さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2018年09月27日

「死んでしまった人たちは、ここにいる」……「半分、青い」より <祈り>御嶽山噴火から4年

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

2018.09.19 追分市民の森 ヒガンバナへクロアゲハ


「死んでしまった人たちが、
 いなくなったわけやない。
 ここにおる」

「ほやなぁ、ここにおる」


今日の朝ドラでの会話です。

亡くなった人たちは、なくなってしまったのではなく、存在している。

そして、こんな言葉も。


「私らは生と死のはざまに生きてる。
 みんなそうや。

 そして、やがて死ぬ。
 今は生きている、それだけ。

 生まれることも死ぬことも、
 特別なことやないんやないかって。

 生まれることがめでたくて、
 死ぬことが悲しいってのは、
 乱暴なような気さえするんや」




誰もが命をもらってこの世に生きますが、それは永遠のことではなく、いつか寿命というものが尽きると、あの世に行く。
これは特別なことではなく、誰でもそうなのであって、ずっと人間が始まって以来、そんな歴史が続いてきた、これが事実。

そして、死んだらあの世に行くのだけど、あの世とこの世はどこかつながっていて、重なり合うように私たちは生きている。
そして、死んで体がなくなっても、また存在していく。

だから、生と死のはざまを生きるのは、私たちの宿命ですね。

どうやって、そのはざまを生きるのか。
生ある限り、一生懸命、がんばって毎日繰り返し生きていく、こういうことでしょうか。


PS 御嶽山の噴火から4年が経ったということです。
   あの時、娘さんを失った人、ご主人が犠牲になった人。。。
   無くなったのではなく、やはり家族の傍にいると思うのです。
   ご遺族のお幸せをお祈りします。 
 



ありがとうございます
愛しています

今日もいい一日を
クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:ヒガンバナへクロアゲハ
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
世界平和の夢をあきらめられない、ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。見えない世界、霊界、神様についてや、ズバリあなたの使命をお答えします。夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
自作の小説と詩のサイトはこちらから→三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています
さあ夢を叶えましょう



 LOVE JAPAN

56e6e3a332fe931a4e99683d433d09c1-300x300.jpg

I LOVE THE WORLD


【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。