さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2014年01月24日

「三年寝太郎」はニートのハシリ?! ワインは寝かせて待て!  ★「民主主義への脅威は富裕層」、国際NGOが警告

船井幸雄氏を偲ぶ2つ目の記事です
梅花爛漫。


──もしも三年寝太郎が3年考えていたことが、
ネガティブだったら???
寝太郎の成功の秘訣とは何だったのでしょうか?



散歩の途中で富士山に登った人はいない

小宮一慶



人生の結果=「考え方」×「熱意」×「能力」

稲盛和夫



人生を生きるうえでも、経営においても、
正しい考え方を身につければ、
自然にツキがやってきて、
成功するようです。


船井幸雄



「三年寝太郎」というのは、ただのグウタラではなくて、超ポジティブ・シンキングの持ち主だったのでは、と思うのです。

ニートや引きこもりに形は似ているけれど、実はとても意思の強い、型破りの人物ではなかったかと推測します。

一般的なお話では、寝太郎が寝てばかりいたのは、三年間構想を練って考えていて、3年後それを実行に移して成功するというお話です。
旱魃(かんばつ)に苦しむ地域で、灌漑事業の功績を立てたとする地方もあって、寝太郎の銅像やお祭りもあるそうですね。(4月29日、山口県山陽小野田市、厚狭地区)

私が子供の頃読んだお伽話の本では、この太郎というのは、とにかくモノグサで、近所の人が運んでくれるおにぎりが転がっても自分で取るのがめんどくさい、ちょうど通りかかったその国のお偉い方に、取ってくれと頼む始末。その偉い人が、殿様に大切なことを頼まれた時、その適任者として、物に動じない太郎を大抜擢したというものでした。

日本各地に残る民話ですが、中国とかの関連をきかないところを見ると、それが山口県かもしれませんが、日本にあった比較的新しい実話が元になっているのかもしれません。


さて、三年寝太郎が考えていたことが、もしもネガティブだったら?
もしかしたら、寝るのは3年で済まず、もしかしたら「三年寝太郎」の物語すら生まれなかったかもしれません。

悪い「考えすぎ」というのは、よい考えがまとまることはなく、よくない結果を生じるというのは、「考えすぎる女たち」のシリーズでお話している通りです。

ですから、寝太郎は考えすぎに陥ることはなかったのでしょう。

あくまでも、建設的なことを考えていたと思うのです。
前向き思考の持ち主、それも「超ポジティブ・シンキングの達人」というほどだったのではないでしょうか。

そして考えに煮詰まった時には、実際に寝ることが、いい気分転換になったのかもしれません。

3年も考え続けたという、そしてその構想を実行に移し、やり遂げたということは、すごいとしか言いようがありません。

その間、どんな風に自分のことが言われているのか、そういうことにこだわることなく、実行のその時まで、構想を練り続けることに集中し、いざとなったら、それを実行してやり遂げる。
たいした人といえるでしょうね。

日本に広がるニート、引きこもりの中には、もしかしたら、「三年寝太郎」のような逸材が眠っているかもしれません。
しかし、考えすぎによるうつ状態、ジャンクフードと、ゲーム三昧に明け暮れているとしたら、ちょっと違うかもしれませんが…。


「正しい考え(方向性)」と「あきらめない熱意」


人生の結果=「考え方」×「熱意」×「能力」

これは、稲盛和雄氏の人生成功の方程式です。方程式ですから、誰かにはその通りだけれど、誰かは運だけで結果が出た、ということはありません。
三年寝太郎もそうだったのでしょう。

また船井氏も「正しい生き方」と言われてるように、自己中の怠け者では、成功はできないのではないでしょうか。

ですから、「三年寝太郎」の成功の秘訣とは、考え方の方向性、考えていたことが前向きで、よい動機だったのだと推測されるのです。

また、できるまでは絶対にあきらめずにやり通すということ、この熱意と根性も大切です。

方向性、熱意、この2点は強いです。
能力ももちろん必要でしょうが、正しい考え方とあきらめない決意は足し算ではなく、掛け算なので、能力はたとえ「1」でも結果は大きく出ます。


チャンスは巡る


三年寝太郎の成功の秘けつ、もう一つは、好機というものを捉えたからではないでしょうか。
やる時はやるというそのタイミングが、機が熟するというものだったためでしょう。

正しい考えを、熱意をもってあきらめずに続ける人には、チャンスが必ず訪れるものです。
できたらいいなぁと悠長に考えている人は、チャンスが来ても、そこに今一歩手が届きませんが、ずっと熱心にあきらめずに待っている人は、ポンと、チャンスをつかめるのかもしれません。

人には、活動するに適した時期と、そのために静かに準備する、動いても不毛に終わる冬の時期があります。

寝太郎の寝て過ごした日々が無駄にならなかったのは、よいワインを寝かせて置くように、必要な時間だったのかもしれません。

そして、春の時期が来れば、今まで眠っていたものも、芽吹き、目覚め出すのです。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:梅花爛漫。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

 kuri-maの参考記事:《船井幸雄の言葉》 「わらしべ長者」と「舌切り雀」のお婆さんの違いは? ギブ&ギブ、与え好きになる人生

船井幸雄さん、小宮一慶さんの
言葉はこの書籍から



「民主主義への脅威は富裕層」、国際NGOが警告



◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック