする場合です。幼少時のこともその子に大きな影響が残り、後に赤ちゃん返りや問題行動の遠因になるということですが、思春期での両親の不和というのは、子どもにモロ影響を与えます。
実際非行、問題行動を起こした子どもは、家庭が面白くない、と感じています。

では、セックスレス夫婦というのが、子どもたちにどう影響を与えるか、です。

疲れているからとか、面倒くさいという理由で、セックスレスになっている、冷めているというよりは、ちょっとゲンナリしている夫婦、これは極ありがちなことです。
子どもたちには特別な影響がないかのようですが、以前にもお話したように、セックスレスの妻の場合は、関心が子どもに強く傾きがちになります。

夫とは冷めていき、子どもには子離れできない、ということになります。
息子がいれば、マザコンになりやすいという図式です。
そして、その息子が結婚したとしても、やはり早々にセックスレス夫婦になっていく、その嫁は満たされずに、その思いを子どもに向け、またマザコン息子を育てることとなる、という循環です。

マザコンにならずとも、草食系男子が増産される背景には、温かみのない家庭というものがあると思います。家庭の中で、妻も夫も満たされていない、そしてもちろん子どもにもその温度は伝わるのです。

また、セックスレス夫婦により、少子化が進むというのは簡単にわかる図式です。
少子化はすなわち小孫化となります。一人っ子ともなれば、4人の祖父母に両親、6人の大人に、大切にされ干渉を受ければどうなるでしょうか。

子どもにとって、愛情不足は問題となるのは当然ですが、過ぎたるは及ばざるが如しで、過干渉の溺愛状態も、よいことはないようです。

何気なくセックスレスになっているというのが、大半でしょうから、ちょっと疲れているけれども、面倒くさいけれども、夫婦関係を持っていく時に、子供の問題行動が嘘のように消えるということも、ままあるのです。
幸せな夫婦が実は家庭の要になっているんですね。

セックスレスの人たちは自分が疲れているから、面倒くさいから、と、なんとなくセックスで消耗するかのようなイメージがあるのではないでしょうか。

そうではないと、私は思います。
お互いを思い合い、慈しみ合う延長線上にセックスはあるので、夫婦共に、セックス後は愛情が高まり、また、健康にもよい影響を与えるという研究結果もあります。家庭を幸せに導くんですね。

逆にセックスしないと、更に面倒くさくなり、夫婦も愛情を感じなくなり、疲れやすくなり、家庭の幸せを損なっていくのではないでしょうか。
セックスレスって、実はとても「損」なことなのかもしれませんよ。

子どもたちの成長のために、夫婦の幸せ、ひいては私たち個人の幸せのためにも、この世が活性化し、平和になるためにも、もしかしてセックスレス夫婦からの脱却が一番効果的なのではないでしょうか。

一足飛びに、ラブラブ夫婦になることは難しいまでも、夫や妻をいたわり、優しい言葉掛けや、ちょっとしたスキンシップをしていくというのも、準備運動としてとてもいいでしょう。

誰かを愛するというのは、犠牲が伴うようですが、それに見合うものを必ず得ることができるでしょう。
温かいクリスマス・イヴを過ごされますように。


今日もよい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:クリスマスマーケットin横浜赤レンガ倉庫 輝き
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います




2012年12月14日

夫婦仲、何年後まで熱い?! 〈心温まる動画〉




冬の到来で、外はガチガチに寒くても、家庭はホットであってほしい。
日本では毎年25万件もの離婚があり、熟年離婚の増加によって、多少減ってはいるものの、依然5年以内の離婚が35%を越えています。

外は寒いし、夫婦仲も冷え切る…、そんな中で、心温まる動画がありましたので、ご紹介します。↑
結婚11年目のプロポーズだそうです揺れるハート


2012.11.25 汐留 カレッタ汐留 リュミエの森 誓い



今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は: 2012カレッタ汐留 リュミエの森 誓い
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


2012年10月29日

男女の脳の違いを夫婦関係に活かそう?! 女性は同時に複数の仕事をこなし、男性は一点集中型


ローズな窓辺。






一度にいろんな仕事をこなす能力は、女性の方が優れている、という調査結果ですが、これって、周知のことではなかったんですね。(私の中では、そうだったのですが。)

もちろん男性の中にも、「マルチタスク」に優れた能力がある人も、いるでしょう。個人差がありますし。しかし、なぜ、女性が、というと、これは脳のしくみからして、男女に違いがあるからだといいます。


私も周囲の男性を観察しながら、特に夫を通して、気づいたことがあります。

たとえば、夫がボーっとただPCでネットサーフィンか何かをしていたり、プロ野球などを見ている時に、何か話しかけたとします。
まず、簡単に私の声に気づいてはくれません。何か訊いても生返事ばかりです。それでも、何かを話して私が伝えたつもりになっていると、後で「全然聞いていない」ということが多いのです。

最初は、男性の特性を知りませんから、「私の話に関心がないから、忘れたんだ」とか思って気を悪くしたり、信じられない思いになったりしたのですが、これは、男性に悪気があるのでも、健忘症なのでもないと、わかってきました。

私たち女性は、たとえばテレビやラジオを見聞きしながら、家事をこなします。
こどもの食事の時には許しませんが、私は、一人の昼食の時には、もっぱらテレビを見ながらします。部屋干の洗濯物をつるしたり、渇いたらたたんだり、ということも恒例のこと。キッチンにもあれば、料理しながらも見れるのに、と思ったりします。

飲食は、映画館でもすることだし、カウチポテトも当たり前のことですが、家事をしながら、というのは、それもラジオならまだしもテレビを見ながらは、不可能だ、と男性は言います。

しかし、男性にとっては、一回につきひとつの動作、というのが基本です。きっとマルチタスクに優れた男性というのは、切り替えが上手なのでしょう。

テレビをかけたままで、長電話し、テレビドラマの筋がわかる、というのは、男性から見たら、神業でしょうが、女性には可能です。個人差はあるでしょうが。
だから、テレビを見ている時に何か言われたこと、また、家庭の中で起こっていることは、大体において理解できています。

男性がテレビを見ている時には、子供たちがすぐ横でしていた会話の内容をほとんど把握できませんが、女性には聞こえる限りわかったりします。また、女性は視野も広いので、背中に目があるようにわかることもあるようです。

また、おしゃべり好きは個人差があるものの、たとえば、女性のグループのおしゃべりだと同じ空間内で、複数のトピックスがあっても、平気で会話が続いてしまったりします。
男性が複数いたらそうはならず、一つの議題について、人が順番に話をする。ようするに会議調の会話が主流だといいます。


なぜこんな違いがあるのかというと、脳の働きの違いにあるようです。

男性は右脳だけに言語領域が集中しているのに対し、女性には左右両方にあり、また左脳と右脳を連結する脳梁という部分が大きいのだそうです。
だから、女性は複数の作業を同時にできるのであり、男性は一度にひとつずつしかできないのだといいます。

また、男性は何かと右脳優位なので、今目に入るもの、また直感的なもので判断し、即決したいタイプですが、女性は左脳優位なので、いろんな過去の事例やデータなどを瞬時に駆使することができます。
これらは、男性が女性に劣るということではなく、違いのせいなんですね。得意分野が違うのです。

男性というのは、女性と違って、ひとつの物事に対する集中度が違うのです。また、視野は女性より狭いのですが、遠くを見る点では優れています。
家庭の中のことは女性が長け、狩猟は男性が得意というのは、それもあるでしょう。また女性は聴覚において優れていますが、音の方向を聞き分けることはできないですし。

このように、男女の違いがわかると、夫、妻のことも更に理解できるのではないでしょうか。


上に上げたニュースの調査では、作業記憶と空間認識能力を調べて、女性の方が、1度に複数のことを並行して処理する能力において優れているという結果を出しました。
この調査で新たにわかったのは、その能力には月経周期との関連が深く、つまり月経期間は、空間認識能力が落ちてしまい、結果としてマルチタスク能力も低下してしまうのだそうです(なぁるほど)。


また、二つ目の記事、家事分担と離婚との関係は、?の内容でもありますね。
推察してみると、つまり、男性に家事を手伝ってもらいつつ、家事の主導権は女性が持つ方が、家庭の幸せにつながるのかもしれません。

女性は、社会で充実して歩んだらそれがストレス発散となり、家庭でのこともできてしまう部分もあるかと思います。家事でまた気持ちを切り替え、つまりストレスを解消し、また仕事に向かえる、というように相乗効果を生む場合もあるでしょう。
一方、男性は家庭では憩いを求める部分もありますし。家事をしながら憩うというのは、ちょっと高度技術かもしれません。

気がついたら、同時に帰宅しても女性だけが家事をしている、という場合もありますね。それを不満に感じないように、男性側がサポートしていけば、円満な家庭につながると思います。

こうやって、男女の違いを理解しあうのも、思いやりやスキンシップにプラスになると思うのです。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:ローズな窓辺。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います