さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2011年11月09日

福島原発事故は民主政権が起した?!見えない放射能はなぜこわい(9)


2011.11.03 和泉川 ヤマボウシ 意図


なぜ菅直人は総理をやめないのか?
最も有力なのは、彼は左翼だからという説である


宇田川敬介(7.31)







秋が深まってきました。三月の震災の前を思い出します。あの頃は、放射線量など誰も気にすることなく、紅葉を楽しんでいたのに。
放射線は危険な量はありませんよ、と私も何回もお話してきましたが、なぜこんなに世の中の人は騒ぎ立てているんだろうか。と、常々思っていましたら、回答を得ました。

ここ、数日記事でも紹介してきましたが、許(きょう)さんのお話を聞きながら、様々な疑問が整理されてきました。昨日までは国防、中国の話でしたが、今日は原発関連のお話をしようと思います。
YouTubeで探していたら、許さん、KAORIさんがゲストで出ておられたものがありました。この動画のメインは宇田川敬介氏です。
 



「日本放射能汚染」の妄想?!「危ない」が好きな日本人


この講演会の司会者の話ですが、
麻生(元総理)が
「日本人というのは、経済が発展し、幸せだ
というのを望んでいないのではないか。
これではダメだ、とか
今の政権がダメだというとインテリという感じがする。
ダメというものが好き」と言っておられた。

この月夜のぴよこラジオで
「低線量被爆は大丈夫」という講演をやると言ったら、
「えー『大丈夫』ってやるんですか」という反応で、
実際人はあまり来なかった。
「危ない」が聞きたい。
終末思想がいい。
恐怖感、危機感を煽られるのが心地いい。

な〜る。と、妙に納得しました。
国家陰謀説、「見えない放射能汚染」の妄想、こういうことが好きなんですね。

上であげたニュース記事では、韓国でも通常の10倍、と騒いでいます。だから数10倍レベルは、通常の範囲内なんでしょうに。ホットスポットだらけで、騒ぎまくっていますが、そのうちに、これが当たり前だと気づくといいのですが。

日本人は現状に常に不満を持っている民族だとか、日本人が云々の話も多くて、納得はしましたが、放射能に異常反応を起こすのは日本人より、韓国人、中国人、欧米人など、諸外国の方が激しいのではないでしょうか。
実際、許さんは震災当時、香港にいて海外の反応も見てきたようですが、すごかったようです。

許さんの原発に対する考えも、否定的ではありません。
今の政権は(原発を)0に戻したいようだ。
コミュニストの政権はそうだ。
トップの人間だけが頭がよくて、
あとはみんなバカの方が都合がいい。

今日より明日、明日より明後日が
安全でよりいいエネルギーであるように、もっと勉強して、
もっといい原発にすることが日本人ならできる。

私もそう思います。


「原発が嫌い」な民主政権、コミュニストだから?!
 

宇田川さんのお話の中に、「なぜ菅直人は総理をやめないのか」(7.31当時)という話がありました。
最も有力なのは、彼は左翼だからという説だと。左翼は権力を追われたら、粛清されるから命懸けなのではないか、というのです。

それから、また菅直人がなぜ脱原発を宣言し、事前に分かっていた爆発をまるで予測していなかったように事後に発表したかという、虚偽の理由についても、宇田川さんいわく「原発が嫌いだからでしょ」

これで、全てが解けました。
コミュニストの発想に私がなっていなかったので、理解できなかったのです。政府として当然、真摯に真っ当なことをするもの、と思っていましたし、民主政権はここまでバカで無知で無能なのか、とは思っていたのですが、あきらかに意図があったのです。あるいは、国民をバカに仕立てたかったようです。

これは取りあえず英語版で日本語のものがあるというのですが、このIAEAに報告した資料には、はっきり、3月12日の爆発前からのデータがそろって出されており、「データがないからわからない」的な発表はすべて嘘だったことになります。信じられないことです。

それが、民主党、特に菅政権は左翼だということを考えれば、すべて納得するのです。「原発反対!」とやっている人の中には左翼が多い、とお話しました。デモに参加した人がすべて左翼だとは言いませんが、煽られていることは明らかです。
内閣が原発に反対だから、適切な対応をしていないのか。ようやく納得しました。首相自らが風評の広告塔になっていたのも、バカだからだけではなかったのだと。

野田政権に変わりましたが、被災地の除染なんかを始めました。
政府が原発に反対だからこそ、反対派の立場で、放射能の怖さを演出しているように見えてしまいます。裸の王様だと思ったら、それを演じていたとは…!

宇田川さんの講演では、以前紹介した中野剛志氏の動画で触れていたのと重なる部分もありましたし、いくつかの知らなかった驚きの内容もありました。

事故にあったのは実はとても古い炉ばかりでした。(新しいものは問題ではなかったのです。)
そして、本当なら、これらの原子炉はその役目を終えているはずだったのですが、民主政権で、もう10年延ばして使え、ということにした結果、今年それがこんな事態になったということです。
地震津波という事態がなければ、その分を児童手当に充てられる、よい節約だと考えていたのでしょう。本当に危機管理などないです。

つまり、民主政権のせいで起こった事故だったわけです。予定通り旧型の原子炉を終了していたら、こんなことは、起こりもしなかったのです。それを、東電のせいにし、自民政権のせいにまでしてきた菅さんでした。
講演ではそこは強調していませんでしたが、これは大きな問題ですよね。
嫌いな原発をさも危険なもののように演出しておきながら、最高責任者であるにもかかわらず自分たちの責任を果たさないのは、共産主義そのごとくです。(共産主義には「責任」という文字はないようです。そして、人を無責任にします。)

上のニュース記事、細野大臣はクールだよね、なんて騙されないで、話し半分に聞いておいた方がいいと思いますよ。

日本のエネルギーの内訳にも触れていました。太陽光やその他のエネルギーは1%にすぎないということ。水力発電もたった8%ですから、この現状で、原発を除いてどのようにするというのでしょうか。

確かに、フランスにできた太陽光発電所は壮大ですが、日本で考えてみると、東京ドーム6個分の土地にパネルを敷き詰めて出力は2万kWなのだそうです。原発1基分が100万kWだということなので、50分の1に過ぎないということですから、可能だとは考えられません。
質疑応答の中で、一度(脱原発を)やってみて、大変なのを経験しないとわからないのではないかという過激な意見もありましたが、そうするしかないのでしょうか。。。

日本が放射能で汚染されている、のも妄想なら、脱原発で安全で快適な未来を、というのはもっと妄想なのではないでしょうか。
どうか落ち着いて、妄想に心を削るのはよくないですよ、と近くの人に伝えてくださいね。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:ヤマボウシ 意図
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



2011年10月30日

「この濃度であれば、放射線安全管理の観点からの脅威は何もない」これが結論?!福島原発が海に流出したセシウム仏調査


コスモス


日本人は、古きより
美しくやさしき自然に育てられて、
美しくやさしき詩人たるべく養われたりき。


山路愛山





このニュース、「この濃度であれば、放射線安全管理の観点からの脅威は何もない」という結論を上に持ってきて頂きたいです。聞きなれない単位や数字を持ってくるのは、大きな被害が出たかのような印象になります。

福島では、放射線による被害者は出たのでしょうか。これから長期的に出るのだとしたら、と不安を煽るような報道も多いですね。

どうしてフランスの研究所がしゃしゃり出てくるのかわかりませんが、原発大国ですからね。AFPがフランスの新聞社だから、というだけかもしれませんが、自国の状況に対してだったら、もっと表現に注意するのではないでしょうか。
いかにも、放射線量が多いと煽るような記事ですが、結論は問題がないのです。表現次第でだいぶ受け取り方が違います。

前回触れたように、フランスでは今年9月死傷者の出た原発関連施設での爆発事故について、即日に放射能漏れは0だと発表し、風評被害は一切出ていません。しっかりうまく対処しています。

海の放射線について、何か具体的な被害があったということを、そういえば聞いたことがありません。
水爆落下のスペインの村では、45年の間、風評被害から癒えないそうです。

聞いたこともない2.71京ベクレルなんて単位を聞くと、恐ろしいことが起こっているという印象になります。
(他のニュースでは東電推計の20倍という表現もありました。また、政府発表の2倍というニュースが韓国などで報道されているとか。)

ニュース記事をしっかり読んでみると、結論は違います。
セシウムは強力な海流によって希釈され、1リットル当たり0.004ベクレルの濃度で落ち着くとみられるということで、「この濃度であれば、放射線安全管理の観点からの脅威は何もない」と報告書では言っているのです。
しかしなぜかそんな言葉にさえも安心できない気持ちにさせられますね。
海に流した放射線廃棄物が普段より高濃度だったとして、2倍、20倍というのは、もしかして測定の誤差の範囲なのかもしれないのに。

地上でも被害が出ないという範囲のことで、どこが高いと恐ろしがっていますが、今まで放射線値を測定していなくて問題なかったのに…???
福島での最高の測定値も、核爆発などの死傷者が出るレベルからは、1000万分の1、1万分の1のレベルだということです。数十倍のレベルでは、すでに自然放射線として存在している地域差の範囲に入ってしまうということなのですが。
つまりやはり、放射線は0にすべきという迷信が絡んでいるような気がします。

海についてみれば、1リットル当たり0.004ベクレルになるという報告書の通り、問題はもっと起こりにくいのではないでしょうか。
海の放射能汚染で、実際に人体に害が出たり、生物に異常が出たという報告があるのでしょうか。放射線値だけでは、恐ろしいものは出ていないということになりはしないでしょうか。





今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:コスモス
by (C)緋佳さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



2011年10月20日

裸の王様とガリレオ?!一つの被害もない福島=放射線汚染地であるかのようなマスコミと政府対応に疑問〜見えない放射能はなぜこわい(8)


噂の花園。


数千ベクレルの自然放射能も
危険だということになれば、
赤ちゃんも抱っこできないし、
大好きな人と
握手もハグもできないということになります。


稲 恭宏(東京大学医学博士)






震災後当初から、「人体に影響が出るレベルではありません」という発表が何かにつけ、繰り返されてきましたが、わかりやすく根拠を説明してくれる人がいなかったために、「信じられない」という疑心暗鬼が、風評を生んでいったのでしょう。

先回の放射能は0にはできない?!見えない放射能はなぜこわい(7)で紹介した稲博士も「何の問題もない」と叫ぶのですが、世間一般には、見えない放射能に恐れを抱いて、(実際にはあり得ない)放射線0になる日が来ないか熱望しているようです。

どうしてこうもズレがあるのでしょうか。これは地動説を唱えたガリレオ・ガリレイに似ているなと。
東大の医学博士である人の話を、誰も聞かないのですから、現代のガリレオの立場です。こういうことは往々にしてあるのだなぁと、何かを目撃した気分です。

放射線は怖いもの、という意識が一般には強く、限りなく放射線は0に近づいた方がいい、と考えている人が多いのかもしれません。
実際には、自然放射線というのがあって、どこにいっても放射線はない場所はないし、人体自身も放射線の内部被爆をし続けているということです。0にはならないのです。

福島の数値はたとえ原発の作業現場であったとしても、安全なレベルであり、害が出るレベルの1千万分の1、1億分の1に過ぎないということなのに。つまり、福島が高い、高いというのは、ただの誤差のレベルに過ぎず、桁がいくつもいくつも違うのです。(0が8個9個つくほど。)

どうか、心配する皆さんも、稲博士の動画を見てみてください。先回紹介したものは長いし、ちょっと整理されていない感じもしましたが、その後のものは細かく分かれ、号を追うごとに身近で分かりやすい内容になっています。
見た上で、まだ単なる噂に過ぎない風評である、放射線被害を信じ続けるのかどうかを決めたらいいと思います。
(震災直後の稲博士のテレビニュースの動画を見ましたが、単に「全く安全ですから、どうぞ安心してください」と繰り返されるのみだったので、信じられない思いの人もいたかもしれません。けっしてお話の上手な方ではないようなので。今回は細かい説明がされていますので、言われている根拠が理解できると思います。)


この被災地の除染のニュース、私もNHKのニュースで見ました。首相までも立ち会ったということでした。
え、何の意味があるんだろうか、という内容でしたね。今頃、仰々しくやる意味はないのではないか、と。
科学的に公正でよく理解している人、稲博士の話を聞いている人から見れば、ナンセンスな内容ですが、それを政府が大真面目でやっているのです。まるで福島が、汚染された危険な地であると風評を大きくするための大宣伝をしたようなものです。
またこのようなニュースをマスコミが堂々と流すことも不思議です。

フランスでは原子炉が爆発し死傷者が出た大事故に対しても、即日に安全宣言し、風評被害は出なかったということなのに、日本では何の被害も出ていないにも関わらず、政府がこのような対処をせず、それどころかマスコミと一緒になって、放射能は危険だとあたふたする、ない被害に怯える裸の王様になっているのです。

稲博士の動画の中からいくつかの内容を要約してみます。
10/17号
低線量率放射線は人体に全く害を与えない
全身の細胞が代謝しているので、
今回の福島レベルの放射線は、蓄積されない。
横浜などで出たマイクロシーベルト・レベルのものは全く問題はない。
何がしかの害が出るレベルからは、
1000万分の1、1億分の1のレベルにある。
人体は数千ベクレルの放射線を持っている。
放射線物質の特徴、半減期から見ても問題がない。

花びらの形が違うものが発見されたことについて。
放射線の特然変異と確認がされるかが問題。
100万倍の強い放射線で、突然変異が認められるのであり、
マイクロシーベルト・レベルでは起こりえない。

ロンドンタクシー運転士海馬が15%大きい。
100歳近くの老人でも毎日脳細胞代謝しているように、
人体の素晴らしい修復機能がある。

マイクロシーベルト単位、あるいは10億ベクレル以下であれば
まったく問題はない。



1/2世田谷放射線民家に90歳長寿老人居住/微少で健康に【稲恭宏】


10/10号
行き過ぎた風評被害は全生物の存在を否定することになる
ロシアのエリミタージュ美術展、群馬の美術館への受け入れ拒否。
(フクシマ事故前のレベルであるにも関わらず。)
京都の大文字焼き宮城県の木材も受け入れ拒否。
茨城の花火師が震災前に作成し、
屋内に保管した花火まで打ち上げ拒否される。
これらは究極の風評被害である。

人間は、数千ベクレルの放射能を持っている
数千ベクレルの自然放射能も危険だということになれば、
赤ちゃんも抱っこできない、
大好きな人と握手もハグもできない。
ご遺体もどこにも埋葬できない。

いきとしいける生き物はすべて放射能を持っている。
放射能0という場所は存在しない。
放射能0ということになれば、
人間もバクテリアですらも存在すら出来ない。



10/17号では以下の項目に分かれて数分ずつの短い動画になっています
低線量率放射線は人体に全く害を与えない
フクシマとチェルノブイリの違い
子供の甲状腺検査結果について
日本の魚は大丈夫!
非科学的な風評被害を征伐すべし
核大国フランスの即日安全宣言と日本政府の対応
即日安全宣言と日本政府の対応
水爆落下のスペイン村が苦しんだ風評被害45年
放射線に対する人体の優れた防御能力
  
  こちらからどうぞご覧になってください。

安心してくださったら幸いです。
そして、笑顔と挨拶で、被災地の復興を風評被害から守り、助けましょう。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:噂の花園。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



ラベル:稲 恭宏