さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年09月30日

踏まれてもくじけることのない…?!「自分の花──雑草のうた」《相田みつをの言葉》

踏まれても、踏まれても…って
私なら文句を言いますが…◇

ハイハイ、いま鍵あけますよ!!


「 自分の花 」
 ──雑草のうた                 


わたしは道ばたの雑草です
名前はありません
図鑑を調べればわたしにも
名前はあるんでしょうが
一度も名前を呼ばれたことがありません
そしてだれからも
相手にされたことがありません
雑草々々とただ嫌われるだけです
だからわたしは
自分の名前を知りません

いま歩道のはじのコンクリの
わずかな割れ目がわたしの住み家
そこがいのちの授かった場所ですから
土も殆どありませんし
肥料などは全くありません
その上 学校に通う子供達の
運動靴によく踏まれます
それでもぐちや泣きごとを
言っているひまがありません

冬がくるまでに
一つぶでも二つぶでも
具体的にタネを残してゆくために
いま一生けんめいに
花を咲かせているんです
だれにも見てもらえない
小さな小さな花ですが
いのちいっぱいの
自分の花を!!
踏まれても踏まれても
くじけることのない
雑草の花を!!


相田みつを
「じぶんの花を」より



ぐちや泣き言、多いですね。不満や不平、言っても仕方がないと思っているのに、なかなか止められません。

でも、本当に痛めつけられている時、って声も出なかったりします。耐えるのに精一杯な時ってあります。
きっと皆、耐えているものがある分、気を許せるところでは、不満の言葉が出てしまうのではないでしょうか。
私などは、我ながら健気だなぁと思うくらいの時があるのに、それをついつい何かの時にぶちまけてしまったりするから、格が下がるのかな、と思うのですが(笑)。

じっと我慢だけでは、精神衛生上よくないので、上手な発散方法で、気分転換などはかりながら、さらにまた我慢の子になるというバランスも必要かと思います。

また、頑張り続けるには、なんのために我慢しているのか、目標としているものがないと、これは耐えられませんね。そして、誰か守るもの、大切なものがあると、強くなれたりします。だから、「母は強し」なんですね、基本的に。
ただただ家族のために、それよりも根底に自分のためにというオバタリアンは、社会の敵になってしまいますが。

ひたすら周囲に花のような笑顔をもたらし、陰では耐えて苦労しているような人には、毎日のお日様とたまの雨が大きなご褒美です。

くれぐれもポキっと折れてしまったり、枯れてしまうことがないように、根を強く張りましょう。打たれ強くなりましょう。
気がつけば、多くの仲間がそこら中の、アスファルトの隙間から、芽を出しているような時がくるはずです。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:ハイハイ、いま鍵あけますよ!!
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


【関連する記事】
posted by kuri-ma at 09:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 相田みつをの言葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック