さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2017年03月11日

3.11から6年!! ♪「きみのとなりに」 ナオト・インティラミ&さだまさし、東北に愛を!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

ひと休み。


君はあの時なぜ生き残ったのだろうと
ためいきをつくけれどそれは
おそらく君には
まだ為すべき何かがあるだろう

今日は確かに昨日の続きだけど明日が
決して今日の続きじゃない筈さ




東日本大震災から6年、7回忌を迎える今日。
この日のためにこの曲を紹介します──

以前、さだまさしとナオト・インティラミという、何となく異色の二人が合作した歌を紹介したことがありました。 こちら
3.11直後、徹夜でディスカッションしながら作り、被災地の高校生へのコンサートで披露した曲だということです。この時には、題名も付いていませんでした。

以前UPした動画は削除されていたので、テレビを録画したものがあったので、再度紹介します。
さだまさしの番組で、その時タイトルもつけられました。


「きみのとなりに」 ナオト・インティラミ&さだまさし




僕らにできることは、痛みを替わってあげることはできないのです。
それから、勇気付けるのは限界がある。
ただ一生懸命、傷だらけになりながら走っている人の、
隣を走ることはできるんじゃないか。
伴走しながら。
そういう思いだけで作った曲。
(さだまさし)


「 きみのとなりに 」


たとえば青信号を渡る少年が
事故に遭うことがある
あんなに頑張ってるのに酷い目に遭う人がある
辛い思いをしている人ばかりが
辛い目に遭うようで
みんな不公平という言葉をじっと飲み込んでいる

善人がついうっかり悪事に手を染めたり
悪人が何故かふらり良いことをしたり

笑っちゃうくらい今を生きている
悲しいくらい今日を生きてる
切ないくらい今を生きてる
大嫌いな人も大好きな君も

君はあの時なぜ生き残ったのだろうと
ためいきをつくけれどそれは
おそらく君にはまだ為すべき何かがあるだろう

今日は確かに昨日の続きだけど明日が
決して今日の続きじゃない筈さ

笑っちゃうくらい僕も生きてる
悲しいくらい今日を必死に生きてる
切ないくらい君を想ってる
君も誰かを想っているのかな

笑っちゃうくらい今を生きてる
悲しいくらい必死に生きてる
切ないくらい今を生きてる
大嫌いな僕も大好きな君も

ラララ…
大好きな君へ


さだまさし&ナオト・インティライミ



テレビで競演した際、画面に映った
タッチパネルの歌詞を書き写しました。
(全体通して「い」抜き言葉で書かれているのに、
1箇所だけ「生きている」という箇所が
ありますが、ママです。)



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:ひと休み。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

以前の記事はこちら
 東北に愛を! ナオト・インティラミ&さだまさし合作?! 『きみのとなりに』 5時間生ライブ「いつでも夢を!朝まで生で音楽会」より





今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
世界平和の夢をあきらめられない、ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。見えない世界、霊界、神様についてや、ズバリあなたの使命をお答えします。夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
自作の小説と詩のサイトはこちらから→三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています
さあ夢を叶えましょう



 LOVE JAPAN

56e6e3a332fe931a4e99683d433d09c1-300x300.jpg

I LOVE THE WORLD


【関連する記事】
posted by kuri-ma at 06:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ♪歌の心(音楽と歌詞) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック