さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2014年01月22日

いいものが、もっとよくなる魔法の言葉たち?! 「いいね」「うまいね」「さすが」「すごい」! 《矢作直樹の人を生かす13の言葉》より  ★レッドソックス上原・田沢、安倍首相を表敬訪問  


2011.11.16 和泉川 ベンチに枯葉


人に言ってお互い気持ちのいい、賞賛の言葉。
人のよいところを褒めるのは、よいことが更に広がっていき、よいものがもっとよくなっていきます。

今日、紹介する言葉は、ぜひ毎日使ったらよい言葉かなぁと思います。
状況や個性に合わせ、使いこなす達人になっていきたいですね。



「いいね」「さすがですね」
 生きる活力を増大させる

「いいね」「上手だな」「さすがですね」「すごいな」などの言葉には、相手の長所を引き出す魔法の力が存在します。
こうした褒め言葉は、相手を育てると同時に、自分に跳ね返る感謝のエネルギーも増大させます。

@ 「いいね」「いいですね」
(何かにつけて「いいですねぇ」という人がいるのですが、その人いわく)世に明らかな犯罪や人の嫌がるような行為を除けば、人間の営みというのはどれもダイナミックで面白く、それらを総称すると「いいですねぇ」と言わざるを得ないということです。

相手がなにかの決定をした時など、「それでいい」ではなく、「いいね」と言い換えてみてください。雰囲気がガラッと変わります。(「それでいい」という表現には、消去法的なイメージがあり、そう言われると、何だか拍子抜けするやら苦労を水の泡にされたようで、腹が立つものです。)

A 「上手だな」「うまいね」
この言葉にはある種の尊敬の念が込められます。それは子どもに対しても親に対しても同じ効果があります。
私たちは本当に好きなことに対しては、どんな些細なことでもいいから誰かに褒められたい、と無意識に思っています。
「うまいね」「上手ですね」と言われると、人はつい嬉しくなって本気モードに入ります。

B 「さすが」「さすがですね」
手術後の患者さんが、「さすがですね」のひと言で自信を持ち、強い回復力を見せる方が大勢いるのを、目の当たりにしています。
そのフレーズの持つ「音(響き)」によって相手の生きる活力を増すのだと感じます。

広い社会で生きていく上で強力な武器となります。このひと言だけは覚えておいて損はありません。
この言葉にはリスペクト(尊敬)が込められます。目上にとっても目下にとっても嬉しい言葉なのです。

C 「すごいな」「すごいですね」
「さすが」の仲間のフレーズ。言葉の重みを尊重すると、使用頻度は4番目になる。

矢作直樹
『「あの世」と「この世」をつなぐ お別れの作法』
第四章「幸せなお別れを約束する言葉」より



矢作先生が紹介している言葉を、まとめ直しながら、もしかして先生が言われるそれ以上に、いい言葉かもしれないと思うのです。
矢作先生、ありがとうございます。

日本人はあまり言いませんが、英語では、そういうリアクションの言葉は多く存在するかと思います。
グッド、ブラボー、グレート、エクセレント、ナイス、クール…。
ブラボーはもともとフランス語でしょうか。
欧米人の開放的で率直な、オーバーにも思える表現は、言われるほうから見たら、嬉しく心を開く表現です。見習うべきものがありますね。

フェイスブックなどでは、「いいね!」をする、というのが、それを認めたり、褒めたりする意志表示になっていますね。
これは、英語では「like」つまり好き、好みだ、という意味となるかと思います。「私はいいと思う」という端的な表現というのでしょうか。
皆を夢中にさせているもの、それがフェイスブックでは「いいね」と「シェア」です。シェアは共有し、伝達していくこと、いいことを広めていく、だから発展し、続いていくのでしょう。

これからも、「いいですね」「さすがですね」は使っていきたいですし、矢作先生はめったに使うべきじゃないと言われていますが、「すごい」という言葉も、子どもや若い世代にはグッとくる、わかりやすい表現ではないか、と思います。


今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:ベンチに枯葉
by (C)ひでわくさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


レッドソックスの上原と田沢、安倍首相を表敬訪問


◇ブログをご覧になった全ての方へ◇
無料カウンセリング
を募っています。
詳しくは
こちら
お待ちしています


【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック