さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2015年01月08日

「ありがとう」が有り難い?!  ★【写真特集】米ラスベガスで家電見本市、CES開幕

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

富士山


どこにいても、どんなときでも、
あらゆる「命」とのつながりの中で
生かされている……
という幸せや感謝を表す言葉は
まさにありがたい「魔法の言葉」


村上和雄



私は時々思うのですが、日本人というのは、世界の人々にとって、貴重な存在だなぁと。

世界が平和に一つとなっていくために、大きな使命があるのではないでしょうか。

その気になれば、日本のよいところはたくさんあります。
日本人がその良さを発揮すれば、多くのすばらしいことができるでしょう。

経済的な状況を見ても、多くの人においしいものを食べさせ、教育を受けさせてあげるなど、たくさん助けてあげることができます。

今は、心が貧しくなったと言われたりもしますが、やはり豊かな精神性をもった民族だと、私は自負しています。

いよいよ、私たちの持てるものを発揮するべきではないでしょうか。

筑波大学名誉教授、村上和雄さんの著書からの抜粋です。
SNSに掲載されたものですが、そのまま紹介します。


「ありがたい」という言葉は、日本人ならごく当たり前のように使っている言葉ですが、ほかの国の言葉では同じようなニュアンスに訳すことができない、いわば日本独特の言葉なのです。

例えば、英語なら「サンキュー」が該当しますが、実際にはニュアンスが少し違ってきます。

日本語の「ありがとう」は漢字では「有り難う」という字になりますが、読んで字のごとく、「有ることが難しい」という意味であり、深い感謝の思いだけでなく、祈りの気持ちに近い感情すら感じられる言葉だと思います。


誰かが、何かをしてくれたことに対して「ありがとう」と言うときには「サンキュー」と同じように使えますが、

「ありがたいことに、仕事は順調なんです」「いいお天気で、ありがたい」

というような表現を英語で訳すのは大変難しい。

英語圏でこうした言い方をすると、

「誰に対してサンキューと言っているのか?」と質問されます。


「ありがとう」以外にも、外国語では直訳できない日本語がいくつもあります。

「いただきます」は、料理を作ってくれた人への感謝の言葉としての使われ方をしていますが、実は動植物の命をいただくことに対して「いただきます」という意味があります。

「いただきます」には、私たち日本人が自分の命のために、ほかの動植物の命を「いただいている」ことを、食事のたびに意識し、感謝する言葉でもあるのです。


「おかげさま」という言葉も、外国人に言うと「ありがたい」と同じように「なんのおかげ?誰のおかげ?」と質問されます。


また、「もったいない」という言葉は、ノーベル平和賞を受賞したケニア人のワンガリ・マータイ氏によって、環境保護の合言葉として広めることを提唱され有名になりました。

そこには、常に「私」以外の他者へのまなざしや思いやりが透けて見えます。

自分が損をする得をする、ということではなく、他者が悲しむべき状態に置かれること、つまり、自分と他者との「調和」が損なわれることに対し「もったいない」と述べているのが分かります。


このような考え方と情緒を表現する言葉は、ほかのどの国の言語にも見当たりません。

他人だけでなく、相手が自然の草木や言葉を発しないモノであったとしても、悲しませるようなことはしたくないという日本人の気持ちの発露が、こうした言葉を育てたのではないでしょうか。


その感覚は、まるで、そこには見えない「命」が宿っているかのような扱いだと思います。

日本人は、古来から草木の一本から、火水風土あらゆる万物に神霊が宿り、そうした「ありがたい」大自然の恵みによって生かされていると考えられてきました。

キリスト教の考え方では、大自然の上に神が君臨していますが、日本人にとっては「八百万(やおよろずの)神」、つまりあらゆるものが神だったのです。


それ故我々は、どこにいても、どんなときでも、あらゆる「命」とのつながりの中で生かされているという幸せや感謝を表す、まさにありがたい「魔法の言葉」も使ってきました。

そのことを、今こそ再確認したいと思うのです。


『奇跡を呼ぶ100万回の祈り』ソフトバンククリエイティブ



その通り!

素晴らしい精神性を延ばして、人の気持ちにそったよい絆つくりをしていきたいですね。

日本人にしかできないことが、必ずあります。

そして、ひとりでは目立たない日本人ですが、コツコツとやりぬく力もあり、何よりチームとなると、絶対に崩れないスクラムを組んでいくこともできます。

ありがとう、いただきます、おかげさま、もったいない、…それ以外にも、よい言葉をたくさん持つ日本。
これらの言葉は、村上先生の言われるように「魔法の言葉」であり、私たちの宝物だと思うのです。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:富士山
by (C)緋佳さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


【写真特集】米ラスベガスでCES開幕、最先端機器が一堂に



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています



【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック