さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年05月24日

自分が咲くべき季節を準備しよう?! 韓・人気教授のミリオン・セラー「つらいから青春だ」より


2011.05.08 和泉川 カントウヨメナ?


梅の花びらが散りおわると、
バラは五月に華麗に咲きほこる。
だが、バラが急いで
三月に咲こうとしたらどうなるだろう?




ソウル大学の人気教授キム・ナンドさんの「つらいから青春だ」。韓国では超ベストセラーになっているという本です。 こちら
ついに、手に取りました。学生向けに書かれていますが、全ての年代に通じる話です。
青春はかつてのものだ、という方にも、お子さんや、部下や、身近な若者に対する時に、参考になるのではないでしょうか。
いえ、自分自身にも、まだまだ人生これからと、思えてくるような力強いメッセージです。
今日はそのまま一部を抜粋して紹介します。




きみという花が咲く季節


 人生にかんして、わたしたちはひどい近視だ。すぐ目のまえしかみえない。だから、晩秋に美しい輝きをみせる菊にはなろうとせず、まだ他の花は芽吹く準備もしていない早春に香る、梅にばかりなろうとする。でも、「はやく」咲くというだけで、梅がこの世でいちばん美しい花なのか?いちばん立派な花なのか?

 そうじゃない。梅の花びらが散りおわると、バラは五月に華麗に咲きほこる。だが、バラが急いで三月に咲こうとしたらどうなるだろう?まだ夜露の冷たい季節に、咲き残るのも厳しいだろう。

 花はそれぞれ咲く季節が異なる。ツツジにはツツジの、椿には椿の咲くべき季節というのがある。花はそうやって満開になる時期をちゃんと知っているのに、なぜ、きみたちは同じように、早春に咲けないからとあせるのだろう。


 きみ、落ちこんでいるのか?友だちはみんな順調なのに、きみだけなにもせずにすごしているから?忘れるな。きみという花が咲く季節はちゃんとべつにある。まだそのときが訪れていないだけだ。きみは、いつかは花を咲かせる。少しくらい遅くても、きみの季節がくれば、どの花にもひけをとらないはなやかさをほこれるはずだ。だから、顔をあげるんだ。きみの季節を準備するんだ。



今日もいい一日を

よろしかったら、クリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村

写真は:カントウヨメナ?
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

kuri-maの参考記事
 韓・ソウル大の人気教授によるミリオンセラー「つらいから青春だ」?! 日本語版に寄せる著者のコメント紹介
新たにカテゴリーも分けました。



2012年03月31日

韓・ソウル大の人気教授によるミリオンセラー「つらいから青春だ」?! 日本語版に寄せる著者のコメント紹介


untitledつ.bmp


一、怠惰を楽しむな。
もしほんとは楽しんでいるなら、
つらいなどというな。

二、体を動かせ。
運動して、人に会って、やることをやれ。
酒を飲まずに、早く寝ろ。

三、それがなんであろうと、今日やれ。
いまやらないのなら、
それはきみがまだ怠惰を楽しんでいるという証拠。
駄々をこねるな。

四、(最後だ、よく聞け!)
どんなにひどい悲しみやスランプにあっても、
きみはあいかわらずきみだ。
ちょっとしわくちゃだからといって
一万ウォン札が千ウォン札になるか? 
自分をいじめるな、
どんなときでも、ぜっ・たい・に。


(本文より)



昨日NHKBSで取り上げていた書籍、私もまだ読んではいないのですが、これはと思い紹介することにします。
タイトルは「つらいから青春だ」。
著者キム・ナンド教授の日本語版に寄せるコラムも載せます。

韓国・ソウル大学で学生に「最高の先生」と絶賛される人気教授による記録的ベストセラー。韓国出版史上最速でミリオンセラーを達成し、累計170万部(2012年2月現在)を突破している。

大学で教鞭をとりながら多くの学生の悩みに接してきた著者が、誰しも経験する青春特有の苦しみを少しでも和らげ励まそうと書いた若者たちへのエール。
青春時代とは悩んであたりまえの時期、もっと悩んでいいのだと、自らも通過してきた道を振り返りながら、その季節の意味と今やるべきことを教えてくれる。
教育者として、人生の先輩として、親として、20代の若者たちや我が子に向けて書いたという、厳しさと愛情が詰まったアドバイスが並んでいる。
アマゾンの商品説明

若さはいつも、不安で、さびしい。青春とは痛くてあたりまえだ!一歩一歩、歩みをすすめる愚直な旅人になれ!ソウル大学で学生に「最高の先生」と絶賛されるキム・ナンド教授が贈る若者たちへのエール。
(「BOOK」データベースより)


では、以下が著者のコメントです。



キム・ナンド教授が日本語版に寄せたメッセージ


この本のタイトルは「つらいから青春だ」、韓国版のサブタイトルは「人生のまえにひとりぼっちで立っている若いきみへ」です。
そうなのです。おとなになるというのは、痛みをともなうことです。そして、この厳しい社会にひとりで立たなくてはなりません。若さはとは、つらく孤独なものなのです。

世のなかはますます孤独な方向へ向かっています。みんな自分のことで手一杯です。でも、アイロニカルだと思いませんか?
ケータイやインターネットといった便利なコミュニケーションツールが急速に発達していながら、実際は、会話や心のつながりが失われつつあるということが。
かつてはフェイスブックのようなツールはなかったかわりに「人」がいました。家族で会話し、友だちと会い、互いに気にかけあいながら、つらさもともにしたものです。
話を聞いてくれるだれかがいたのです。

未成年のころの人生は平穏です。ひょっとすると今より幸せだったかもしれません。でも、それはいってみれば水族館のなかの幸せです。
一定の照明、適度な温度、いっしょに生活する仲間や家族、時間になればでてくる食事……でも、その平穏の代価は厚いガラスの壁です。
自分では世のなかを経験したと思っていても、それはじつは頑丈なガラスの壁の内から眺めていたものだったのです。

もうおとなになったのです。ガラスの壁は壊され、水槽の外に投げだされた幼魚になったのです。もはや温水も、明るい照明も、準備された食事もありません。
なにより……ひとりです。水槽のなかでいっしょだった家族や仲間はもういません。そのつらさに、おとなたちは共感してくれません。みんな自分が若かったころとくらべるだけです。
やさしいひとことをかけるより、「自分のときは経済事情ももっとたいへんだった。でも、不屈の意志で乗り越えてここまできた」といいます。
「最近の若者はなぜ自分のことばかりで覇気がないのか」と叱るのです。

だから、若者は人生の悩みをだれにも話すことができず、胸の内にしまいこんでしまいます。いちばんつらいのは、つらいのに「つらい」といえないことです。
(中略)
わたしはいっぽう的に成功の秘訣などを教えたいとは思いません。競争での勝ちかたを、アンダーラインを引きながらおぼえろと押しつけるつもりもありません。
あたたかくオープンな先生でありたいのです。自分の問題を自分自身に語れるようにしてあげたいのです。そう、あなたの話が聞きたいのです。
読むだけなら結論にいたるだけですが、語りはじめると自分自身を癒すことができます。読む本ではなく、聞いてあげる本にしたかったというのは、そんな意味です。
だから、この本を通じて、あなたのことを話しはじめてください。わたしが、聞いています。
(「日本の若い読者のみなさんへ」より)


キム・ナンド
ソウル大学法学部と同行政大学院を卒業後、南カリフォルニア大学(USC)で博士号を取得、1997年からソウル大学生活科学学部・消費者学科の教授として在籍。
学生が直接評価する「ソウル大優秀講義」に選ばれ、大学が公式に授与する「ソウル大学教育賞」を受賞するなど、講義と学生指導への熱意が評価されている
(かれの講義はソウル大でもっともはやく聴講申しこみが締め切られることでも有名)。このほかに「韓国ギャラップ最優秀博士号論文指導功労賞」も受賞し、指導にも優れた教授であることが認められている。
ソウル市、京畿道(キョンギド)、保健福祉部、サムスン、LG、ロッテ建設、アモーレパシフィックなど、主要公共機関や企業で諮問や講演を行い、世のなかがどんな人材を求めているのか聞き、
大学やオンラインで、青春を生きる若者たちとコミュニケーションをはかりながら「どんな人生を切り拓いていくのか」アドバイスをしている。
主要日刊紙に「キム・ナンド教授のトレンドノート」を連載するなど、コラムニストとしても活躍している。


今日の内容はアマゾンの商品紹介からほとんどそのまま転載いたしました。こちら
トップの言葉はこちらから
つらいから青春だ(ディスカヴァー・トゥエンティワン) | Facebook

今日は、転載ばかりの手抜き記事ですが、また読みましたら、紹介したいと思います。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村