さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年06月14日

温厚な人格が豹変、人の顔も食いちぎるドラッグの幻覚?!


ザ・バトル。


言葉のいらぬ世界が仏の世界、
言葉の必要なのが人間界、
言葉の通用しないのが地獄。


曽我量深











先日、人の顔を喰いちぎっていたとして射殺された男性は、「バスソルト」という合成ドラッグの影響下にあったといいます。
そして、常時のその男性は温厚で、そのような奇怪な事件を起こすような人物ではなかった、ということです。
別の人格になれる、ということで何か服用したい気持ちがあったのかもしれませんが。

この事件だけでも、ドラッグの恐ろしさはわかりますね。
彼はまっとうに生きれたはずのその後の人生を棒に振ってしまい、猟奇的事件の犯人として一生を終えることになってしまったのです。

これは、この「バスソルト」というドラッグが最悪で、もっといい気分になれるものもあるという話ではありません。もっと安全なドラッグならいいと。

マリファナをやる人たちは、マリファナは健康にもいい、とか、タバコよりも全く害がない、などと豪語しますが、それはすでにマリファナに呑まれているからでしょう。それぞれの次元で依存症になっているのだと思うのです。
マリファナであっても、お酒に酔った人がそうであるように、しらふとは違うのは確かなようです。ほろ酔いから泥酔まで、時々たしなむ(?)程度からナシでは暮らせない中毒症状まで、いろいろあるにしても。
そして、マリファナは大概のドラッグの、入り口になるということです。

そして、個人差があるようですね。
最近の研究では、依存症になりやすい、ドラッグに弱い遺伝的要素というものがあると分かってきたということです。(上記ニュース参照)
ドラッグの効き方にも、違いがあるのではないでしょうか。

タバコを吸っている人が全員肺がんになるわけではないように、健康の害し方も人それぞれです。赤ちゃんの突然死は、タバコが濃厚な原因の一つではないかと言われていますね。
一瞬でも、人によっては、大きな影響を与えかねない、ということです。弱い人は一度で中毒になり、抜けられません。

スティーブ・ジョブズも過去、ドラッグを常習していました。若い頃のことです。
最初は親に隠れて大麻から入りました。そして、他の多くの人たちがそうだったように、様々なドラッグを常用したようです。LSDは彼のお気に入りでした。
「LSDを経験したことのない人に僕を理解することなんてできないんだ」という言葉までありますね。

麻薬によって、素晴らしい天国を見ることができるといいます。自分は最高の人間だ、と思い、素晴らしいアイデアが浮かんだりするのだそうです。それが本当に素晴らしいかは、確かではありませんが。

LSDをやったからといって、ジョブズのような業績を立てる人になれるわけではありません。現にいつも彼は大きな爆弾のようなものを抱えた人でしたが、結局は俗にいう早死にをしてしまいました。
尾崎豊というひとも、素晴らしいアーティストでしたが、26歳という若さで亡くなりました。
彼らの死と、ドラッグが直接関係がなかったとしても、健康に影響があったことは確かでしょう。

精神や人間性にも影響があるのではないかと思うのですが、淋しい人がドラッグに走るので、結局はドラッグをやめるためにも、その後の生活のためにも、家庭の愛情というものは、大きいなと思うのです。
愛のかわりにドラッグに手が出るのです。そして、自分の努力ではなく即席で、自分は最高だという気分を得ようとします。天国を味わっているつもりなのですが、現実は違います。

ドラッグ地獄というのがあるのです。
地獄というのは、落ち込んだら自分で抜け出ることはできません。本人の思いだけでなく、家族の愛の力というものがなければ、どうしようもありません。そして、一瞬で天国に引き上げられるということはありません。体をもって贖う、というのでしょうか、病気のリハビリのように、体の苦痛を伴うものです。

落ち込むときには一瞬なのに、そこから逃れるのは至難のわざであり、ようやく戻ったとしても、その後遺症が残るということです。
ドラッグに関わることは、天国を味わう代わりに、地獄に落ちると考えたほうがいいと思うのです。ドラッグ=地獄行きと覚えておきましょう。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:ザ・バトル。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



2012年05月27日

既婚男性が外で食べるものは?! 家庭の健康メニューVSジャンクフード


131058934_v1337930131おにぎり♪ヨマ.jpg


「わざわいは口より出でて、
病は口より入る」
口の出し入れ 常に慎むべし。


貝原益軒









既婚男性が、外でジャンクフードを食べるのは、ある意味仕方がないでしょう。
独身男性であれば、家庭の料理を食べる機会もないのだとしたら、一食でも家庭の健康料理を食べているとしたら、まだマシともいえます。

ジャンクフードというのは、完全に人を病みつきにしますね。癖になっているから、食べたくなるのです。
スローフードは、体にいいのに、一度体に悪いジャンクフードが癖になってしまうと、そっちが食べたくなるんですね。タバコやお酒をなかなかやめられないのと同じです。

スローフードの良さはジワジワしか効いてきませんが、悪いものは、早く癖になりますね。

ただし、ニュースに書かれていますが、「七面鳥のひき肉を使った味気ないメニューが5日間も続けば、男性の中には満腹感を求めて食べ放題の店へと向かう人もいる」これも事実です。

家庭での料理のおいしさというものも、大きいですね。必ずしも奥さんが準備しない時代なのでしょうが、健康的でおいしい料理が、より家庭を居心地よくさせることでしょう。
料理の腕、また工夫というものもありますし、愛情をこめたものかどうかということもあると思います。

そして、その家庭の愛情料理が病みつきになってきたら、体に悪いジャンクフードこそ、飽き飽きと感じるはずです。

家庭の中にまで、しっかりジャンクフードが侵食してしまっていることも問題ですね。
それは主婦の手抜きと愛情不足だからと、我が身を見て思いますが…いかがでしょうか。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:おにぎり♪
http://photozou.jp/photo/show/483495/131058934
by (C)ヨマさん
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

  冒頭の言葉
人々は日々に飲食せざることなし。常に慎みて欲を越えざれば、過ごしやすくして病を生ぜず。古人、わざわいは口より出でて、病は口より入ると言えり。口の出し入れ常に慎むべし。(貝原益軒)
(意味)人は毎日飲食しないことはない。
    常に慎んで欲を越えなければ、過ごしやすく病気にもならない。
    古人が「わざわいは口より出でて、病は口より入る」と言われた。
    口の出し入れ(言葉と食事)は 常に慎むべきだ。

  

2012年04月22日

救出の2歳女児チョコで飢え凌いでいた?!etc.チョコのパワーの秘密




お母さんが亡くなり一緒に5日間過ごしていた2歳の少女が救助されました。脱水症状をおこし衰弱していたものの、血糖値は正常でした。その間、イースターのチョコを食べていたのでは、ということです。

以前、母親などが急死して子どもなどが亡くなった立川の事件を考えれば、2歳の子が無事でよかったです。  なぜ?!相次ぐ立川の「孤独死」事件に思う

NHKEテレの番組でチョコレートの歴史などを語っていました。

チョコの元となるカカオ豆は、中米の原産ですが、採れる場所が限られ、大変希少価値があったそうです。
メソポタミアの文明、エジプトと同時期にやはりピラミッドを建てたり、同じような文明が違う場所で起こるのはとても不思議な気がしますね。その頃からすでにチョコはあったようです。

中米ではそのような最古の頃から、カカオは貴重なものでした。
「王様の食するもの」とされ、一般には口に入れられなかったようです。
また、カカオ豆が固くしっかりしていることから、お金として使われた時期もありました。

チョコの神さまというのがいるそうです。
カカオ、チョコは信仰の対象ともなり、祭事にも欠かせないものでしたし、その健康効果、薬効というものも強く信じられ、いろんなものと混ぜ、薬として飲まれたそうです。

今のような甘いチョコレートとなったのは中米に砂糖が伝わるようになってからといいます。おそらくシルクロードを通じてでしょうか。

下にニュース記事も載せましたが、いろんな研究でチョコの健康効果も確認されていますね。大量に取らなければ、逆にダイエット効果もあるようです。
確かにチョコは元気をくれます。

余談ですが、私は妊娠中、コーヒーとチョコレートが食べたくなくなるという経験をしました。それも、男の子の時だけに。とても不思議なことです。
最近妊娠している知り合いも、同じ経験をしたら、やはり男の子だとわかったようです。
だからか、男の子を妊娠した時は、よりストレスが大きいんですよね。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村