さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2014年02月05日

今日も命をありがとう?! 「いただきます」! 《矢作直樹の人を生かす13の言葉》  ★がん患者数、2030年までに1.5倍に 国連


けんちん汁♪


命を頂戴した私たちは、
命の限り生きなければなりません。

「命をムダにしません、
ありがとうございます」という感謝の念で
食事の席に臨むことが、
私たち人間の作法。

そして、私たちの生を確認すること。


矢作直樹



今日が矢作直樹先生の『「あの世」と「この世」をつなぐ お別れの作法』からの記事の最終回です。
これまで「幸せなお別れを約束する言葉」という章の内容を、《人を生かす13の言葉》として編集し紹介して来ました。

13の言葉を分類するとこうなるかと思います。

1 感謝の言葉
  「ありがとう」 
  「助かります」 
  「おかげさまで」 

2 前向きな言葉、肯定する言葉
  「大丈夫」 
  「何とかなる」 
  「やってみたら」 
  「それでいいんですよ」 

3 相手を認め喜ばせる言葉(「なのね法則」など)
  「いいね」「うまいね」「さすがですね」「すごいな」
  「頼りになるね」「楽しそうだね」 
  「ホッとする」 

4 その他
  「またね」「またお会いしましょう」 
  「幸せでした」 
  「いただきます」
 
(本とは順序などは変更しています。)

先生が言われるように、これらの言葉は「自分を活かし相手を生かす」とても元気の出る言葉、パワーのある言葉ですね。

また、これらは、使ったら相手やその場の雰囲気を変える「魔法の言葉」ともなります。
幸せを呼ぶ言葉ともいえるでしょうか。

今日は最後の「いただきます」を紹介します。



「いただきます」
 命を頂戴する意味を知る

私たちは毎日「命」を頂戴しています。動物、植物、海の幸、山の幸、ありとあらゆる「命」を頂戴して、私たちは生きています。

命は自然界でリンクしています。生態系の仕組みを想像すると明らかですが、お互いにムダがありません。
生命が連綿と続いている世界の仕組みを、命のありがたみをもって教えること。この言葉は、下の世代に伝えなければならない大事な言葉です。

お釈迦様の最初の悟りは「この世のすべてのものに命がある」というものでした。それでも私たちは食べていかなければなりません。

だからこそ、「命をムダにしません、ありがとうございます」という感謝の念で食事の席に臨むことが、私たち人間の作法でもあるのです。

命を頂戴した私たちは、命の限り生きなければなりません。それが人間の義務です。
仏教やキリスト教などの宗教では食事の際にお唱えごとをしますが、一般にはこれを簡略化して、いただきます、と唱えます。

私たちを生かしてくれる自然界をはじめ、料理の素材、生産者、配送者、調理者、さらにいつも自分の周囲で見守ってくれている多くの人に、自分が今日もまた食事が出来ることを感謝する素晴らしい言葉です。
私は個人的に、そこに見えない存在に対する多大な感謝も込めて唱えています。

ありがたく命を頂戴します、という言葉を、私たちは毎日使うべきだと感じます。それが私たちの生を確認することにもなるのです。

矢作直樹
『「あの世」と「この世」をつなぐ お別れの作法』
第四章「幸せなお別れを約束する言葉」より



矢作先生が、「ありがとう」に次いで大切な言葉だとしている「いただきます」
何気なく使っている以上に深い意味があったんですね。

以前、「いただきます」については、私もブログで取り上げたことがあります。→ ‘いただきます’の文化、ヨーロッパでは?!

先日紹介した「幸せでした」で取り上げましたが、手を合わせると、更に幸せが増幅されるようです。

その昔の学校の給食では、手を合わせてから、みんなで「いただきます」と言ったものでした。
いまだに、その癖で、「いただきます」と言いつつ、つい手を合わせているのですが、これはよい習慣だったかもしれません。

矢作先生と同じように、見えない存在、神様や先祖に感謝するという意識で、「いただきます!」と元気にいって、毎食の食事をおいしくいただきたいですね。

命をいただきます、という意味を考えさせられます。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:
けんちん汁♪
by (C)ヨマ
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

矢作直樹(やはぎ・なおき)
東京大学大学院医学系研究科救急医学分野教授および医学部附属病院救急部・集中治療部部長。
1981年、金沢大学医学部卒業。その後、麻酔科を皮切りに救急・集中治療、外科、内科、手術部などを経験。1999年、東京大学大学院新領域創成科学研究科環境学専攻および工学部精密機械工学科教授。2001年より現職。
2011年、初めての著書『人は死なない』(バジリコ)が7万部を超えるベストセラーとなり、話題となる。


kuri-maの参考記事
 ‘いただきます’の文化、ヨーロッパでは?!
 ・プラスを取り込む食事とは?!幸せはつかむものではなく、引き寄せるもの(4)

 ・人は死なない?! 「東大救命医 独自の死生観」テレビ朝日で矢作直樹が語ったこと
 ・自分を活かし相手を生かす12の「言葉」?! 「お別れの作法」その3
 ・成仏を心配するのはルール違反?! 「お別れの作法」その2 《霊界ってあるんでしょうか》番外編4
 ・「あの世」と「この世」をつなぐ「お別れの作法」とは?《霊界ってあるんでしょうか》番外編3


がん患者数、2030年までに1.5倍に 国連



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています

【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック