さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2014年03月06日

甲午の年に続く凶悪事件! 若者の明暗を分けるのは…本物を育てる愛の目?!  ★プルシェンコ、大手術で腰から4本のボルト除去


雪煙


おそろしい事件が続きます。
私の住む隣の市で、凶悪な事件がおこりました。
なんとなく、若い人ではないかと思っていましたが…。

今年は、年回り的にも、とんでもないことが起こりそうな年だとは心配はしていましたが、大変なことになっていますね。
激動の年。
内乱、反乱、の多い年。
小競り合い、兄弟げんか、若い人の反抗的なイメージも沸く「甲午(きのえ・うま)」。
これでもかというくらい、今後もいろんなことが起こってくるかもしれません。

以前言ったように、「本物になる」というのが、今年を乗り切るポイントになるでしょう。

たとえば、何かが起こったときに、どれだけよい大人の判断ができるか、一番の明答を出すことができるか、ということに、本物かどうかはよーく表れます。

ですから、何かに乗じて、ウクライナに進出したロシアのようなことをする場合は、「本物とはいえない」わけで、その時に上手いことやったように見えたとしても、絶対に運勢を落とすのです。

昨年起こったことが、また今年になって更にはっきり結果が表れてきます。
例えば、三重の少女殺害事件の犯人の少年が逮捕されました。
アルプス4人殺害事件も、一人が逮捕され、動き始めています。

ピストリウスの事件はまだ決着はつきませんが、初公判で再び注目を浴びていたり、ノルウェーで爆破・銃乱射で77人を殺害したアンネシュ・ベーリング・ブレイビク受刑者(35)は、刑務所でメチャクチャな要求をしているらしいですね。


若者、十代の犯罪も増えていることを見ると、とても複雑な思いになります。
若者は、未来を担う、私たちの希望のはずですから。

ソチオリンピックでは、素晴らしいアスリートたちと、それを支える人たちの努力によって、感動の連続でした。
若者たちは(中には、少し年をめされた若者もおられましたが)、ここまで世界に活気を与える力があるのです。

そういう、人を喜ばせる人たちがプラスなら、犯罪者たちはマイナス。
若い人たちは、両方の可能性を持っています。

若者のよい芽を育ててあげられるのは、私たち大人の温かい愛情かと思います。芽は、太陽や水、そして、朽ちて土に返ったものたちの養分で育っていきます。


今日、息子の公立高校の合格発表がありました。小学生から知っている子どもたちが、それぞれの学校に決まりました。
高校というのは、学力でレベル分けがしっかりされてしまうので、ちょっとそのへんはシビアですが、それだけで子どもたちを評価したくはありません。

息子の友だち一人ひとりの性格は様々ですが、それぞれに愛すべき個性をもっています。見事に行く高校はバラバラになりましたが、きっとそれぞれに刺激し合いながら、よい関係を続けてくれるのではないか、と期待しています。
母にとっては、彼らは皆、息子の友だちであっても、希望の星なのです。

何にもできないけれど、彼らを見守る目になりたい、陰で祈り、お日様のように愛情を注いであげたい、と思うのです。

(これは、いつの年でもそうなのですが、)特にこの激動の年、「甲午(きのえ・うま)」の年を乗り切るためには、本物になる、本物を目指すしかありません。まがい物に逃げては運勢を落とします。

彼らに本物になってほしい。また大人の私たちも、ずっと現役の本物を目指し、自分の持つ宝石を磨き続けていきたい、そう思うのです。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:雪煙
by (C)星船さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


プルシェンコ、大手術で腰から4本のボルト除去


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています



【関連する記事】
posted by kuri-ma at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック