さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2014年12月26日

財産のない人にもできる七つの施し?! よい人生、よい年にしよう!  ★インド洋大津波から10年、各地で追悼式典

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ

夜明け


形あるものはいつか亡くなる。
でも、多くの人の役に立ち、
人の目を楽しませた人生には意味がある。
意味のある生き方をできた
ということが幸福なのです。


日野原 重明


形あるものはいつか滅びて、その姿は無くなってしまう。
命があるものは、いつかその生を終えて、亡くなっていく。
この肉体は終わりが来る。
物と同じように、滅んで影も形も無くなる。

一つ違うのは、人間の魂はけして滅びない。
なくなったように見えて、実は永遠に目に見えない存在として生き続けます。

「意味のある生き方をできたということが幸福」であるとのこと。

意味のある生き方とはなんでしょうか。
多くの人の役に立ち、人を楽しませた人生こそが、意味のある最高の人生といえるとのこと。

形あるものは、いつかは滅びるのですから、形あるものの代表格、お金や財産、地位、名誉などは、あの世までも、永遠に持っていけるものではありません。

もちろんそういう、目に見えるものでも、人を喜ばせることはできますが、
財産のない人にもできる七つの施し、「無財の七施(むざいのななせ)」というのがあるそうです。



【無財の七施】


1.温かい笑顔(顔施=がんせ)
      
2.優しいまなざし(眼施=がんせ)
        
3.思いやりのある言葉(言辞施=げんじせ)

4.感謝の心で人に接する(心施=しんせ)

5.手足を使い人のために汗を流す(身施=しんせ)

6.席や場所を譲る(床座施=しょうざせ)

7.宿を提供する(房舎施=ぼうじゃせ)



以上のことを心がけていけば、目に見えない、心の財産をたくさん残せる人生となることでしょう。

この年末、慌しい中ではありますが、思い出しながら、今年最後の、魂のグレードアップのために、心がけていきたいです。

除夜の鐘を鳴らせば、煩悩を減らせるなどと言いますが、きっとこの方がはるかに実践的なことであると思うのです。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:夜明け
by (C)星船さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

西尾仁さんのフェイスブックの投稿を
参考にさせて頂きました。こちら


インド洋大津波から10年、各地で追悼式典



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています




【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック