さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2013年06月18日

幽霊っているんでしょうか?! ──今日は回答篇!!──  ★精神一到! ヨガ、テコンドー圧巻の技!!

幽霊っているんでしょうか──
今日はこの命題にはっきりお答えしましょう◇

追跡。

華麗な蝶になって
羽ばたく姿は、
あの世で自由に過ごす
霊の姿に似ている気がします◇


我々は霊的な経験をしている人間ではない。
人間的な経験をしている霊なのである。


ティルハード・D・チャーディン
(フランスの哲学者、カトリック教会司祭)



幽霊っているんでしょうか。
──これはいるんですね。

どれだけ多くの人が、どれだけの大物が信じられない、と言ったところで、いる事実には変わりありません。

見えないから空気はない、と言い張るのは勝手ですが、空気なしに生活できる人がいないのと同じです。

いろんな言い方があるのですが、「幽霊」というのが、日本人にとって、一番馴染みのある、ある意味親しみを感じる呼び方なのではないでしょうか。

(ただし、「幽霊」というと、狭い意味でこの世に未練があるなどして残っている亡霊、という意味もありますので、私も「霊人」という言葉で表現することも多いです。
あるいは「魂」と呼んでもよいのですが、「魂」というとなんとなく物体のようなイメージもありますね。)

幽霊の存在は、神様や他の目に見えない存在に比べて、理解しやすいと思います。

特に日本人は、古くから代々先祖を祀り、大切にしてきました。日本にも神(神道)というものがありますが、この場合も、過去の人物の霊を祀ってあることが多いはずです。

ですから、霊界はない、幽霊はいない、と言い張る人であっても、知人のお葬式には参加するし、身内であれば更に供養もします。お盆やお彼岸など、お墓参りに行ったりするのではないでしょうか。
つまり、亡くなった人を大切にするということは、文化の中に根付いているのです。(参照↓)

「幽霊なんかいない」というのは、どこか恐ろしさもあって言うのでしょう。でも、そんな人でも、心のどこかで、いるかもしれない、あの世もあるのかもしれない、という思いがあるのではないでしょうか。(私がそうでしたから、よくわかります。)

自分自身が死ぬことを考えてみましょう。
死は無であるといいますが、では、私たちの心はなくなるでしょうか。
死んだら、私の心はどうなるのでしょうか。

肉体には寿命がありますから、いつかは死ななければなりません。
肉体は亡くなるのですが、私たちの心は消滅するかというと、消滅しないのです。

普段、霊的感性が鈍かったり、必要なく生活しているのでわからないのですが、私たちの心は肉体とよく似た形をしているといいます。
つまり、生きている時すでに、肉体と一緒に霊の体も持っているということです。実際には霊の体を見ることができないですが、見ることができないからといって、ないわけではありません。

私たちに心があるのは、私たち自身が一番よく知っています。
毎日、私は、いろんなことで一喜一憂し忙しいですね。それは心があるからです。
それを魂ともいい、見える人から見たら、その心(魂)も霊的な形を持っている、つまり霊人の姿をしているといいます。

この世には目に見えないものはたくさんありますね。目に見えないものほど大切だったりもします。

空気、電波、みんなが怖がる放射線…。レントゲンなども放射線の一種ですが目に見えません。
だからといって、私たちは、空気がないと生活できないことを知っていますし、電波などの恩恵を蒙って現代の生活が成り立っています。
インターネットのラインも、PCからはケーブルでつなげますが、おおもとのところまで、すべてが見える線でつながっていたら、大変なことになります。

そんなものは、目に見えないから存在しない、という人はいませんね。

幽霊も見える人には見えます。
見える人をおかしいというのは、偏見というものでしょう。

いくら隠そうとしても、私たちの心は様々な思考や感情をもっていますね。心は確かに存在しています。

いずれ私たちは、霊の体だけの、本当の自分の魂勝負で行かなければ行けないときが来ます。おそかれ早かれ、そうなるでしょう。(死を免れる人はいないですから。)

それが霊界ライフです。肉体はいつか滅びるもの。限界というものがありますが、魂の世界、霊の世界というのは、終わりがないといいます。
それが素晴らしい生活になるかどうかは、私たちの心次第だということになりますね。

今から、真っ当に、魂を輝かせる生き方をお勧めしているのは、いつか誰にでもやってくる死と、その後の永遠だという、あの世、霊界での生活のためです。

「『幽霊っているんでしょうか』ってこのブログ、全然幽霊と関係なくない?」と思っておられる方、実はとっても、幽霊的にはいけてるブログかもしれませんよ。
どんな幽霊になるのをお望みか、によっても違うでしょうが、霊界ライフを満喫したい方にはお勧めの、先読み情報満載のブログである、と言っておきましょう。

死んだらおしまい、自分は幽霊とは関係ない、と考えるのはその人の自由ですが、そう言えるのも、生きている間のこと、明日を知れぬ私たちの寿命なのですから。

悲しいかな、私たちは、ほおって置くとずるずると、自分ではなりたくない自分になってしまいます。
輝いた人になりたいと思っているのに、汚いことばかりしてしまい、幸せになりたいと思っていたのに、別の方向にいってしまう…。

なかなかままならない人生ではありますが、輝いた幽霊になることは、イコール輝いた内面を作ることですから、つまりは私たちの心も充たされるはずです。

ということで、幽霊や霊界、サムシング・グレート(神)のことにも折につけて触れてはいきますので、このブログの世界に今後もお付き合いくださいマセ。

※「幽霊っているんでしょうか」を変換すると、
必ず「幽霊って炒るんでしょうか」が
真っ先に出てくるのです(笑)。



今日もいい一日を

クリックありがとうございます。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:追跡。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います
今日の内容は以前の記事を編集して紹介しました。
 サッチャーさんの魂のレベルは「悪い魔女」??? 幽霊っているんでしょうか?! ──今日は回答篇!!──





◇ブログをご覧になった全ての方へ◇

無料カウンセリング
を募っています。

相談事や、お話したいことがある方、
あるいはkuri-maと話してみたい方は、
まずは、ブログに「メッセージ」をお寄せください。
「メッセージ」を送るのは、
pc画面だったら、今は左下にある
「ファン」という欄にあります。
今後もっと上に持ってくる予定です。

携帯やスマートフォンからだったら、
それぞれの記事に送ることのできる 「コメント」
その旨を伝えてください。
コメントは私の承認後にしか、公開されません。

「カウンセリング希望」とあれば、
メールをお返しして、
基本的にはメールでのカウンセリングにしたいと思います。

もちろんその内容を、むやみにブログで話したりということは致しません。
プライバシーを遵守します。

元気に頑張っておられる方も、
ちょっとバテ気味だけど、相談することも悩みも質問もない、
という方も、よろしければ、メッセージをお寄せください。
記事へのコメントも大歓迎です。

参考のため、カウンセリング内容は、
妊娠・出産、子育て、夫婦関係、親子・嫁姑・人間関係、
結婚、ひきこもり、人生全般、そして、単なる話し相手でも。
商業的広告宣伝、勧誘以外なら、ようは何でもけっこうです。

お待ちしています。
もっと詳しい趣旨はこちら


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック