さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2018年02月16日

戊戌(つちのえいぬ)の年、スタート!! 五輪での結果の出し方、夢の叶え方?!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

2018.02.12 長屋門公園 風船葛の種で雛飾り


今日は旧正月。陰暦の新年のスタートです。
あらためて、明けましておめでとうございます!

ピョンチャン五輪も大盛況。
4年に一度というこのタイミングに最高の結果を出そうとする
アスリートたちも明暗が分かれます。

戊戌(つちのえいぬ)の年が始動しました。
夢を叶えることのできる幸せな年にしたいですね。

以前、一度記事を書きましたが、今年の干支(かんし)戊戌について、もう少し詳しくお話ししたいと思います。


この戊戌(つちのえいぬ)は両極端の結果を生み、時代が大きく変わり、吉凶の予想がつかない部分があるといいます。
また、同じ性質を合わせ持つことから、相乗効果ですごい大きな勢いを生むのだとか。

戊戌(つちのえいぬ)は、植物の葉が生い茂るという意味の「茂」と、「戌」は「切る」という意味で、植物が枯れるという意味をもちます。

つまり、両極端なのですが、漢字の形がとってもよく似ていますね。実は「戌」も、もともと「茂」の意味を持っているとも言われます。

茂りすぎたら、根が腐って枯れてしまうこともありえます。
そのためには、思い切って、切り取ることも必要です。

それによって次のステップに進化することもあるでしょう。
枯れていく寸前の古株であっても、接ぎ木することによって、若木として再スタートすることもできます。


また、「戊」は「つちのえ」と言うように、「土の兄」とも言われ、木火土金水の五行では、「戌」も「土」となります。
このように同じ性質が重なると、「勢いが増す」のだそう。

季節は四季というようにちょうど4つありますが、「土」というのは、それぞれの季節の変わり目を表すのだとか。

その「土」の2乗ですから、とてつもない「変わり目」「節目」になり、いろんな意味で時代、風潮、ブーム、様々な流れが変わるターニングポイントになる年になるというのは、間違いないようです。

ですから、先回も、その変わり目に、何をポイントにするかというお話をしたわけです。


五輪を見ていて思いますが、アスリートたちも、ここぞという時に、今までの生き様が表れるのかもしれません。

才能や個性という神様からもらったものも大切ですが、その人の
心持ちや、心の動機、夢や目的とするものはもっと大切ですし、
そのためにどれだけ努力を継続的にできるかは、さらに大切です。
またその人だけでなく、いろんな人のサポートも大きいでしょう。

ですから何事においても、時を知って、天の願いを知り、よい選択、よい努力、よい心を傾け続けることができるか、
それによって、よい出会いを引き寄せますし、
これが良い結果を得るには本当に大切だと思います。


干支は60年で一回りしますので、前の戊戌の年を見ると、
今年を占いやすいといいます。
次回は、60年前、120年前をヒントにしてお話したいと思います。



ありがとうございます
愛しています

今日もいい一日を
クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:長屋門公園 風船葛の種で雛飾り
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
世界平和の夢をあきらめられない、ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。見えない世界、霊界、神様についてや、ズバリあなたの使命をお答えします。夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
自作の小説と詩のサイトはこちらから→三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています
さあ夢を叶えましょう



 LOVE JAPAN

56e6e3a332fe931a4e99683d433d09c1-300x300.jpg

I LOVE THE WORLD


【関連する記事】
posted by kuri-ma at 20:43| Comment(0) | 歳時記 陰暦 和の伝統行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。