さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2014年04月01日

ロイヤル・ファミリーに一番必要なものとは?!  ★ウィリアム英王子夫妻、ジョージ王子の写真公開


2014.04.01 和泉川 シダレザクラ 花雲


美しい王子と王女の清らかな物語、
現実のロイヤル・ファミリーはどうでしょうか。

英王室の家系図を見てみると…


ウィリアム英王子夫妻、ジョージ王子の写真公開◇


英国のヘンリー王子、初めて交際相手と一緒に公の場に◇


【図解】英国王室の家系図◇


イギリス王室のニュースを集めました。
かわいいジョージ1世の写真を見れば、英王室も幸せいっぱいだなぁと思います。
ヘンリー王子も、もしかしたら結婚が近いのか、と囁かれています。

さて、英王室の家系図がありましたので見てみますと、りっぱな家系のはずですが、離再婚が多いですね。
ヘンリー王子が公式の場に伴ったという女性は、いとこのユージェニー王女の紹介で、家柄的にも申し分ないといいますが、お母さんは3度目の結婚だということです。

もしかして、一般に立派な家柄という家系ほど、男女問題は複雑なのかもしれません。

ウィリアム王子もヘンリー王子もまだお若いですから、両親や叔父・叔母にあたる方々のようになるとは言い切れませんが、そういう因子は十分すぎるほどあるので、頑張って、よい家庭をもってほしいと思うのです。



歴史は繰り返すといいますが、家系の癖はもっと確実なリフレインがあります。

つくづく似ているなぁと思うのは、時代を隔てた二人の皇太子の恋です。

もともと現在のエリザベス女王がなぜ即位することになったかというと、伯父であるエドワード8世が、皇太子の時からの「世紀の大恋愛」の後に、わずか1年で王位を捨ててしまったからです。このお相手、シンプソン夫人は、2度目の結婚中であり、つまり不倫関係の末、元王と3度目の結婚をしたのです。

そして1代置いて、エリザベス2世の長男であるチャールズ皇太子は、御存知の通り、不倫の末、カミラ夫人と結婚しています。
そっくりなことが、隔世で起こっています。

実はこれを遡って、エリザベス1世の時代にも同じようなことがありました。

厳密にはエリザベス誕生前の話ですが、女王の父である、ヘンリー8世という人が、自らがすでに結婚して王女もいるにもかかわらず、王妃の侍女と結婚したいがために、カトリックから独立し英国国教会を作ってしまいました。

エドワード8世の時にも、王室、政府、世論からの反対で、彼は退位しました。
チャールズ皇太子も、もしもお許しが出なければ、王位継承権を捨てたかもしれませんが、時代の流れもあり、エリザベス2世も結局は結婚を許しています。

そして、この二人を遡ること、5、600年前に、ヘンリー8世という人も、結婚を反対されるような不倫事件を起こしていたということになります。
そして、生まれたのが後のエリザベス1世です。

ちなみにこのヘンリー8世は、そこで止まらないとんでもない人で、生涯に6度の結婚をします。離婚2回、死別1回、エリザベス1世の母も含め2人を処刑し、次の妻を迎えているという恐ろしさです。
6度の結婚をし、それらの女性を不幸にしたなら、6代にわたって子孫がそれを負っても、その恨みは晴らせるものではありません。

彼は、エリザベス1世という素晴らしい女王を生み出すと同時に、英王室に綿々と続く、元凶を作ったともいえますね。

日本の天皇、将軍や大名たちは、側室を持っていた歴史がありますが、ヨーロッパは不倫や略奪婚の歴史なんでしょうか。どちらも理想的とはいえませんが…。

ヘンリー8世は6度の結婚をするものの、子どもは3人だけでした。彼の死後、3人目の妻から生まれたエドワード6世が9歳で即位しますが、病弱であり、15歳で亡くなっています。(「幸福の王子」のモデルともいわれる人物です。)

離再婚、不倫などの男女問題が起こると、継承すべき男児がしっかり立てません。
不運を背負うことになります。病弱だったり、早世だったり、よい結婚もできませんし、またよい後継を産めません。
そして健康で優秀な人が生まれた場合は、女性関係にだらしなくなり、男女問題続き、ということになります。

生まれつき、王家の高貴な血を受け継ぐと同時に、複雑な男女問題の因子もしっかり受け継ぐことになってしまいます。

父母の不倫ゆえに生まれたエリザベス1世、伯父が不倫ゆえに王位を捨てなければ、即位することもなかったエリザベス2世。
二人とも素晴らしい女王であり、優秀な人であると思います。

しかし、家族の淪落を防ぐことはできず、そのようなDNAが英国王家にも、脈々と繋がってしまったのです。

お伽話のような美しい王子と王女の清らかな物語は、現実のロイヤル・ファミリーにはないのでしょうか。

これは、イギリス王室だけではなく、どんな名のない家系であっても、同じようなことがいえます。
男女問題のない家系はないわけですから。

ただし、今からでも、夫婦仲よくして、さらに富や才能を独り占めせず、人のために役立てていけば、子どもや孫に、悪い影響を受けることを防ぐことができます。

徳を立てるそんな生き方は、高貴な人たちも、平民にも同様に大切なことです。

彼らは、慈善活動など立派なことをいっぱいしますが、もちろんそれは素晴らしいことです。
しかし、さらに本当に必要なものは、家庭の幸せです。そのためには、不倫や離婚など、ないほうがいいのです。

喩えていうならば、慈善活動は、徳となり、その家系を輝かせますが、一度の不倫は、猛毒となって、一族を代々むしばんでいくのです。

愛し合う家庭を築いてほしい、と心から思います。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:シダレザクラ 花雲
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


2013年07月24日

英国のロイヤル・ベイビー誕生!! ★英国王室の家系図?!


レースフラワー♪


英王子夫妻、長男を初披露 家族そろって帰宅
写真26枚◇


【図解】英国王室の家系図◇


ロイヤル・ベイビー誕生のニュースが世界を駆け巡りましたね。
おめでとうございます。

英国王室の家系図も載っていましたので、そのニュース記事も附けました。
ついでに、ウィリアム王子の結婚前の家系図なのでちょっと古いですが、英王室の家系の様子がよくわかる画像を見つけましたので、載せておきます。

tree.jpg
こちらから大きな画像が見られます


実は、この英国王室は、家系図的には、家柄・格は最上級なのですが、問題も破格に大きかったりするのが心配の家系です。

心配の一つをあげると、離再婚が多く複雑だという心配な要因がありますが、エリザベス女王は、ご夫婦仲もよく、立派な女王であるという評価も高いですから、すべてが問題ではないでしょう。
ウィリアム王子は、ダイアナ元妃が、一番幸せな頃、十分に愛された幼少期だったと思われますし、王家に流れるプラス面を発揮していけると期待したいです。

キャサリン妃との関係を、睦まじく保っていく限り、マイナス面は回避されると見ることもできます。
幸せをお祈りしています。

(これ以降はスルーしてくださって結構です。)

余談ですが、このAFPニュース、先月頃から、ブログの記事一つに、一回しかトラックバックができなくなりました。
つまり、このように複数のニュースを掲載しても、1つだけしかできません。
それで、最近は、ニュースに関係のない内容の記事であっても、一日に一つニュースを選んで掲載するスタイルに変えています。

今日はブログのアップが遅くなりましたので、ほとんどこのニュース掲載だけの記事で失礼します。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:レースフラワー♪
by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら


2013年07月18日

私たちの平成以後の運勢は?! 私と日本の未来、そして皇室、悠仁さまとの関係とは。。。!! 


つかの間の・・・




今ロイヤルベイビー・ブームに沸く、イギリスの王室と、とかく比較される日本の皇室。

このインターネットの時代となっても、私たちは、ベールにくるまれたままの皇室の姿しか知りません。公式行事での姿、マスコミに許された範囲の報道でしか、知り得ないのです。

しかし、それでもいいのではないかと思います。
昔ならどんなに近くても御簾を通してしか、その姿を見ることは叶わなかった皇室の様子を、時々、映像でも見ることができるのですから。

また、イギリス皇室のような憶測記事やゴシップまみれの情報は、むしろほしくないですし。

日本の皇室に関しては、マスコミはとてもお行儀がいいですね。新聞社やテレビ局などの取り上げ方を見ても、畏れ多いというのか、敬意を払っているように見えます。

AFPのニュースに、「悠仁さまと日本の皇室の未来」という記事が掲載されていました。

 制度としきたりに囲まれた日々を送る日本の皇族がまれに公の場に姿を見せる機会は慎重に演出され、それを記録するのは許可を得たメディアだけで、用意されたシャッターチャンスの間にいそいそと皇族の笑顔を撮影した後、カメラはしまわれる。

AFPで扱う皇室関連のニュースは、どれも見るだけで、他の記事のようにブログに貼ることはできなくなっています。フェイスブックの「いいね!」のバナーもありません。
他の国の王室や公室については、フリーなのに、日本皇室は厳しいんですね。このニュースも期間が経つと削除されるのではないかと思いますので、一部を紹介したいと思います。

オープンで時にスキャンダラスな、英国の王室と比較しながら、書かれています。

 秋篠宮ご夫妻の長男悠仁さまは、世界でも有数の古い歴史を持つ日本の皇室にこの40年間で唯一誕生した男子だ。

 元宮内庁職員で皇室ジャーナリストの山下晋司氏は、同年代の少年たちと違い「悠仁親王殿下が携帯でゲームするのかということになると、私のイメージでは今はしていないだろう。ただ、拝察するにのびのびと生活しているようにはみえる」と語る。

 広大な皇居での生活は制約が多く、儀式があまたあり、固く閉じられた宮中の外側からは、おぼろげにしかうかがい知れない。酔ったヘンリー王子のはしゃぎぶりやウィリアム王子の庶民的な雰囲気、環境保護運動にいそしむチャールズ皇太子のような姿はそこにはない。

 皇室が近代化した面もある。悠仁さまは皇族として初めて学習院以外の小学校に入学し、長女眞子さまは文化的多様性とリベラルな校風で知られるキリスト教系の大学に通う。また次女佳子さまは高校時代、5人組ダンスグループの1員だった。

 しかしこうした変化も内部から起こるものではないと、山下氏はいう。「皇室というのは率先して自分たちが変わっていくという存在ではない。国民に合わせていくというか、国の動性、国民の価値観、そういうものを見ながら少しづつ変わっていくところがある」

 06年9月の悠仁さまの誕生まで、伝統を重んじる人々は皇室の未来に懸念を抱いていた。皇太子さまのご夫妻には男子がいないことから、皇太子さまの長女愛子さまが皇位を継承できるような皇室典範の改定を政府が検討もした。しかし、その議論は悠仁さまの誕生で大方消えた。皇位継承権は皇太子さま、秋篠宮さま、悠仁さまの順となっている。

 皇室典範の改定は英国に置き換えれば、今月誕生するウィリアム王子夫妻の子どもが男女どちらでも王位に就くことを意味する。しかし多くの伝統派同様、山下氏はそうした変化は日本では不可能だと考えている。愛子さまが天皇になったとすれば、「愛子内親王殿下のお子さんというのは女系の、要するにお母さまが天皇とつながる家系。当然お父さんのほうは一般の家庭だ。今まで分かっている千数百年の間、そういう天皇というのは1人もいない」

 この議論は、男女同権とは関係がない、別の領域のものだという山下氏はいう。「日本の天皇というのはそういうふうなものだ」

(c)AFP/Harumi OZAWA

ずっと昔には、女性の天皇が立つことはありました。しかし、それは兄妹結婚のあった太古のことで、夫である前天皇の崩御など、女帝は橋渡し的存在であり、その後は、子息などがしっかり後を継いでいます。

いずれにしても、千数百年の皇室の歴史の中で、ずっと直系を立て続けてきたという伝統を、この平成の世になって、途絶えさせることにならなかったのは、すごい僥倖(奇跡)ではないかと思います。
この歴史ある皇室をずっと守ってきた、日本ってすごい!と思うのです。

私たちの先祖も、代々、天皇をあがめ、心の拠りどころともしてきたのでしょう。
一緒にそういう伝統を作ってきたのです。

家系の観点だと、女系になり、婿を取らなければならなくなると、家運が下がっていると見ることができます。現代は少子化で、女の子だけという家も少なくありません。
徳積みをしないと、家が絶え、亡くなっても、祀ってくれる子孫もいない状態になってしまいます。

しかし、徳積みをしていく、つまり、社会に貢献していくならば、そして仲良く暮らしていくならば、希望はあります。

ずっと運勢が下がり気味だった日本が、運勢を盛り返していくのも、同じことです。
いかに世界に貢献できる国になるか、です。自国の利益、目先の欲のためにだけ動くのは、運勢を落とすことになります。

日本人の貯蓄高は世界一とも言われています。自分のため、家族のためだけに大事にとっておこうとしたら、経済も活性化せず、相続税も多くかかります。
生きたお金として使うことで、子孫のためのよい運勢を作ってあげることができます。

日本が上向きになるかどうかは、私たち一人ひとりにかかっていると思うのです。

戦後の豊かな生活を謳歌している私たちは(バブル以後、不景気になったとはいえ、戦後の悲惨な状態とは雲泥の差です)、それを当たり前だと錯覚することがあります。

戦後大逆転した、日本の運勢を自分たちの代で食べつくしてはいけないのではないでしょうか。

さて、日本に天皇がいてくださるのは、ある意味とても、ありがたいことです。
麗しい皇子が、すくすくと成長されている姿を見ることも、私たちの、力になります。大切なものがある、ということは、当たり前ではなく、有り難いものだと思うのです。

皇室というのは日本の運勢を象徴し、日本という国の運勢の良し悪しで、私たちの運勢までも左右されます。
皇室が大きな運勢の波の矢表に立ってくれているのです。

実際に悠仁さまが皇位に就かれるのは、2代先ですが、その頃はどんな時代になっていることか。私がその姿を見られるかどうかは、皇太子さまより長生きできるかどうかにかかっているわけですが…。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:つかの間の・・・
by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

〔盗難に遭ったピカソらの名作7点、容疑者の母親が「焼却」〕
なんということでしょう!
自分の息子の保身を考えて、
世界の財産を焼いてしまう!
こういう姑息なことは、運勢を下げマス、当然。
何をもって払うのでしょうか。
八百屋お七を思わせる愚かさです。



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら