さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年12月28日

酸で顔を失った女性がクイズ番組出演?! インドでも頻発する女性への暴行事件、怒りのデモも 《被害者死亡のニュース追加》


シクラメン♪


十六歳で美しいのは自慢にはならない。
でも六十歳で美しければ、
それは魂の美しさだ。


M.ストープス











「酸」というと、何を思い浮かべるでしょうか。料理に活躍する酢酸、いわゆるお酢なら、なんの問題もないのですが…。

硫酸というと、ちょっと怖いイメージがありますね。酸を顔にかけるということは、相当の恨みを感じます。美しい顔を酸で焼き、溶かすのです。普通ではありません。

インドで、勇気ある被害者女性が、クイズ番組に出演しました。それだけで、全てを語る説得力と存在感があります。



インドではつい最近、バスでの女性集団暴行事件を受け、数千人規模のデモが起こったばかりです。
昨年のインドにおける暴力犯罪25万6329件のうち、実に22万8650件が女性に対する暴力だったとのこと。

アフガン・パキスタンなどでは、極度な性へのタブー視があり、不倫や婚前交渉の事実が分かると、名誉殺人などに及ぶことが多いようです。
一方、女性の暴行事件も後を絶ちません。

また、酸での事件は、中東などの地域だけでなく、キリスト教が圧倒的に多いウガンダでも起こっているとのこと。(下記)

硫酸や、他の酸性の薬品は、例えば銃やナイフよりも手に入れるのも簡単だし、相手を傷つけるのも簡単です。安易に使えるとしても、普通の暴力より酷いことだと思うのです。

ウガンダでの被害者の1人は、犯人はおそらく夫の前妻だと言っています。
こういう愛憎の絡みがあると、酸を使うという、卑劣な手を使うようなヒステリックな例はありそうな話です。

インドの女性の場合は、三人の男性に暴行されそうになり、抵抗してはねつけた腹いせに、その1人に酸性の液剤をかけられました。

以前取り上げたパキスタンのニュースでは、娘が街で少年を見たというだけで、母親が酸をかけ、死に至らせるというものもありました。

どれも性愛にまつわることのような気がします。少なくとも連想させるものがあります。

インドの犯人たちは数日拘留されただけでお咎めを受けることもなかったのだそうです。彼女はクイズ番組で勝ち得たお金をつぎ込んでも、整形の治療費には到底足りないだろうというのにです。

さて、このような酸を人にかけるような人は、この世でお咎めなく過ごしたとして、死んであの世に行ったらどうなると思いますか。
酸で焼かれ溶かされる報いを受けないわけはないでしょう。

また、地獄にいる霊人たちは、どろどろに解けて、もはや人間の姿ではなく、化け物のようになっていたりもするといいます。
また、性犯罪を犯した人たちは、地獄の中でも底辺に行かざるを得ないといいます。

この世がすでに地獄のように見える悲惨な状況があります。

被害者のことを考えれば、本当にかわいそうですが、負けてほしくないですね。インドの彼女の勇気は本当に素晴らしいと思います。

犯人は許せませんが、恨みに思うことなく、彼女の内面の美しさと強さを引き立てる生き方をしてほしいと、心から思います。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:シクラメン♪
by (C)ヨマさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

kuri-maのインド関連記事
 嫁ぎ先にトイレなし、抗議の家出を表彰された新妻。「女児殺し」etc.【インドのニュース】
 人口増加の背後に幼児婚?!火事、建物倒壊、身分詐称…etc.《インドのニュース》
 「愛」とは?!インドの結婚事情、60人結婚詐欺被害2万人etc.
 赤ちゃんと触れる。「無心」の触れ合い?!《相田みつをの言葉》+赤ちゃん・子どものニュース
  ↑「インドで年間5万人の子どもたちが失踪、写真の欠如が阻む捜査」






【関連する記事】
posted by kuri-ma at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 中東・イスラム圏、インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック