さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2014年03月31日

霊界で「魂の記録」初上映?! 生涯を振りかえるフラッシュバック、走馬灯 《霊界ってあるんでしょうか5》  ★7空港で「歓喜の歌」同時生演奏、政変犠牲者を追悼 ウクライナ


出発進行!!


まもなく、〇〇さんの「魂の記録」初上映です。
列車に御乗車ください。
こちらの窓から、生涯の景色が見られます。
超高速再生ですのでお見逃しなく。
それでは、発車いたします──



卒業式の答辞の中で「〇〇の場面が走馬灯のように甦ってきます」という、思い出を振り返るシーンがあります。

小学生の時は「走馬灯」ってなんだろうなぁと思ったものです。回すといくつもの絵が移り変わって見える灯篭のようなものなんだとか。樋口一葉の「たけくらべ」で子どもたちがお祭りに幻燈というのをして遊ぶのですが、似た遊びだったのかもしれません。
その当時は映画はなかったでしょうから、ぽおっと何かの場面が見え、また消えていき、次の場面となる、そんな調子だったのでしょう。

また、走馬灯というのは、私たちが亡くなる直前に、自分の人生を超スピードで振り返るフラッシュバックのことを差す場合もあります。


人が亡くなった直後、誰もが同じような状況を辿っていくことが知られていますが、神さまのような眩しい光の存在に、「あなたは死の準備はできていますか」また「生きているときに満足のいくことをしてきましたか」と尋ねられた直後、否応なく、自分の生涯の映画を見ることになるのだそうです。

亡くなる前に自伝を書かれる方もおられるようですが、自分の主役の映画まで作った人はあまりいないでしょう。

しかしそれは、生を受けてから息を引き取るまでの、一瞬も逃さないような、自分の都合のいい部分だけではなく、隠しておきたいことまで、包み隠さず表れてしまうような映画だといいます。
とても鮮明であり、例えば子どもの頃に遊んだおもちゃの色や形、その時の両親の笑顔や会話まで、まるで経験した通りだといいます。

少しも端折られていないのに、それを瞬間にすべて見るのだそうです。
あの世は永遠の世界と言いますが、この世に親しむ私たちとは、時間の感覚が違うのでしょう。

例えば何か事故などに合う瞬間に、実際の時間では一瞬のうちに、いろんなことが一気にビジュアルで思い出されることがあります。それと似通っているかもしれません。それが、映画の予告版のようなものだとしたら、この「フラッシュバック」は本編ということになります。

さて、その映画は、自分が主役の映画でありますが、自分だけでなく、その場にいる人、誰でもが一緒に見ることが出来、隠すことができないようです。

一生の間に、どれだけ恥ずかしいことがあったでしょうか。それを隠しておけないようなのです。

フラッシュバックとは映画を見るという表現がわかりやすいですが、走馬灯に近い感覚もあります。電車に乗っていて、外の景色が移り変わっていくのを見るように、窓から見える自分の生涯を見る、というように捉える人もいるようです。

いろんな懐かしい人も映画には表れてきます。しかしあくまでも、これはその人が主役の物語なのです。
自分が覚えていなかったような幼い日から、懐かしい思い出、消し去りたいシーンもカットはありません。
こうして、流された自分の生涯にふさわしい霊界の場所に、行かざるを得なくなるといいます。

私たちの魂そのものに、人生の記憶がビデオテープよりも性能よく記されているということです。高性能の高画質の映像のように。
それも立体的だともいいます。3D映画以上の迫力があるのでしょう。
まるで、電車から、すぐ外を見るような感覚だといいます。

私の魂に、すべてが刻まれるように残っているなんて…!
どんなに自分の悪事をこの世では隠しおおせた人であっても、これでは万事窮す、となるでしょう。

私も、いつか自分の主演映画を見るのは楽しみな反面、恥ずかしいこと愚かなこと、また罪深いことを重ねてきましたから、きっと裁きの場のようにもならざるを得ないなと、恐れる気持ちもあります。

頑張って生きた、満足だと言える人生でなければなりませんし、ただの自己満足でもいけないということになりますね。

いろんなことがあっても感謝の生活。
そして祈って、神様にバカな過ちも報告して、許して頂きながら、反省して気を取り直して、また一日を笑顔で過ごす。
こういう繰り返しの中でも、魂を少しずつでも輝かせていきたい、と思うのです。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:出発進行!!
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


7空港で「歓喜の歌」同時生演奏、政変犠牲者を追悼 ウクライナ



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック