さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2015年05月30日

≪訂正≫ WHOが抗ガン剤を全面禁止?!は、完全デマだった!!  ★FIFA会長、「もっと悪い話出る」 辞任の求めには応じず

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

WHOが抗ガン剤を全面禁止という話が、SNSを通じて
流れていましたが、どうもデマだったようです!
お騒がせな情報をお伝えし、どうも申し訳ありませんでした。


2015.05.26 瀬谷市民の森 モリソラ


インフルエンザのワクチン、子宮頸がんのワクチンが、効果がないどころか、極めて危険だということを聞いたことはありますか?

子宮頸がんワクチンについては、重篤な副反応、後遺症が出ているということで、知られるようにはなっていますが、インフルエンザも?と思われる方も多いことでしょう。

前代未聞のFIFAの汚職事件もそうですが、利権がらみで良心を悪魔に売った人たちは、信じられないことをするようです。

逆に、福島の放射能が危険だという風評もずっと消えません。
それゆえに日本を敬遠し、輸入をやめるという国まであります。


『今から1年前の5月にWHOで、抗がん剤は危険なので全面禁止にすると決まった』という情報がまことしやかにSNSに流れていました。

WHO云々はデマだったようですが、抗がん剤がリスクが高く危険であるという意見があることは確かです。

(私自身も、充分に検証したわけではないので、確かな情報がある方、特に専門家の方の御意見を聞きたいと思います。

とりあえず、船瀬俊介という方の情報が大元のようですが、この人については、ちょっと問題の多い人かなぁと、私は判断しました。)


正しくないことが、まことしやかに伝わることがあるし、間違っているにもかかわらず、根強く支持されるということがあるものだということ。
私は不思議で仕方がないのですが、往々にしてあるようです。

(不思議で仕方がないのは、神様や見えない霊的なものを、頭から否定して、非科学的だと捉えようとする風潮、これもそうです。
神様が何の害になるでしょうか。
神様や、精神的なもの、それが何より大事だし、幸せになる道なのに。)

正しいものを正しく認知するということは、時に少数派になってしまいますから、勇気が必要かもしれません。

いつでも、良心の声に耳を傾けて、正しい道を行きたいものです。
間違った情報に振り回されずに。
今回は、しっかりデマに乗ってしまい、恥ずかしい限りです。


それにしても、命を預かる医療現場でも、お医者さまから勧められることが、必ずしも正解でないのかもしれません。

私の母は、何年も前ですが、ある病気でステロイド剤の治療を勧められた時、どうしてもむしの知らせというのか、納得できなくて、ちょうど外来を待っている時、同じ病気でその治療をしている人から体験談を聞いたりして、お医者さまに白い目で見られながらも、ステロイド治療を拒否したといいます。

その後母は、よいお医者様に出会い、心臓が悪いですから何度も大変なことになりながらも、奇跡的に命を守られて現在に至っています。
逆にあの時に、勧められる治療をしたらどうだっただろうか、きっと健康を損ねていたに違いなく恐ろしくなる、と言っています。

私の母はとてもカンの働く人で、いつも祈っていますから、それが守られる秘けつだと思います。

祈りは自然治癒にもつながりますね。

祈り、笑顔、挨拶(そして会話)、よい言葉を発信すること、小さな力のようですが、それが基本かと思います。


さて、抗がん剤はやはり効かないのでしょうか。
効果がないどころか、健康を損ね、またガンの再発を促すことにもつながる、危険極まりないものだという意見を強く主張する人たちもいます。

確かに彼らの言うように、自然治癒で治ればそれに越したことはないのですが…。

いまだに日本では、がんと言えば抗がん剤治療、というのが、常識であり、病院でも当然のように行われているのではないでしょうか。私の友人知人の中にも、抗がん剤治療を受けている人たちが複数います。。。

何が正しいのか、確かなことが明らかになってほしいと思います。

祈っていけば、神様は教えてくれることでしょう。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:瀬谷市民の森 モリソラ
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


FIFA会長、「もっと悪い話出る」 辞任の求めには応じず


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


posted by kuri-ma at 23:41| Comment(7) | TrackBack(0) | 子宮頸がん ワクチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月30日

「インフルエンザ・ワクチンは打たないで!」  優しさが不足する世の中に、この冬「流行」の兆し?!(柴田トヨ)  ★牛乳の飲み過ぎは健康に悪い?スウェーデン研究

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
冬が来る前に
読んでください


ナナカマドの下で・・・




「 流  行 」


世界の何処(どこ)かで
今も 戦争が起こっている

日本の何処かで
いじめも起きている

やさしさの
インフルエンザが
流行しないかしら

思いやりの症状が
まんえんすればいい


柴田 トヨ
「百歳」より



心のすさみを感じたら
隙間風に風邪を引きそうになったら
この詩を 思い出してください。
そんなすさんだ心を 人にうつしてしまう前に──
きっと予防効果が てきめんでしょう


さて、インフルエンザ・ワクチンについて。
これが真実です。
タミフルについても言及しています。
街のお医者さんたちにも、声をあげて言ってほしいのですが…。






インフルエンザ・ワクチンは打たないで!

「インフルエンザが流行しているらしいからワクチンを打たなくちゃ」と考えていらっしゃる方が多いと思います。
小さなお子さんのいるお母さん、ご高齢の親を持つ方たちも同じでしょう。
そのどなたも「あのワクチンは効く」と思っているはず。

実はインフルエンザ・ワクチンはほとんど効きません。

これはウイルス学者たちの常識で、日本で接種を始めた当時からそう言われていました。

【インフルエンザ・ワクチンの四つの嘘】
1.「インフルエンザは死に至る病 だからワクチンが必要」の嘘
  インフルエンザはかぜの一種です。
  「インフルエンザはかぜじゃない」というポスターは、
  インフルエンザ・ワクチンを打たせるための宣伝なのです。

2.「20〜30パーセントは効く」の嘘
   衛生研究所で確認した。「やっぱりこのワクチンは効かない」

3.「ワクチンは重症化を防ぐ」の嘘
  脳症とインフルエンザは別の病気です。
  脳症の原因はまだ明らかになっていません。
 
  厚生省では、1998年、研究班での調査では、
  ワクチン自体には脳症を防ぐ 効果はない、との結果がはっきりでました。

4.「家族や他人にうつさないためにワクチンを」の嘘
  結局インフルエンザ・ワクチンで流行は阻止できないことがわかり、
  厚生省は1994年に集団接種をやめました。
  
流行を阻止できないということは、
  他人にうつしてしまうことは避けられないということです。

元国立公衆衛生院
疫学部感染症室長
母里啓子(もりひろこ)


インフルエンザつながりで、毎年紹介しようと思いつつ、しそびれていた内容を、ようやく紹介できました。

母里先生の動画は、何年も前に見ました。
私の周囲でも、冬が近づくと、打たなくちゃ、とソワソワし出す方たちが多くて、つい声をあげられないで来たのですが…。

うちの子供たちも、数年前、4人の子供が一通りインフルエンザに感染しました。
学校では、怪しいと、インフルエンザかどうか白黒はっきりつけなければならないようで、もしそうなら欠席扱いになりません。

確かに、繁殖力のあるインフルエンザ、学級閉鎖も簡単に起こる最近の状況ですね。
一番、ひどかったのは次男で、高熱時、目が据わって、おかしな言葉を呟いていました。幻覚症状かと思われます。普段から、霊的に敏感なところがある子ですから。
そのように、掛かると数日間、高熱が続くのですが、しかし、その後はケロッとしています。
すでに人に感染させた後であり、もう誰にもうつすことはない時期になっているのに、1週間ほど学校には登校できません。
熱が下がって元気なのに外に出れない子どもたちの連日のお世話に、私の方が参りました。

インフルエンザって、そこまで怖くないのでは、と感じています。
もちろん、しっかり養生しないと大変なことにもなりかねないものではありますが。
それでも、高いお金を払って、ワクチンを打つほどのものなのかと、とても疑問です。

子宮頸がんのワクチンも同様の、利権やお金儲け的なものが絡んでいるのでしょうか。

インフルエンザは手洗いで、風邪はうがいで予防するのがいいとか。

そして、やはり「優しさ」のインフルエンザを流行させるしかないかもしれません。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:ナナカマドの下で・・・
by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


牛乳の飲み過ぎは健康に悪い?スウェーデン研究


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


posted by kuri-ma at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 子宮頸がん ワクチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月07日

安倍首相、子宮頸がんワクチンをやめてください?!  ★【特集】2013年仰天・おもしろ写真集


花のあと・・・


世の中には、なんでこんなことが…、と頭をひねることが、堂々と行われて、そんなことまずいだろう、と思うようなことであったとしても、なくならない、そんなことがあるんですね。

必要悪、なんて言葉もありますが、これ、人の利権が関わると、まずいことは直ちに止め、よいことは即実行する、という当たり前のことが、難しくなるのでしょうか。

その最たるものが、子宮頸がんワクチンです。
ここまで、重篤な副反応が報告され、更に効果にも疑問があり、定期検診というもっと簡単ではるかに効果的な方法があるにも関わらず、今でも、完全になくなりません。

悪いものであっても、一度やり始めると、なかなか止められない、これが現実です。



また、インフルエンザの季節になると、多くの人が予防接種をしてこれで安心と思っているかもしれません。
ワクチンってそんなにすごくないし、逆にまずい存在だったって、ご存知でしょうか?

そうだとすると、今まで頼っていたワクチンの存在が、逆に病気の元になり、社会全体を巻き込む悪い存在だったということになるのですが、今までの信頼は、「ワクチン信仰」に過ぎなかったのでしょうか。

今日はそれらに関する教材を紹介しておくに留めます。



935606_491798410935278_1871584834_n.jpg


子宮頸がんワクチンの製薬会社、サーバリックスのホームページにも、副反応のことが掲載されています。
臨床結果として、重篤な有害事象発現率が4%!これって、恐ろしすぎませんか?

安全性:
臨床的に重要な症状の発現率は、サーバリックス群で40.0%(221/553例)、4価HPVワクチン群で34.7%(192/553例)であった。新たな慢性疾患および新たな自己免疫疾患の発症率は、サーバリックス群で3.6%および1.1%、4価HPVワクチン群で3.8%および1.8%であった。重篤な有害事象発現率は、サーバリックス群で4.2%、4価HPVワクチン群で4.0%であった。



ちょっと言葉は悪いかもしれませんが、そのまま掲載します。

情報リテラシ-: ワクチンの真実を知る一情報

「ワクチンが、世界中に蔓延していた伝染病を終息させた」と多くのクズ医療関係者は信じてますが、その根拠はありません。なぜなら、20世紀以前に猛威をふるっていた天然痘、はしかなどの伝染病の多くは、住環境や衛生環境の向上によって駆逐されたとする統計が出ているからです。ワクチン接種が世界的に実施される前に、その大流行はすでに終息していたのです。むしろ、天然痘、ジフテリア、はしかなどについては、ワクチンが感染を復活させ、拡大させたとする統計が出ています。そのグラフは勝手に探して下さい。ちゃんと見つかります。...

例えば、1950年代以降、アメリカにおいて根絶しつつあった小児麻痺は、ポリオワクチンによって、再び症例が増加しました。米・疾病管理センター(CDC)も近年になって、生ワクチンが小児麻痺の最も有力な原因になっていることを認めています。CDCの統計によると、1973年からの10年間の小児麻痺の全症例の87%はワクチンが原因でした。1980年からの10年間では、アメリカ国内の全ての小児麻痺はワクチンによって引き起こされています。

他に、ワクチンによる薬害の例として、1980年代後半から急速に増えた自閉症があります。自閉症は、原因不明の病気ですが、さまざまなワクチンに水銀系保存料(チメロサール)が添加される以前は非常に珍しい病気でした。実際多くのワクチンには、乳児にとって許容量の400倍を超える水銀が保存料として入っています。そして、水銀が人体、特に脳に非常に重大な損傷をもたらすことは、水俣病の例にもあるように科学的な事実です。

このように枚挙にいとまのないワクチンの危険性ですが、一部の医療関係者の間では100年以上も前から知られていました。1876年、ジェームズ・ウィルキンソン博士は、「ワクチン接種は、まさに狂気の沙汰と言うしかない。これは、純粋な殺人である。」と断言しています。また1899年には、アルフレッド・ワレス教授は、その著書『素晴らしい世紀』の中で、「ワクチンに効果があるというのは、幻想だ。それを法的に強制することは犯罪である。」と述べています。

1920 年に発行されたチャズ・ M ・ヒギンズ著の『ワクチンの恐怖』−大統領に宛てた陸軍・海軍内の強制ワクチン接種の廃止嘆願書−の中で、ニューヨーク市民の死亡診断書を15年間にわたり入念に調査し、天然痘の死亡者数よりも、天然痘ワクチン接種による死亡者数の方が毎年桁違いに多いことを発見しました。そして、一般市民や兵士に対するワクチン接種の法的強制をただちに廃止するよう政府によびかけています。また、このような統計を当時の 医療関係者がすべてよく知ったうえで、意図的に隠蔽し、一般市民に知らせないままワクチンの接種を続けている事実を非難しています。それは、現在でもまったく同じ状況です。
内海 聡さんの近況より

フィスブックに登録した人は見れます↓
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=554230831317892&set=a.106571449417168.11795.100001929411225&type=1&theater




今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:花のあと・・・
紫陽花に似ていますが、ノリウツギだそうです
by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


【特集】2013年仰天・おもしろ写真集


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています




posted by kuri-ma at 08:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 子宮頸がん ワクチン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする