さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2016年02月18日

愛は幸せのもと、愛の過ちは不幸のもと?! part2

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

暖冬。


【AFP記者コラム】スウェーデンの暗い冬に見つける小さな喜び
(オーロラのニュース、下に掲載)

最近不倫騒動を起こした人、いろいろおられますね。
制裁を受けることが多い気がします。

隠しておきたくても、真実は表れる時は表れます。


先回、結婚したら不幸になる男(女)の3つのタイプをお話しました。
その一番目が何といっても、男女問題です、と。

これらは、「不幸癖」という、負の遺産となって、子どもや孫、7代先までずっと影響を与えます。

この「不幸癖」、つけるのは案外簡単かもしれません。直すのは大変です。

また、女癖が悪い、といいますが、男女問題を起こす場合、相手が必要です。
例えばW不倫だった場合、お互いの家族も巻き込む、大変厄介なものです。


以前は、不倫や浮気が当たり前、あるいは仕方がない、という風潮、一色だった気がします。

でも、イケイケの風潮や、様々な誘惑に流されたところで、いい思いをするのは一時のことで、必ずツケを払わされることになることでしょう。
結婚前の火遊びも実は、同様です。

イケイケとあおった人たちは誰も責任を取ってはくれません。

男女問題ほど、人の恨みがからむ問題はないでしょう。だから、簡単ではありません。
恨みというのは倍返しにしても晴れないのです。

1回の過ちが、その人の命で償っても償いきれないともいえます。
だから、男女関係が派手な人は、子どもや孫の運勢まで弱めることになります。

もちろん、女癖の悪さは代々受け継がれていってしまい、おんなじところで失敗しやすくなります。


今は、はっきり、処断される時代となったようです。
不倫は大きなリスクがある、そう考えたらいいと思いますね。

人が愛し合うことは素晴らしいことですが、男女の愛の場合は、間違いも犯しやすいです。

しかしそれは、宇宙の法則にも反し、人の道に外れることであり、誰かを悲しませる行為ですから、誰にも知られず、たとえ制裁を免れたとしても、天は見ていますし、魂に刻まれています。

社会的制裁などを受けるまでもなく、そのままでいけば、不幸の道を、家族みんなで行くことになるのです。

幸せになる生き方をしたいですね。
正々堂々、人を喜ばせる笑顔の生き方をしていきましょう。それが一番の、未来の自分と子孫への資本であり財産となる、このように思います。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:暖冬。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


【AFP記者コラム】スウェーデンの暗い冬に見つける小さな喜び


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック