さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2018年10月03日

自殺したら…生きていた時の苦しみどころじゃない?! ¶樹木希林の言葉

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

2018.09.13 和泉川 千日紅にベニシジミ


先月、75歳で亡くなった樹木希林さん。
生前話されていた、シンプルでかつ含蓄のある言葉がいろいろ紹介されています。

その中で、人生観を表すかと思うのですが、自殺について話しておられるコメントがありました。


昔からの本を読むと 
およそ 同じことを言っている

自殺した魂は 
生きていた時の 苦しみどころじゃ ないそうだ

本当かどうかは わからないけど
信用している

私は弱い人間だから
自分で命を絶つことだけは
やめようと 生きてきた

こんな姿になったって
おもしろいじゃない

KIKI KILIN 


私も、この言葉は信頼しています。

つらくて苦しくて、楽になると思って自殺するのでしょうが、自殺したら、「自殺した魂は、生きていた時の苦しみどころじゃないそうだ」というのです。

死んだらどうなるのか、それは、その人の生き方で決まるようです。
生きざまといいますが、死の瞬間、死にざまにも表れるのかもしれません。

魂を大きく輝かせる生き方をしたいですが、生き方によっては、魂に傷をつけ、傷だらけにしてしまうこともあります。

自殺というのは、魂に決定的な傷をつけるといいます。
人を殺すのもいけないでしょうが、自分で自分を殺すのは、ありえないほど大変なことのようです。

私たちに与えられた人生は、人によって寿命が違いますが、その寿命は、やはり自分で決めることはできないのでしょう。

自殺したら、「今の苦しみどころじゃない」。。。
半端な苦しさではないことでしょう。
そんな地獄の苦しみを逃れられないとしたら、ちょっと踏みとどまることもできるでょうか。

死ぬ気になったら何でもできる、そう思って、とりあえず「自殺」の2文字だけは、選択肢から外しておきたいと思うのです。




ありがとうございます
愛しています

今日もいい一日を
クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:千日紅にベニシジミ
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
世界平和の夢をあきらめられない、ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。見えない世界、霊界、神様についてや、ズバリあなたの使命をお答えします。夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
自作の小説と詩のサイトはこちらから→三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています
さあ夢を叶えましょう



 LOVE JAPAN

56e6e3a332fe931a4e99683d433d09c1-300x300.jpg

I LOVE THE WORLD


【関連する記事】
posted by kuri-ma at 11:17| Comment(0) | 自殺と魂 / 「魂チェック」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。