さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2020年03月11日

*3.11から9年* 誰も一人じゃない?! ♪「ほらね、」(合唱曲) 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ナミアゲハとヤブガラシ。


ほらね
僕らは一人じゃない
きっとね
誰も一人じゃない




3.11から9年たちました。
未曽有の大災害でした。

今年は新型コロナウィルスの影響で、記念式典も中止となり、いまだかつてない緊急事態宣言がひかれる年となりました。

あの時小学生だった息子が高校を卒業しました。
卒業式は予行も何もなく、卒業生と教師だけで行われたところも多く、卒業生にとっては、またその親ごさんたちにとっては、さみしい卒業式となりました。

あのとき、ニュースで報道された被災地の卒業式の様子を思い出します。



「ほらね、」

この曲は、東日本大震災のあと、歌で日本をつなぎ、被災地を応援しようと企画された、カワイ出版の「歌おうNIPPONプロジェクト」のために、合唱曲として作られました。

とても力が出る、また心が温まる作品です。

タイトルには「ほらね」のあと、「、」がついていることに意味を感じます。

普通の「ほらね」と同じなんだけど、いつものときと違う、いつもの年になかった、という独自感。
普通の曲よりも、ちょっと見えないけれども、「、」を意識して心をこめて歌いたいと思わされます。



ほらね、
  
伊東 恵司 作詞 ・松下 耕 作曲


川は風と語り合っているよ
鳥は花と触れ合っているよ
日差しは木の葉とじゃれあっているよ
雨は蛙と頷き合っているよ

 ほらね
 僕らは一人じゃない
 きっとね
 誰も一人じゃない

それでも悲しい日があったら
涙が止まらない日があったら
ゆっくりそっと歌を歌おう
思い出詰まったあの歌を
うたはあなたの大切なともだち
いつもそばいる大切なともだちだから


魚は波と競い合っているよ
山は雲と呼び合っているよ
窓はピアノと微笑み合っているよ
雪は灯りと見つめ合っているよ

 ほらね
 僕らは一人じゃない
 きっとね
 誰も一人じゃない

それでも寂しい夜があったら
どうしても眠れない夜があったら
ゆっくりそっと歌を歌おう
微笑み詰まったあの歌を
うたはあなたの大切なともだち
いつもそばいる大切なともだちだから






ありがとうございます
愛しています

今日もいい一日を
クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:ナミアゲハとヤブガラシ。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
世界平和の夢をあきらめられない、ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。見えない世界、霊界、神様についてや、ズバリあなたの使命をお答えします。夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
自作の小説と詩のサイトはこちらから→三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています
さあ夢を叶えましょう



 LOVE JAPAN

56e6e3a332fe931a4e99683d433d09c1-300x300.jpg

I LOVE THE WORLD



【関連する記事】
posted by kuri-ma at 09:25| Comment(0) | ♪歌の心(音楽と歌詞) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。