さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2015年02月13日

不幸を呼ぶ、最凶最悪の「癖」とは?!  ★ポップコーン「跳躍」現象の謎、物理的に解明 仏研究

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

雨上がり

先日、ホイットニー・ヒューストンさんの命日の記事に、娘のボビー・クリスティナ・ブラウンさんのニュースを掲載しました。

3年前、母が急死。
娘さんは、奇しくもその母と同じく浴槽で、心肺停止状態で発見され、現在、人工的な昏睡状態に置かれているものです。それも、その犯人は事実上の夫(恋人)らしいということ。

W.ヒューストンさんといえば、歌唱力だけでなく、あの美貌ですから生前はさぞかしもてただろうな、と推測します。
娘の父親とは離婚し、莫大な財産も、いっさい元夫には相続させないという遺書がありました。実際、お金などにだらしのない不肖の元夫であるらしいのですが。

娘のボビーさんは、夫と公認していた恋人から、DVを受けていたということです。

親子2代でなぜ、というような疑問がありますね。
彼女はわずか21歳。お金もあり、何不自由ない生活、しかし、ホイットニーは愛娘に、幸せは相続してあげられなかったようです。

今日は過去の記事を編集して、お伝えします。


人間の癖について考えてみます。

その中でも特に、私たちを不幸にする癖、というのがありますので、それをお話しておきます。

よく、酒癖が悪い、女癖(男癖)が悪い、ギャンブル癖があるという言葉があります。
こういう人は、それが身についてしまって、簡単には直らない状態にあります。

中でも、女癖(男癖)が悪い、というのは、最凶な人です。

時間を守らない、金使いがルーズ、嘘をついたり、約束を破る、こんな人もけっしてよくはありませんが、女癖、というのは、過去にもいろいろあり、将来にわたり、不幸の種を抱えたような人ですから、最悪の中の最悪になります。

「愛情」というのは、それが真実のものだったら、私たちを幸福に導くものとなります。
反対に、愛情を間違って使うと、不幸の道にいくことになるわけです。

特に、最近は、男性に限らず女性も奔放になり、性が乱れきっています。
女性が、2人あるいは3人以上の男性と関係をもつと、男性の場合以上に、子孫の運勢はグッと悪くなります。

すぐに自分に出る場合もありますが、浮気や不倫は、子どもに即、悪影響として表れ、様々な問題を抱える場合があるのです。
生命にかかわること、つまり、不慮の事故や病気などで、子どもが亡くなることも少なくないのです。

最高だった運勢が、男女関係の過ちによって、最悪になる。子どもの首を絞める行為だと考えたらいいかと思います。


さて、どこで悪い癖を断ち切るかです。
このような時代の風潮にただ乗せられても、馬鹿を見るのは自分です。

といって、これまでの過去の過ちはもうどうしようもありません。
今までのことはそれとして、なんとかして、悪い癖を解消しなければなりません。

たとえば、夫が浮気性だからといって、離婚するわけにもいきませんね。

また、女垂らしの男性の息子が、必ずしも父のようになるわけではありません。
お母さん次第で、息子の淪落は防御することもできます。

(ただし、DVなどの問題がからむ場合は、その夫を愛情で変えるには、時間がかかります。その前に奥さんや子供さんが傷つき、壊れてしまうかもしれません。暴力を避けるため、一時的に避難せざるを得ないこともあるでしょう。)

愛情ゆえに人は結婚し、性の営みをする、それはとても幸福なことですが、神様から許された一人の相手だけと契りを結ぶものであって、勝手に相手を変え、不特定多数と交わっていけばいくほど、幸福ではなく、不幸に転落していくのです。

巷では恋愛を謳歌し、最高のものだと讃えますが、そこには大きな落とし穴もあることを、私は敢えて言い続けます。

悪魔の囁き、というのは、男女の関係で、一番巧妙に働くようです。

男性、あるいは女性の甘く優しそうな外見にだまされず、その言葉にだまされず、自分の内面の愛情のポイントを積む、そして、良心の勧めに従っていけば、神様が推薦する相手と、出会えます。


女癖の特効薬はありませんが、何に対抗するにしても、真実の「愛情」に勝るものはありません。
これは、恋愛の愛情ではなく、人を思いやる真心から出る愛情です。

離婚をすでにしてしまった人、そんな人でも、幸せのためにポイントを積むことが大切かと思います。

神様に認められ、祝福される「愛情」をもつこと、それが一番大切なのではないでしょうか。

また、今の私の家族の中で、誰よりも家族思いの、愛情あふれる人になっていく、そういう太陽のような人がいる家庭は、神様も関心をもち、いい運勢がくるようになっています。

愛情など一滴もなくカラカラだという方は、にっこり笑ってみましょう。
また、お祈りや、「ありがとう」の言葉、ホ・オポノポノでパワーを得ましょう。

大丈夫。
砂漠に水を注ぐように見えるかもしれませんが、お祈りや、ホ・オポノポノ、そして笑顔には無限の力があります。渇いた心にも、すぐに小さな泉なら作ることができます。

ただ、それを途中であきらめてしまうか、あきらめず自分の癖にまでしてしまうかですね。
枯れない愛情の泉を持てるまで、続けていきましょう。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:雨上がり
by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


ポップコーン「跳躍」現象の謎、物理的に解明 仏研究



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています



【関連する記事】
posted by kuri-ma at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛と幸福 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック