さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2015年02月09日

《感動》母を亡くした子が…お母さんに抱かれたくて!   ★動画:生まれたて!ホワイトタイガーの赤ちゃん4頭公開、埼玉

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

移り・・・


お母さんというのは、
子供たちのくちびるや心にある
神さまの名前


ウィリアム・メイクピース・サッカレー



10968497_1547233545538002_383712295862488221_n.jpg 1607029_1547233562204667_7422640167973353576_n.jpg

イラク戦争の真っ只中に
母を亡くした少年が描いた絵──
これは、実話に基づき、
インスピレーションを得て作られた動画です。





子どもの母親の求め方が、芝居っけがなく、心を打ちますね。

調べてみると同じ主題の写真がいくつもありました。
一つはお母さんに添い寝してもらっているかのようなもの。
もう一つは、インドの少女で、まるでお母さんの胎内にいるかのように描かれています。

orphan_boy_draw_mother1.jpg   indiangirl.jpg



母と子のつながりというのは、切っても切れないもの。

母というのは、私と命、私と世界をつないでくれたもの。
母がいなければ、この世に生まれてくることもなく、父や家族に出会うこともありませんでした。

生まれてからも、母を鏡のようにして、人間関係や社会のことも学んでいきました。
母がすべてをつないでくれたのです。

だから母がない子どもほど、不憫なものはありませんね。
抱いてもらうこと、それだけで満ち足りて、また元気に飛び回れるのに。

母の存在はいつもとても大きくて、いくつになっても母の喜ぶ顔が見たいし、母に褒めてもらいたくて頑張れるところがあるかもしれません。

昨年亡くなった高倉健さんの言葉です。


お母さん、僕は、あなたに褒められたくて、
ただ、それだけで、
あなたがいやがってた背中に刺青(ほりもの)
(い)れて、返り血を浴びて、
さいはての『網走番外地』、
『幸せの黄色いハンカチ』の夕張炭鉱、
雪の『八甲田山』。
北極、南極、アラスカ、アフリカまで、
三十年駆け続けてこれました。
 別れって哀しいですね。
 いつも・・・・・・・・。
 どんな別れでも・・・・・。

あなたに代わって、褒めてくれる人を誰か見つけなきゃね。

 
高倉健著『あなたに褒められたくて』より





赤ん坊は
母親の目を見ているだけではなく、
自分を見ている母親の目を見ている


(ドナルド・ウィニコット )




母なる大自然の懐に抱かれて、地球という揺りかごで生かされている私たち。
今日を感謝して、また、生んでくれた母にも感謝しつつ、過ごしていきたいですね。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:移り・・・
by (C)ヨマ( 今日も復帰^^)さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


動画:生まれたて!ホワイトタイガーの赤ちゃん4頭公開、埼玉


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています



【関連する記事】
posted by kuri-ma at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 生命と赤ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック