さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2014年02月25日

♪あと何度「卒業」すれば、本当の自分に辿り着けるだろう?! 《尾崎豊の求めていたもの》  ★豪華すぎるヤヌコビッチ前大統領の私邸に見学者殺到!


雨上がりの空.jpg


あと何度自分自身 卒業すれば
本当の自分に たどりつけるだろう




尾崎豊の「卒業」といえば、大ヒットした後、卒業式でも歌われて、大人への反抗のシンボルのようにされ、社会現象にまでなりました。

当時、卒業式で歌う、と聞いて、嘘だろと思いました。

あまりに卒業式にはそぐわない曲だと思っていたからです。
「卒業」というタイトルはついていますが、これは、いわゆる「卒業式」の歌ではないですから。

「夜の校舎 窓ガラス壊してまわった」と、晴れの場で歌われた日には、先生たちはさぞ複雑な心境だったでしょう。
いくら子どもたちを自由にさせるといっても、これではただの放縦で、好き勝手にさせるにもほどがある、と当時しっかりOGだった私は、苦々しく感じたものです。

やはり、卒業式のスタンダード「仰げば尊し」あるいは、現代であればニュースタンダード「旅立ちの日に」がふさわしいでしょう。

この歌は、尾崎の心のあがきのような曲であり、突き破りたいのにできない葛藤を描いた、内的世界の卒業を願う歌なのです。
尾崎豊以外の人がなかなか歌えるものではありません。

いずれにしても、中高生が、大合唱する歌ではない、と私は今でもそう思っています。尾崎自身も困惑していたに違いありません。

…何に従い 従うべきか考えていた
ざわめく心 今 俺にあるものは
意味なく思えて とまどっていた…

退屈な心 刺激さえあれば
何でも大げさにしゃべり続けた

自分がどれだけ強いか 知りたかった
力だけが必要だと 頑なに信じて
従うとは負けることと言いきかした
友達にさえ 強がって見せた
時には誰かを傷つけても


こんな、若者がぶつかる葛藤を露骨なくらい素直に描いています。

思うのですが、「夜の校舎 窓ガラス壊してまわった」の部分をなぜリフレインにしたんでしょうか。
一番インパクトが強いからそうなったのでしょうが、これでまるで、校内暴力の歌みたいなイメージがつくことになったのかと思います。

「あと何度自分自身 卒業すれば 本当の自分に たどりつけるだろう」
この世界が強調されれば、そして、卒業式で歌うなどという現象がなければ、尾崎豊のイメージもまったく変わっていたことでしょう。

永遠の未成年というのは、存在しません。

彼は、(霊界に在っても、)彼自身の本当に求めるものを、今もきっと求め続けているに違いありません。
そして、今の若い人たちに、生きている人たちの中に、彼の意思を受け継いで、自分を実現する姿を見たいに違いありません。

いま、この時勢で、ふさわしい曲かどうかわかりませんが、
ご紹介させて頂きます。






「 卒 業 」


校舎の影 芝生の上 すいこまれる空
幻とリアルな気持 感じていた
チャイムが鳴り 教室のいつもの席に座り
何に従い 従うべきか考えていた
ざわめく心 今 俺にあるものは
意味なく思えて とまどっていた

放課後 街ふらつき 俺達は風の中
孤独 瞳にうかべ 寂しく歩いた
笑い声とため息の飽和した店で
ピンボールのハイスコアー 競いあった
退屈な心 刺激さえあれば
何でも大げさにしゃべり続けた

行儀よくまじめなんて 出来やしなかった
夜の校舎 窓ガラス壊してまわった
逆らい続け あがき続けた
早く自由になりたかった

信じられぬ大人との争いの中で
許しあい いったい何 解りあえただろう
うんざりしながら それでも過ごした
ひとつだけ 解ってたこと
この支配からの 卒業


誰かの喧嘩の話に みんな熱くなり
自分がどれだけ強いか 知りたかった
力だけが必要だと 頑なに信じて
従うとは負けることと言いきかした
友達にさえ 強がって見せた
時には誰かを傷つけても

やがて誰も恋に落ちて 愛の言葉と
理想の愛 それだけに心奪われた
生きる為に 計算高くなれと言うが
人を愛すまっすぐさを強く信じた
大切なのは何 愛することと
生きる為にすることの区別迷った

行儀よくまじめなんて クソくらえと思った
夜の校舎 窓ガラス壊してまわった
逆らい続け あがき続けた
早く自由になりたかった

信じられぬ大人との争いの中で
許しあい いったい何 解りあえただろう
うんざりしながら それでも過した
ひとつだけ 解ってたこと
この支配からの 卒業


卒業して いったい何解ると言うのか
想い出のほかに 何が残るというのか
人は誰も縛られた かよわき小羊ならば
先生あなたは かよわき大人の代弁者なのか
俺達の怒り どこへ向かうべきなのか
これからは 何が俺を縛りつけるだろう
あと何度自分自身 卒業すれば
本当の自分に たどりつけるだろう

仕組まれた自由に 誰も気づかずに
あがいた日々も 終る
この支配からの 卒業
闘いからの 卒業


尾崎豊



「あと何度自分自身 卒業すれば
本当の自分に たどりつけるだろう」
これは、私たち一人一人が、問い掛けてみるべきことではないでしょうか。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村




ヤヌコビッチ大統領の私邸公開、豪華な暮らしぶりが明らかに

豪華すぎるヤヌコビッチ前大統領の私邸に見学者殺到



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


【関連する記事】
posted by kuri-ma at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 尾崎豊の求めていたもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック