さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2013年12月28日

何を食べているのか? 父から子に伝わってしまう?!  ★父親の食生活は子の健康に影響 研究 ★沖縄の長寿の秘密、「ゲットウ」


見張り。


父親は何を口にするか、
何を喫煙するか、
何を飲むかについて考え、
自分が来るべき世代の親であることを
忘れないでおく必要がある



高脂肪のファスト・フードの食事を摂っていたり、肥満などの父親から生まれた子どもは、先天異常などの発生率が高くなる危険があるとのこと。

この研究ではまだマウスでの実験の段階ですが、30%近くの発生率という驚きの結果だったということです。

そして出てくるのが、この研究をした代表者の言葉です。

「父親は何を口にするか、何を喫煙するか、何を飲むかについて考え、自分が来るべき世代の親であることを忘れないでおく必要があると、われわれの研究は示唆している」


沖縄の長寿の秘密「ゲットウ」についての記事も、添付しました。

伝統的な、食生活の中に、私たちが健康に生きるためのヒントがたくさんあるのでしょう。

ファスト・フードは私たちの幸せな健康生活を脅かす、実はかなり恐ろしくしたたかな存在であると思います。

父親の食生活は子の健康に影響 研究


沖縄の長寿の秘密、「ゲットウ」



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:見張り。
by (C)芥川千景(漂流中)さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています

2013年10月18日

夜は定刻にベッドに、「寝る子は育つ」?! 《よい睡眠のすすめ4》  ★不規則な就寝時刻が子どもの行動障害の原因に、英研究


そろそろ・・・


私の子どもの頃は、8時に寝なさい、と言われていました。
お陰さまで、よく育ったでしょうか(笑)。

不規則な就寝時刻が子どもの行動障害の原因に、英研究◇


上のニュースの研究結果というのは、

不規則な就寝時刻は、体内時計を混乱させ、睡眠不足を招き、脳の発達と一部の行動を制御する能力を低下させ、結果、子どもに問題行動を起させるのだといいます。
いわば「時差ボケ」のような状態が続くのだそう。

特に幼少時の規則的な睡眠は、大切なようです。

今、うちの子供たちは、9時を目安に就寝準備に入らせたいと思っています。なかなかその通りにはなりませんが、きっちりしてあげた方が、朝からすっきりしたスタートになるし、いい循環になると感じます。

子どもを規則正しい生活にしてあげるには、当然、大人がそうでなければなりませんね。私自身が乱れているときには、子どもも締まらなくなります。

学校に行ってくれているので、その期間は、ある程度は規則正しくするのは楽ですが、休みの日、連休や、長期休暇の時は特に大変です。

就寝時間の目標と共に、起床時間も決めていくのがいいですね。
親として、してあげられることの中でも、特に大切なことと、もう一度考えていきたいです。

食事の時の団欒が大切だという研究結果もありますが、睡眠と食事、規則正しい生活、そしてそこに流れる会話と温かい安心感…。家庭の存在というのは、生活の中で、着実に子どもたちを作っているんですね。




今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:そろそろ・・・
by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

kuri-maの《よい睡眠のすすめ》シリーズ
 ・寝る子は育つ?!シエスタ奨励、ハンモックの効用《よい睡眠のすすめ3》
 ・よい睡眠の勧め?!〜記憶定着には「すぐ睡眠」が効果的、独研究〜《よい睡眠のすすめ2》
 ・しっかり眠れてますか?!1時間半の昼寝は1晩分の効果…《よい睡眠のすすめ1》



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


2013年05月01日

マイナス思考になる絶対NGな食べ方?! 即席麺1千億食突破!! 花粉症対策にも!


175195166_624_v1367208110.jpg


ほかの人々は食わんがために生き、
己自身は生きんがために食う。


ソクラテス







世界で即席麺が1000億食を突破したとのこと。*
うちもよく利用しています。(我が家の貢献率はどれくらいだろう?)

「ネガティブ思考女子になってしまう絶対NGな食べ方」、すなわち「運気を下げる食べ方」が3つあげられています。
1 インスタント、コンビニ、ファーストフードでサクッとご飯
2 お腹いっぱいは肥満だけでなく心までおブスに
3 「これを食べたら太っちゃう」罪悪感は百害あって一利なし


また、花粉症を悪化させる食べ物の中にも、インスタント食品、ファーストフード、ハム・ソーセージ類、お酒(アルコール)、スナック菓子などが入っています。
逆に、緩和させるものは、俗に体にいいと言われる食品が多いです。**

こういうインスタント食品などは、便利で、癖になるおいしさがある以外は、よいことないようですね。

私たちも、インスタント食品等、上に列挙したものはよくないという、知識だけはあります。
しかし、それを知りつつも、どれだけそういうよくない食品を摂取してしまっているのか、我が家の場合を考えてみます。

まず、ネックはお昼です。
子どもたちがお昼を食べる長期休みになると、袋入りのラーメン、カップめんをそれぞれ週1は食べさせてしまっていますね。

コンビニ弁当にも食品添加物が多いですし、たとえ家で作ったお弁当であっても、よく利用する冷凍食品も、あまり体にはよくないようです。

息子の中学では4月は2週間丸々給食がありませんでしたし(1年生はもっと)、手抜き主婦としては、全部手作りというのは、考えられなくなってしまっています。

その点、給食というのは、ほとんど手作りで、栄養士が管理していますから、親にとっては手間も省けるし、お安いということで、本当にありがたいです。
普段給食頼みなので、ゴールデンウィークやその先の夏休みは、本当に恐怖です。

昼食だけではありません。子どもの休日には、おやつがバカになりません。
これも、フルーツや芋類など、また手作りのおやつがよいのですが、やっぱり手っ取り早いというと、スナック菓子になってしまうんですね。

スナック菓子だけでなく、クッキーやパンなども、市販のものはマーガリン、ショートニングなどを使っていて、やはりよくないようです。

私自身も安心とはいえませんが、給食のない日の、我が家の子どもたちの食生活は、ちょっと危険ですね。

できるだけ、飲み物だけはジュースを与えず、水だけにしてはいますが…。

私たちの周りには、よく考えてみれば、運気を下げるものが溢れています。
ある程度制限しつつ、上の2と3を考慮しつつ、腹八分目と、無理なダイエットを控えるなど、気持ちの上でも前向きにいきたいです。

更に、運気を上げる食品も挙げられていました。
(1)パワフルで強くなりたい → お肉を増やす
(2)頑張りたいとき、粘り強くなりたいとき → お米を主食にする
(3)物事を上手く運ばせたい → 豆や実を食べる
(4)感受性を高めたい → 野菜をメインにする
(5)体が疲れているとき → ハチミツをとる
(6)ツイていないとき → ニンニクや桃、ブドウを食べる

これらは、やはり、気が溢れた自然なものが多いですね。大地からの恵みはいいですね。

ネガティブ思考、マイナス思考は食からのダメージも受けやすいということですが、反対に、食から悪影響をあまり受けないためには、ポジティブ・シンキング、プラス思考がよいと思うのです。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:土曜日のお昼ご飯♪
by (C)ヨマさん
タイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


ちなみに2012年に即席麺が最も消費された国の上位3か国は中国(香港を含む、440億食)、インドネシア(141億食)、日本(54億食)だったとのこと。
アジアは麺類が好きですね。
おそらく韓国なども、よく食べているのではないでしょうか。人口当たりの数ではないですから。(韓流ドラマを見ていたら、頻繁に出てきます。)

**上記にあげた以外に、花粉症を悪化させる「意外な食べ物」もあります。
トマト、ほうれん草、なす、タケノコやバナナ、キウイ、パイナップルで、加熱して食べれば大丈夫ということなのですが、花粉症の方はご注意ください。
逆に、花粉症にお勧め食材もあります。




◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら