さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2016年07月02日

英国のEU脱退に、私は無関係?! 「一人は皆のため、皆は一人のため」?!

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

2015.06.28 山手 ブラフ18番館 アガパンサス


一人はみんなのため、
みんなは一人のため

「三銃士」より



「風が吹けば桶屋がもうかる」と言います。
今回の英国の国民投票を受けて、遠く離れた日本の株価も急落しました。
一つの国の大きな決定が、世界の経済にも影響を与える、ということもあるのです。

先日は、イギリスの決定は、自己中の決定であるから、このままでは国の運勢を落とすというお話でしたが、その続きを言えば、それは、イギリスだけの問題ではありません。


世界を一人の人の体と考えてみましょう。

イギリスは、問題のあるEUから脱退して、自分の国だけがもっとうまくいくことを期待して、今回の投票の結果となりました。
EUを出たとして、ヨーロッパの一国であり、世界に影響を与える国の一つであることには変わりありません。


例えば、手が痛いから手を切り離すことができないのと同じで、病気がある部分から離れたとして、その痛みは共通です。
右手が痛ければ、それが例え指一本でも、持つこと、書くこと、食べること、一つ一つに問題が生じます。
体はすべてが健康でなければ、健康とはいえません。

歯医者さんに行ってすべて歯を直したとして、内臓に癌が進行していれば、数ヵ月後の命になるかもしれません。

そういう状態で、自分は右腕だから、左足だから、ヘッドだから、内臓だからと言っていられません。


自己中か人の為に生きるか、それは一人の人の、また国の未来を左右すると同時に、世界の未来を左右していきます。

「一人はみんなのため、みんなは一人のため」というのが、元気になり、一つとなる言葉であり、世界共通の成功・発展の法則にもなるのは、核心的な真実だからです。

だから、みんながみんなのために生きたら、誰もが思いやりをもったら、自然に平和な世界ができるはずなのです。


ただ、そんなに簡単にはいかない、というのが現実でもあります。
みんな仲良くしたいのに、みんな幸せになりたいのにそうならない、その原因は、次回お話しします。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:アガパンサス
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



プロフィール
ほんままゆみ(本名:栗原まゆみ)
世界平和の夢をあきらめられない、ヨーロッパ滞在歴≒ボランティア歴ありの、三男一女の母。見えない世界、霊界、神様についてや、ズバリあなたの使命をお答えします。夢を叶えたい人、カウンセリング募集中!(四柱推命鑑定も可。)
自作の小説と詩のサイトはこちらから→三月 さくら待つ月、四月 しあわせの始まり


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています
さあ夢を叶えましょう



 LOVE JAPAN

56e6e3a332fe931a4e99683d433d09c1-300x300.jpg

I LOVE THE WORLD



【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック