さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2014年06月29日

あとでやろうと思っても…?! 〈相田みつを〉  ★一銭も使わずに1年間生活、ドイツ人女性が体験を書籍に


2014.06.25 瀬谷市民の森 デンデンムシ


わたしの座右銘

あとでやろう
と思っても
やれた試し
がない
やるならば
いつでも
いまだ


未青浪人

(相田みつを)


あとでやろうと思ったわけではないのですが、時間というのは、いつも狙われていて、気づけば泥棒に奪われてしまうことがあります。
この詩を選んで、記事にしようと決めてから、丸二日が過ぎて、3日目を迎えてしまいました。

このブログを立ち上げて1000日間の間は、何よりもこのブログを優先してきました。
乳飲み子を抱えているわけではないので、なんとかなりました。
1000日の基準が立ったので、今度は次の目標、もっと人のために役立つことをしたい、ということでブログでカウンセリングを受け付けました。

自分のために時間を無駄使いしたわけではなく、人のためにしているこのブログですから、難しいですが、人に役立つことなら、優先していこうというスタンスに変えています。

それでも、できる限り一日24時間の中で1記事を更新することは、目標にし続けていきたいです。

今受けている無料カウンセリングは、ある意味、時間勝負のところがあります。
肉体を持っている限り、24時間の枠は越えられません。いかに、時間よりも、人を大切にし、人のために生きるという私の目的を優先するかです。

これは、時間を奪おうとする、時間泥棒と、私との熾烈な戦いでもあります。
ですから、一瞬の気の緩みが、その日中に成せたはずのことなのに、ハッと気がつけば朝になって、無駄な時を過ごしてしまったと思っても、もう元には戻せません。

一番、危ないのは、ちょっと時間のゆとりがある時ですね。
また、自分には難しいことだったら、真剣に取り組みますが、楽勝でできそうなことの場合も同じです。

「あとでやろう」と思ったが最後、気がついたら、カメはゴールしていたというウサギのような失敗を犯しやすいですね。

優秀な人になる必要はありません。
カメのようにあきらめずに進み続けるそういうひたむきさ、それは必要かと思います。


securedownload.jpg



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:デンデンムシ
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


一銭も使わずに1年間生活、ドイツ人女性が体験を書籍に


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


【関連する記事】
posted by kuri-ma at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 相田みつをの言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック