さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2014年03月27日

男は変わらない? 女は理解する生き物ではない?! …幸せな結婚のためのプチ秘訣…!  ★コウノトリの遠距離恋愛、12年目 クロアチア


淡いスイートピー ♪


I will follow you.
あなたについていきたい…
心の岸辺に咲いた淡いスイートピー♪





これは、笑えるけれども真理です。
(ただし、例外もあります。)


男は、本当に必要ならば
千円のものにも二千円払う。
女は、二千円が千円になっていれば
必要でなくても買う。

男と幸せに暮らすには
男を理解しようとしなければならない。
女と幸せに暮らすには
女を理解しようとしてはいけない。

女は、結婚したら夫に変わってほしいと思う。
でも夫は変わらない。
男は、結婚しても妻に変わらないでほしいと思う。
でも妻は変わる。




男女というものは、根本的に違う生き物だ、と思ってもいいくらい異なっています。
上に三つあがっていますが、どれも鋭いポイントをついていますね。

私も夫を宇宙人のように感じていますし、また、夫は私のことを永遠に理解はできないでしょう。上の言葉は真実を突いています。
実際、私自身もよくわからない私のことを、現実に見える部分で分析しようとしても不可能なこと。女心と秋の空で、解析が終わらないうちに、次のモードに入ってしまって、堂々巡りです。

男性はどっしりとした木のように変わらないけれども、女性は、季節の花のように色とりどり。相手に合わせ、TPOに合わせ、時代や流行に敏感です。
水のように、相手の色に染まり、相手の形、器に合わせるのです。

「あなたに付いていきます」という殊勝な女性は少なくなったようにも見えますが、実際は、男性に連れ添うようになっているのが女性の特性です。

しかし、環境に支配されやすい女性は、時や状況の変化に左右されていってしまう。
妻になり、母になり、そして年を経てお祖母ちゃんになっていきますから、それに応じて変わらざるを得ないというところもありますね。

裏を返せば、女を変えていくものは、夫であり、子どもや孫であり、家族であり、交友関係、社会…、環境すべてです。
しかしその中でも一番は、夫の存在です。女性を良くも悪くも、かわいくも鬼にも変えるのは、もしかして夫の影響が大、ということかもしれませんね。

そんな環境の中で、女性の愛情は育ち、深くなっていきます。母性本能、というものを目覚めさせやすいのは女性です。
子どもを身ごもり、この手に抱けば、大概の女性はもう、母の心を持ちます。
しかし、男性は、子どもとの触れ合いを多く持たない限り、父性に目覚めないといいます。


「男性を理解しなければならない」というのも、これは大切なポイントでしょう。私はよく信じられないことが起こって、理解してあげられない状態に陥るのですが、これは反省しなければなりませんね。

男性は確かに、理解され、認められることで、自分を発揮することができますから、不用意な言葉で自信を喪失させたり、否定の言葉にも弱いようです。
難しいことは、理解する必要はありません。にこっと笑ってあげたらいいのでしょう。

女性もそうですが、男性も子どもも、「褒めて育てる」のが、いいに違いありません。


「男性は変わらない」、といいますが、唯一そんな男たちを変えられるものがあります。

それは、男女共にそうですが、「愛情」です。
かわいい妻、かわいい子どもの存在によって、男性はもっと強くもたくましくもなれます。

男だから、女だから、という違いは高い山を作り、大河を作ってしまえるほど限りないのですが、「愛情」という目に見えないものの力で、一瞬にしてその隔たりをなくし、山を平地に、河には橋を掛け、一緒に家族として暮らすことができるのです。

これはすごいことです。

とはいえ、「夫を変えてやろう!」と女の浅知恵で、考えたとしても、そうはいきません。
「愛情」によって自然に心が開かなければ意味がありません。

また、「女性は変わる」といいますが、大切なもののためには、てこでも動かないのが女性の特性でもあります。


とても奥の深い男女の心、複雑な情関係の機微…。
ですから、違っていることを数えることも不毛だし、理解できないことを嘆くことも時間の無駄。

口げんかや愚痴、小言の絶えない我が家ではありますが、思い出したら反省して、夫には笑顔と賞賛を、子どもおだてて木に登らせたり、おいしい食事で釣ったり、たまには楽しいことをして爆笑タイムを作り、悪い雰囲気を払拭し、殺菌してしまいたいと思います。

桜も開花し春も来ていますから、風を入れ替え、お日様の光をいっぱい浴びてみるのもいいかなと、思うのです。


I will follow you.
あなたについていきたい…
心の岸辺に咲いた淡いスイートピー♪

ちなみに歌は正しくは
「赤いスイートピー」ですが
あしからず



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:淡いスイートピー ♪
by (C)芥川千景
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


コウノトリの遠距離恋愛、12年目 クロアチア


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


2013年11月17日

夫婦の円満度は、妻の満足度で決まる?!  ★妻の心の落ち着き、幸せな結婚をもたらす 米研究


木と黄、紅を従えて。


妻の心の落ち着き、幸せな結婚をもたらす 米研究◇


怒りや軽蔑といった感情は、特に妻が自分自身を落ち着かせることができれば、結婚が長続きするし、また満足度においても長期的にも、短期的にも幸せな結婚生活を送る傾向がみられたとのこと。

なぜ夫の感情より、女性の感情が家庭の幸福にとって、効果が表れやすいのでしょうか。

夫婦は、同格ではありますが、厳密にいえば、立場、役割というものが違うのです。

二人がけんかをしたとしても、すぐに回復できる、夫婦の仲の良さは、家庭の幸せの一番のポイントです。
そして、この時にも、奥さんがハッピーなら、上手くいきやすいというのです。

この研究では、夫婦間だけの研究でしたが、親の世代(祖父母)、そして子ども、他の家族の思いは調べられていませんでしたが、やはり、夫婦の円満さは、家族、特に子どもに影響します。

その中でも、夫ではなく、妻の気持ちの持ち方が、夫婦の円満さを決めるということです。
これは研究結果に表れている通り、事実なのです。

私もカウンセリングを通して、また様々な家系の検証を通して、得ている内容とまったく同じです。

家庭の中で、女性、特に奥さん、お嫁さんは、花嫁、というくらいで花なのです。
嫁いで来たお嫁さんを、舅、姑、みんなでかわいがってあげ、早く玉のような子どもを授かるように、夫婦も円満に過ごせるように、世話を焼いてあげるのです。
そして、母になれば、その女性は、子どもと夫のために懸命に生きるようになります。お祖父ちゃんお祖母ちゃんにも、よく尽くすようになるのです。

そして、子どもというのは、お父さんの評価を、全てお母さんの視点を通して見るようになっています。どんなに立派なお父さんでも、夫婦仲が悪く、外に女性でもいれば、子どもから見れば、最悪の人にしか映らなくなります。

お嫁さんを愛する、と言いましたが、舅・姑の夫婦仲がよくなければ、逆に嫁をいびりたくなってくるのです。
そしてそういうお義母さんに育てられた息子も、マザコン傾向が見られたりして、またお父さんのお母さんの愛し方でも、まったくお手本になりませんから、奥さんの愛し方も下手くそになってしまうのです。

堂々巡りの悪循環になってしまうということですね。

このように、家族には夫婦仲が大きなポイントになります。
そして、奥さん、お嫁さんをご機嫌で過ごさせることです。
それが、家庭の平和と幸せ、そして未来の子どもたちの運勢にも関わってくるのです。

奥さんがいつも花のように笑っている家は幸せな家です。

そんないいお嫁さんを家に迎えられるかどうかは、未来を決める重要なポイントです。
いいお嫁さんというのは、子どもの頃から、娘として父母の円満な関係を見聞きし、大事に愛情を注がれて育って来ている場合が多いのです。

結局、3世代、または代々、円満な夫婦関係がる続くことが、私たちの幸せには直結しているようです。

だんな様は、どうぞ奥様をいたわり、大切にしてあげてください。
そして、女性の方たちは、引きずらずに、前向き思考でいきましょう。女性の気分がバラ色なら、家庭もみな幸せになるのです。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:木と黄、紅を従えて。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


2013年08月31日

夫婦で手をつなごう! 同じ日に死亡の仲良し夫婦、再び?! ★英キャサリン妃、出産後初の公務 新王子は「とても元気」


チェイス。




夫婦が相次いで同じ日に亡くなる。そんな映画のようなことが実際あるのです。

仲がいい夫婦はそうやって一緒に亡くなることがあるんですね。そういうカップルは、あの世にいっても、きっと離れないんでしょう。

以前にも同様なニュースがあり、紹介したことがあります。2009年の11月と12月のニュースでした。

一件目は中国で、三年間妻を介護した夫の方が病に倒れ、数ヵ月後息を引き取ると、三時間後に奥さんも後を追うように亡くなったというもの。奥さんの枕には大きな涙の跡が残されていたといいます。
共に83歳、奇しくも二人の65回目の結婚記念日だったそうです。
もう一件はアメリカのお話。療養所で、二人相次いで亡くなっています。
米地方紙ノースウエストフロリダ・デイリーニュースより
夫婦は79歳だった夫ジェームズ・ブラッキンさんと、76歳の妻ロリーさん。2人はロリーさんが16歳のときにスケートリンクで出会ったそうで、すぐに駆け落ちして結婚した。寡黙な夫と、植物を育てるのが好きな妻は常に一緒。4人の娘にも恵まれ、年齢を重ねてもその親密さは変わらなかった。ずっとお互いを「ハニー」と呼び合いアツアツだった2人。孫たちは、当初ジェームズさんの名前が「ハニー」だと思い込んでいたほどだ。
2人の仲の良さは、娘から見ても相当なもの。子どもたちの前では、一切けんかをしたことがなかったという。三女のシンディー・スペンスさんは「私が10代の頃、両親は大きなステーションワゴンの車を持っていたけど、母はいつも父の隣に座っていました。どこか歩くときも、いつも手を繋いでいたんです」と、思い出を語る。

医師は「ジェームズさんはロリーさんが亡くなったことがわかり、ショックで他界したのだろう」と推測する。ただ、事情を聞いた四女ダナさんは、1人でいるのが嫌いだったロリーさんが、ジェームズさんを呼んだに違いないと感じているようだ。


夫婦の契りというのは、実は死んだら終わりではなく、あの世でも残っているのだそうです。
この世ではうまいこと女性を渡り歩いたつもりだった男性がいたとしたら、亡くなった後、あの世では、すべての女性にそれがバレてしまいますから、大変なことになるかもしれませんよ。

ですから、こういう風に二人で添い遂げるということは、究極に幸せなことのように思えます。

いつも、片時も離れない夫婦、そんな夫婦はいいけれど、夫(妻)とは、ちょっと距離を置きたいという方もおられるかもしれません。いい意味でも悪い意味でも、あらゆる意味で(笑)。

日本ではセックスレス夫婦が増えていて40%とも言われています。

夫婦が仲がよいことが、家庭の平和と幸せの基準です。
子どもが問題行動を起こすのも、夫婦の問題の反映だと言われます。決定的な危機になる前に、修整が必要ですね。

パートナーとのスキンシップをはかることで、絆が深まるということがあるようです。
すぐにセックスレス解消とならなくても、「夫婦で手をつなぐ」というのが、とってもいいということです。

ちょっと「手をつなぐ」ということくらいで、魔法のようなことが起こるはずがない、と思われるかもしれませんが、どうかお試しください。

2009-12-18-172031.jpg


みなさんは、夫(妻)と手をつなぎますか?

すでにリンク切れになっていますが、読売新聞やYOMIURI ONLINEに載っていたものです。タイトルだけ残します。
またそれを受けた「発言小町」の「夫と手をつなぎますか?」というトピックスに関する意見は残されていますのでどうぞ。
「手つなぎ夫婦 目立つ中年」読売新聞1月25日の記事
「『発言小町』では肯定的な声…手つなぎ夫婦」YOMIURI ONLINE
夫と手をつなぎますか?
発言小町

これらをみると、結構、手をつなぐカップルが多いようです。
「チャーミーグリーン」のCMの影響というのも残っているということ。確かにあの老夫婦はチャーミングでした。

「夫婦で手をつなぎましょう」と、それを呼びかける会があります。体験談などもあるので、どうぞ。


一緒に死ねるかどうかは神のみぞ知ることですが、パートナーと手をつなぐことは、今からでも始められます。いつ死が二人を別つかは分からないのですから、今日から始めるのがいいかもしれません。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:チェイス。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います
以下の記事を編集しました
 同じ日に死にたい?!「手をつなぐ」仲良し夫婦

〔英キャサリン妃、出産後初の公務 新王子は「とても元気」〕
このお二人の場合は…?
手はつないでませんね…


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら