さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年11月13日

ファーストキスの相手と結ばれる幸せ?! 米女性の強姦被害は5人に1人?! etc. 《性愛とニュース》


夜の噴水。


わたしは
一番最初にキスをした相手と結婚したの。
そう言ったら、
子供たちはもどしそうになってたわ。


バーバラ・ピアーズ・ブッシュ









バーバラ・ブッシュとは、ジョージ・H・Wブッシュ(父ブッシュ)夫人ですね。ファースト・レディーでありながら、飾らない家庭人であったようです。その発言は、飾らないを越えてひんしゅくと捉えられることも多々あったようですが、彼女流の発言のひとつなのでしょう。

彼女の時代からすれば、ファースト・キスの相手と結婚する、というのは不思議なことではなかったかもしれません。しかし、子ども、そして孫の時代となって、現状はと言えば、そんなことは考えられないというような米の男女模様のようです。

今日は、乱交パーティー、レイプなどのニュースを紹介しながら、特に青少年の性愛について、今一度考えてみたいと思います。

バイアグラとドラッグの服用で男性が死亡したということ。奥さんのコメントは、その事実を知っていたのか?と疑問に思うような、愛情のこもった(?)コメントです。
「誰からも好かれる人だった」ということですが、乱交パーティーに参加するのは初めてだったのでしょうか・・・。そういうことは、夫婦間には問題のない事柄だったのか、ただ単にこのニュースで述べられていないだけなのか・・・。

米国における性は乱れに乱れているといっていいでしょう。
バーバラ・ブッシュの頃の慎ましい男女関係はもうありません。

三つ目のニュースは昨年のものですが、それによると、5人に1人がレイプあるいはレイプ未遂経験者、という信じられないような調査結果が出ています。

レイプの相手は、異常な性犯罪者というよりは、パートナーや知人などの近い関係の人たちがほとんどだとのこと。DVにつながるようなケースもあるでしょう。
米司法省が発表した被害者数(19万弱)と、この調査での結果(130万人)が桁違いなのは、こういう訴えにくい家庭内や交際関係の中で起こっているからでしょう。

また、男性についても、5%に当たる人がレイプを受けており、その大半は10歳未満だということです。

幼少期からの、近親相姦をなどの性的虐待がとても多い、ということは以前から聞いています。
男児が被害に合う、ということは、少年愛(同性愛)の被害者となるということでしょう。
男女共に、そういう病気やトラウマになるようなことを抱えながら成長する人が、非常に多いんですね。
そのような人は、性依存症となったり、DVの加害者となっていくことも十分考えられますね。

現代は、性交渉が低年齢化、また相手も複数となることが多くなってきました。

子宮頸がんワクチンの問題でも述べていますが、低年齢での初交、不特定多数の相手との関係となればなるほど、これらの性疾患は増えざるを得ません。
危険で、効果がしっかり認められてもいないワクチンが推奨されていますが、それよりも何よりも、子どもの性の乱れを阻止するのが何よりの予防となります。

日本もアメリカの後を追っている状況ではありますが、本当に、バーバラ・ブッシュのような話は奇特になってきたのでしょうか?
そうなれれば幸せだけど、現実は教えるべき親も貞操という言葉には無縁になってしまっていないでしょうか?

よく考えて見れば、誰もがファーストキスの相手とだけ結ばれて幸せに暮らしていれば、このようなことは起こらないでしょう。
複数の人と関係を持てば持つほど、人は、この人より自分に合っている人がいるんじゃないだろうか、と探すのだといいます。

処女を失ってから、血統書付きの素晴らしい男性にめぐり逢っても、手遅れです。
というより、実は、私にとってのバージンが、相手の血統書の証明になることを、知らないということが多いですね。これは女性だけでなく男性の場合もそうです。

レイプ未遂まで含めれば、5人に1人という米国の現状は、かなり病的ですが、それでも、それを食い止めることは可能なことでしょう。

家庭で、両親が愛し合っている姿を見せていくこと、また子どもたちに十分愛情を注いで、あなたが大切な存在であるということを伝えていきたいですね。
しかし、溺愛になることなく、我慢することも教えていきたいと思うのです。

幸せな家庭を増殖していくしか、方法はありません。つまり愛情をもつということ。しかし、性愛は一定のパートナーだけにするということ。
愛情は溢れるほど、しかし性愛は、垂れ流しにしてはいけない、ということです。

そのためには、私たち大人の社会での無節制、めちゃくちゃな状況は反面教師にとどめ、もっと、よい見本である、良識のある大人、良識のある家庭の姿を見せていきたいと思うのです。
できるはずです。
今からでも、遅すぎることはありません。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:夜の噴水。
by (C)芥川千景(貼り逃げ御免)さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


posted by kuri-ma at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月19日

落下子どもを見事ダイビング・キャッチ?! 3階・10階・8階より


奇跡?!8階から落下の赤ちゃんをキャッチ!この瞬間も守り続けている親の手
10階から転落女児をダイビング・キャッチ、その時親は・・・?!
2つの記事を再編集し、新しいニュースを加えました


kure-omen.


人生にとって幸福な音が三つある。
一、夫が家にいて、
静かに本を読んでページをめくる音
二、その傍らに妻がいて、
何かを作っている音
三、その夫婦の側で、
子供が元気に遊び戯れている音


西洋のことわざ









どうして、このようなことが…!

今回の動画を付けた3階から落下した少女は自閉症のようです。室外機かなんかの上で踊っていて、落ちる瞬間も笑顔だったとか。受け止めた男性は腕を骨折したということですが、女の子には何の怪我もありませんでした。

また、昨年の中国のニュースは、10階から2歳の女の子を、通りがかりの赤ちゃんをもつという女性がダイビングキャッチしました。やはり、女性は腕を骨折しましたが、重態だった女児は無事回復したかどうか…。

そして、一昨年のニュースはパリで8階のバルコニーから、1歳8ヵ月の男児が落下したというものです。
その時の私の記事を編集し、掲載します。


どうして、このようなことが…!
子どもが住むには、危険そうなバルコニーです。
ベランダというものがなく、いきなり柵があるだけ。(あるいは狭い部分があるのかもしれませんが。)

両親は不在だったようで、警察に身柄を拘束されたとのこと。

奇跡に奇跡が重なって、この小さな男の子(1歳6ヵ月)は助かりました。

あんなところに子どもが、と見つけて「助けなければ」と思った通行人の医師がキャッチしたのですが、ダイレクトではなく、一階のカフェの日よけでバウンドしたということ。
記事の写真にある赤い日よけのことでしょう。
事故当日は休業日だったにも関わらず、なぜか(日よけを畳む装置の故障で?)男の子の体を支えました。

確かに奇跡でしょう。
奇跡はどうして起こるのか、本当に偶然のように見えることが重なって、奇跡となるのです。
単なる偶然では済まされないことが、実際に起こります。


そもそも、最初の疑問に戻ります。どうして、こんなことが起こったのかということです。

1歳6ヵ月といえば、まだ赤ちゃんのようなものです。よちよち歩きを始めた頃か、とにかく目が離せない時期です。

3、4歳の子どもでも判断力がなく、道路を急に飛び出したり、考えられない行動をします。しかし、1、2歳の怖いところは、本人自体が怖いもの知らずだということです。高いバルコニーの柵にぶらさがるなど、考えられないことですが、行ける所までいってしまうのです。

そういう子どもには、目を離さず愛情を持った大人が側にいるのが普通です。

彼らにとって、8階の高さの窓も、パパの抱き上げてくれる高さも、変わりはありません。落ちそうになっても必ず受け止めてくれる逞しい腕があると、どこかで信じているのでしょうか。
今回は、心ある男性の腕に受け止められて、本当によかったですが。

この子は、またいくらでも、柵をよじ登ろうとするはずです。懲りることを知らないのですから。
その時、支えられる腕があるかということよりも、そこに行くまでに止めてあげる優しい腕が必要なのではないか、と思います。

私は、てっきり八階の窓から、肝をつぶした親が胸を撫で下ろしただろうと思ったのに、どうも不在だったらしいことに驚きました。

この男の子は、バルコニーから落ちる前にすでに、とんでもない危険からいくつも守られていたんではないかと思いました。

私もかなり、子供は伸び伸び育てていて、放りっぱなしの方ですが、一歳の子を、そのままにしてはおけませんし、そもそも子どもが放れません。
例えば昼寝中だったから出掛けたのか、それくらいしか考えられませんが、事情はわからないのでこれに留めます。

本来、子どもにとっての親は、危険なものを事前に排除し、また何かの時には守ってあげる、偉大な存在です。
子どもたちは、そんな親の手によって、奇跡的に守られているのです。
私たちも、今生きているのは、無鉄砲な時期も守っていてくれた親や、親に代わる大人がいてくれたからだなぁと感じてしまいました。

ある面、奇跡はこの瞬間瞬間に、私たちの身の上に起き続けていると思うのです。


なお、奇跡となったのは、キャッチした人たちがいたからです。心から敬意を払いたいです。
彼らは、いちように落ちそうな子どもを見た途端、助けなければならないと決意しています。なかなかできない行為ですが、こんなとき、後先を考えている余裕はないでしょう。
子どもたちのイザという時、何をおいても助けたい、何をおいても子どもを守る、というものがあってこそ、子どもは生きて行けるんですね。

子どもたちというのは、大体は親や保護者が守るものですが、こういう瞬間に助けてくれる人がいたということは、すごいことです。
運がよい、運勢がつよいといえますね。

子どもたちというものは、本来こういう風に、温かい大人に見守られていくべきものなんですね。

また、追々こんなお話も。

今日もいい一日を

よろしかったら、クリックを!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:kure-omen.(花はクレオメ)
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



posted by kuri-ma at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月26日

Boys, be ambitious?! 13歳の天才シェフ等【少年たちのニュース】1


弾けるぞ!!


少年よ、大志を抱け
Boys, be ambitious

ウィリアム・スミス・クラーク







強壮な青春は
驚くべき弾性力を楽しむのだ。
弦を引きしぼればしぼるほど、
生命の矢は遠くに飛ぶ。


ロマン・ロラン



少年(少女)たちのパワーというのは、好きなものに向かったときに、とてつもなく働くものですね。
いやいや勉強することはなかなか身につかないけれど、自分がやりたいと思い、目標を持って臨むと、数倍もの効果を発揮できるということです。
よく適性とか、才能とかいいますが、本人のやる気がもっとも左右されるのが、少年少女期ではないでしょうか。

「1対1.6対1.6の2乗の法則」によれば、いやいや言われてやる時の効果が1とすれば、本人が納得してやれば、1.6倍の効果があり、やる気をもって積極的に取り組めば、1.6の2乗つまり2.6倍になるということです。
そこに、その子の適性や才能、そして良き指導者など、協力者の存在があれば、どんなとてつもない結果を出せるでしょうか。

上にアメリカの13歳の天才シェフのニュースを添付しましたが、彼などはそういうことが言えるでしょうね。
この若さで、有名レストランを任されるほどの才能で、引く手あまただということです。

一芸に秀でるということは、すべてに通じることではありますが、あんまり早くに認められ、もてはやされてしまうと、その後はどうなのかなという心配はありますね。老婆心ながら。

少年のようなバネや羽はなかったとしても、青年のような体力もなかったとしても、Be ambitious!大志を抱くのはいくつになっても許されるのではないでしょうか。そして、それを実行する勇気と気力の方が大切かもしれませんね。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:弾けるぞ!! アガパンサス
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



posted by kuri-ma at 10:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする