さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2018年05月28日

人の悪口=自己紹介?! 悪口を言うと気分が悪い理由(わけ) 2018

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

72578422poponta.jpg


人の悪口、よくないと思いつつ、気づいたら言ってしまっていませんか。

さて、悪口を言うと、自分の気分も悪くなるのはどうしてでしょうか。

また、人が誰かの悪口を言うのを聞いているだけで、なんとも嫌な気分になるのは、どうしてでしょうか。


実は、人間の脳(正確には大脳新皮質以外の脳)というのは、主語を理解しないので、誰かの悪口を言っていても、まるで自分のことを言ったようにとらえ、ダメージを受けるのだそうです。


悪口を聞く場合もそうなのではないでしょうか。

私たちが日頃何気なく使っている言葉が、脳と体に大きく影響しています。例えば、脳は主語を理解できないという性質を持っています。
主語が理解できないので、自分が発した言葉全てを自分のこととしてとらえてしまいます。


タイガーウッズは、ココ一番の大勝負の瞬間、対戦相手が上手くいきますように!と祈るそうです。

相手という自分に余計な呪いをかけない!だから自分を妨げる思いが少ないのです。その結果あれだけの成果を出せるのです。

凡人とは逆の思考なのです。


そうすると、いつも両親の喧嘩を聞かされている子供は、いつも傷つき、不信感を持ち、自分にも自信がなくなってしまい、イラつきストレスを受けていることになりますね。

夫婦喧嘩は、子どもの前ではしてはいけない、というのは深い意味のあることだなぁと改めて思いました。
母の口うるさい小言を聞かされる場合も、同じでしょうか。


人の悪口が出るときって
話題がないとき
話題がないのは
毎日がつまらないから

毎日がつまらないのは
自分がつまらないから

人の悪口は
私はつまらない人間ですよ
っていう自己紹介とおなじです。


以前SNSでこんな言葉がシェアされていました。

確かに悪口って、人のことを言っているようで、自分の品性、物事の捉え方、すべて表れてしまっています。「自己紹介」というのは、うまい言い方です。

後で恥ずかしくなるような内容にならないように、できるだけ人のことを理解し、理解できないことも、下衆な想像でデマを飛ばすことにはしたくない、と思うのです。




今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:ケイトウ畑
by popontaさん
「写真素材 フォトライブラリー」からダウンロードしました
無断転用はご容赦願います



プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
世界平和の夢をあきらめられない、ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。見えない世界、霊界、神様についてや、ズバリあなたの使命をお答えします。夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
自作の小説と詩のサイトはこちらから→三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています
さあ夢を叶えましょう



 LOVE JAPAN

56e6e3a332fe931a4e99683d433d09c1-300x300.jpg

I LOVE THE WORLD


【関連する記事】
posted by kuri-ma at 14:26| Comment(0) | 心に響く言葉・感動エピソード | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。