さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2013年02月18日

人間と動物の違いは?! 犬ぞり選手権、ラクダレース、ニワトリが横断する街… 【動物ニュース】


拗ねたその目が好きなのさ ♪


動物は、人間以上の愛情をもつことはできない。
責任をもてない。
人間の主人にはなれない。

でも…
人が愛してあげ、責任をもってあげ
よい主人でいれば
動物は応えてくれる…












昨日はピストリウスの事件のニュースを掲載したら、それだけで数千人の人が見てくれ、今も見てくださっているようです。
夜、また今朝、追加でニュースを掲載しましたし、私のコメントも追記してUPしましたので、よければご覧ください。

今日は打って変わって、平和的なニュースを集めました。

犬ぞり選手権に、ラクダレース、またニワトリが歩く街。
横浜中華街の写真集は動物つながりではありませんが、動物ニュースのカテゴリーに入れました。
龍は霊獣ですし、(本物の龍ではないのですが…苦)…まぁおまけということで。



さて、人間と動物の違いはなんでしょうか。
動物にも、動物なりの心のようなものがありますし、忠犬ハチ公のような美談を生んだりもします。
しかし私が思うに、それは主人の愛情の投影であって、人間が愛情を注いだ分しか動物は返すことができません。

人間は、愛情(心)を深め、育てることができますし、成長していくことができます。しかし、動物はインプットされたことしかできません。

それでも、接する人間次第で、素晴らしいこともできたりしますから、動物に負けそうな人間様も多いかもしれませんが…。
愛し、しつけ、よい環境を与えてあげた分だけ、動物は応えてくれます。しかし、主人になることができないのが、動物です。
だから昔の映画「猿の惑星」のような状況は、ありえないのです。

動物は、責任をもてません。どんな忠犬であっても、賢いお猿さんであっても、地球温暖化も、世界平和も感心がありません。

職務に忠実な盲導犬は、下手な人間よりも責任感がありそうですが、そのように訓練されたからこそで、教育されたこと以上のことは、あまりできない、つまり教育した人間が素晴らしい、ということになります。

子どもは動物が大好き。動物に接することで情緒も育ちます。
ロングブームとなっているペットブームも、情緒の足りない私たちに、それを補足するためのアイテムだからではないでしょうか。

たとえば、責任のない赤ちゃんがかわいく癒されるように、動物は人間と違って、責任も愛情もなくても癒されます。そういうものだから、それでいいのでしょう。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:拗ねたその目が好きなのさ ♪
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います




◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら


posted by kuri-ma at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物・動物園ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月13日

露天風呂を楽しむニホンザル * 運転する犬etc. 【動物のニュース】


よっ、色男!!














寒くなりました。今日は冬の動物たちのニュースをお届けします。
地獄谷のニホンザルたちは、やはり温泉。。。♪ですね。

師も走る師走ですが、私もなんと今日は記事をあげるのを忘れていまして、おばさんも走る師走というわけです。オバタリランともいいますから。。。?

困ったときの動物園といいますが、かわいい動物に癒されてください。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真はよっ、色男!!
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



posted by kuri-ma at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物・動物園ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月12日

パンダ死す!生後6日 など動物ニュース


本物はどれだ。












つい先日、「おめでたいニュース」の一つとして紹介したというのに、パンダの赤ちゃんは死んでしまったということですね。わずか6日間の命でした。

命のある存在というのは、いつかは死ぬものですが、こういう風に生きられない命というのがあるんですね。人間なら、運勢が弱い、ということになりますが…。
きっと悲しみの後には、喜びが待っていると、思うことにしましょう。

なぜか中国にしか生息しない、愛らしい動物、パンダ。本当に、なぜ中国にしかいないのでしょうか。不思議なことです。
唯一、安心なmade in Chinaなんて紹介したこともあります。

今回は、育たなかったですが、世界中にパンダは輸出ならぬ、レンタル契約されています。赤ちゃんパンダも生れているようです。きっと上野動物園と同じで、生れても、何年かで返還しなければならないのでしょうが…。

パンダが動物園にいるということは、買い取ったとばかり思っていました。詳細は知りませんが、きっと絶対売りはしないのでしょう。パンダはいくら日本で生れても日本のものとならないように、中国人も、どこに行っても中国人ですね。

パンダの愛らしさは中国の外交に役立つかもしれませんが、また、昨日も尖閣に中国漁船が侵入したとのこと。

私は個人的には中国人に恨みはもつまいと思っているのですが…。漁船だから、軍とは関係ないとか、そういうことではないでしょう。
今は中国の経済力はうなぎのぼり、日本人よりよく働きますし、圧倒的に日本人は多勢に無勢です。
中国の話題は尽きませんが、動物ニュースから逸れますので、またの機会にしましょう。
パンダについては、過去の記事に写真集などを添付していますので、どうぞごらんください。




今日は久し振りの動物ニュースということで、ホッとする動物の話題を掲載しました。

また、犬を飼っている家庭の赤ちゃんは、病気にかかりにくいという研究結果が発表されています。理由は分からないまでも、結果として表れているということ。
動物と触れ合うことで、ばい菌に触れる機会が増えるような気がしますが、逆にそれがいいのかもしれませんね。除菌だ、殺菌だ、と神経質な人から見たら、気になって仕方ないこと、当然除菌すべきというでしょうが…。

動物と触れ合うことは、人間にとって慰めや癒しになったり、力になったりもしますが、動物にとっても、人間との関わりが、きっと幸せでありますように。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:本物はどれだ。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


ラベル:パンダ
posted by kuri-ma at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物・動物園ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする