さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2017年02月08日

神様を知ると運勢up?! よい生き方は、よい手相として表れる!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

2017.02.08 大池公園 ウメ 桃色梅


今日は手相の話をしたいと思います。

先日、運勢UPのためには神様を知りましょうと話しました。
そのうえで、1正しい生き方、2奉仕と思いやりの生き方、3親孝行と先祖供養をしっかりしていくのがよいとお話ししました。

そうした場合、本当に運勢がよくなり、幸せになれるのでしょうか?


先日、若い人たち十数人の手相を、ざっとですが観る機会がありました。
そこでとても驚きの発見をしました。

彼らの誰もがとても運勢が強い手相を持っていました。

運命線や太陽線などがあったり、線自体が太く強運を表す人が多かったのです。
また、功労線的なものが多かったり、神秘十字線や、ひらめき線、などなど。
もちろんそれぞれ同じ手相はないのですが、誰もが良い人感が漂う手相でした。

個性的な手相も多かったのですが、二重知能線を持っている人がとても多くて驚きました。
私も持っていますが、作家や、芸術的な表現が豊かな人の線です。


私が手相を観るのは、もっぱら自分の両手、また家族の手が多く、不特定多数の一般の人たちの手を広く観る機会は持っていません。

彼らの手相を観たことで、いろんな人の手を見て比べたいという好奇心もわいてきました。


彼らは、ほとんどが大学生で、ボランティア的な活動をしている青年たちです。
すべてではありませんが、半数くらいは、親御さんが神様を信じ、上記3つの生き方を多かれ少なかれ心がけている人たちでした。

ある功労があるなぁと感じる手相の持ち主の青年は、おばあちゃんもクリスチャンだと言っていました。

神様を信じ、清く正しく美しく、人にやさしく、信心深い人、そういう家系、血筋というのが積み重なっているほど、運勢はいい。

彼らのずば抜けた強運ぞろいの手相を観ながら、論より証拠、本当に表れているのを、目の当たりにして、これは精進しなければ、とあらためて思いました。


奉仕、為に生きる、自己犠牲、親切や思いやりの生活ができるということは、その人1代で身についた徳ではありません。品格、品性として、DNAの中に、人の好さがしみ込んでいるのです。

手相を観てもわかりますが、観相というのにも表れるでしょう。

相が観れなくても、単純に笑顔が素敵で、輝いているというのでしょうか。
こういう息子がほしい、お嫁さんにしたい、と思うような好青年たちでした。


よい思いで、よい行動を積み重ねていく、思いやりと小さな親切を続けていくと、それがどこに実るのかというと、子どもや孫、子孫に表れるといいます。

そして、神様は印として、手相を、その人やその人の先祖の生き方の表れとして見せてくれている…。

神様を知り、1正しい生き方 2奉仕と思いやりの生き方 3親孝行と先祖供養をする、これは、神様の夢や願いを一緒に叶えることになるので、運勢も当然UPしないわけがないし、幸せになる道なのです。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:ウメ 桃色梅
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
世界平和の夢をあきらめられない、ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。見えない世界、霊界、神様についてや、ズバリあなたの使命をお答えします。夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
自作の小説と詩のサイトはこちらから→三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています
さあ夢を叶えましょう



 LOVE JAPAN

56e6e3a332fe931a4e99683d433d09c1-300x300.jpg

I LOVE THE WORLD



【関連する記事】
posted by kuri-ma at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | なんで運勢が見えるのか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック