さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2016年09月03日

「神、霊界を信じない!」という人ほど、怖がりだったりする?!  《神様っているの?!》 -1-

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

夏の名残り。


神様っているの?!

何回か、触れている問題です。

私は、神様がいるという前提で何もかもお話ししていますから、また、どうせそういう結論なんでしょう、と神様は信じない人たちは言うかもしれません。

で、今回は、私が神様のことを信じなかった頃のこと、というよりは、あんまり考えてもみなかったというのが近いでしょうか、その頃のことを思い出しながら、話してみたいと思います。


学校や、テレビなどを通して刷り込まれたのは、神様はいない、死んだら終わり、ということ。

神・霊界は非科学的であり得ないことだ、というような、存在しないのが当然、逆に存在を信じることは、非常識あるいは理論的でない、という感覚でした。


よく考えてみたら、その頃も、神様のことを完全否定したわけではありません。

理解できなかったし、学校でも家でもテレビ等でも教えてくれないので、さっきも言ったように、考えたことがなかったのです。

神様がおられ、私たちには魂(心)があり、死んだ後もなくなるわけではなく続くのだということ、そういうことを考える機会がありませんでした。


中学・高校頃から、金縛りをよく経験するようになりました。

(夜見る)夢についても、とても不思議なものだなぁと感じていました。私は小さいころからカラーの夢をよく見る方でした。
今考えても意味のある夢をよく見たのです。

母を通じて神様や霊界のことを知るようになり、尊敬する人に会い、多くのことを学び、知りました。また、気づきにつながる体験をしました。

それでも、時々「神様なんていないんじゃないか」という思いもよぎりましたが、その都度検証し、また実感の世界の中で、神様とは離れられなくなってしまいました。


神様や霊界をよく知らなかった頃は、逆に怖かったのです。
もちろん今でも、夜道やお墓などは怖いですが、以前ほどの怖さはありません。

金縛りも、霊(悪霊や怨霊)も、大得意ではありませんが、前のようにやたら怖いという、そんなことはなくなりました。

厄介だけれど、知ってみれば、大丈夫なのです。


思うに、失礼になるかもしれませんが、幽霊を信じない、という人ほど、怖がりだという気がします。

本当にいないなら、怖がる必要はないのに、私の経験上からも、目に見えないものを信じないことは、なんだかとても怖くて仕方がありませんでした。

信じないと言いつつも、心のどこかに「いるよ」という声が響くように、良心に働きかけるものがあるのです。

真っ暗な中を歩くことは、怖いこと。
知ることは、灯りをつけるように、怖さがなくなるのです。


神様のことを毛嫌いする必要はないのではないでしょうか。

それは、自分の親や、先祖などの血筋を否定するのと同じで、天井に向かってつばを吐く行為かなぁとも、思うのですが、いかがでしょうか。

続きは、また。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:夏の名残り。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
世界平和の夢をあきらめられない、ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。見えない世界、霊界、神様についてや、ズバリあなたの使命をお答えします。夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
自作の小説と詩のサイトはこちらから→三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています
さあ夢を叶えましょう



 LOVE JAPAN

56e6e3a332fe931a4e99683d433d09c1-300x300.jpg

I LOVE THE WORLD


【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック