さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年08月31日

天国からの「お迎え」後、安らかな死を迎える人たちが40%越?! 《霊界ってあるんでしょうか〜番外編》


蕎麦の華


NHKのクローズアップ現代という番組で、「天国からの“お迎え”〜穏やかな看取り(みとり)とは〜」と題して放送された内容がありましたので、お伝えしておきます。(8月29日放送)

在宅医療の専門医と東北大の社会学者たちが、文科省の助成を受けて高齢者や遺族500人あまりを調査、自宅で看取られた人の4割が“お迎え”を体験し、そのうちの8割が死への恐れや不安が和らぎ、穏やかに看取られていったことが分かった。


4割、正確には41.8%が、お迎え現象を経験しているということです。

遺族の話などを聞いても、「死」というものに対し恐怖をもっていたお母さんが、亡くなられる2日前の「お迎え」経験以後、穏やかにその時を迎えていった様子などの、体験談が盛り込まれていました。

調査を行った在宅看護のグループの医師は、死を迎える前の、自然な生理現象だ、と言われていましたね。「幻覚」という言葉は使われていましたが、ただの幻覚ではない、と理解して患者さんたちに対しておられるようでした。

「夢」や「幻覚」というものを、意味のないものと思われる方もおられるでしょうが、すべてがそうであるというわけではありませんが(例えばドラッグなどで見る幻覚は、当然違います。)、霊的なものが関与しているものも多いと私は考えています。

スタジオのゲストとして出演されていた東大の大井名誉教授も、ご自身も患者さんから聞いた例などをあげながら、病院で亡くなる場合より、在宅あるいは老人ホームのような場所の方が、お迎えを感じやすいだろうと、述べています。

名誉教授は「看取り」についても語られていました。
Q:最もいいみとりとは
子どもたちのにぎやかな笑い声ですね。
インディアンの詩にもありますように、「私の家は笑い声に満ちている、子どもたちは家に戻ってきた。」
さあ、今日は死ぬのにはもってこいの日だ、そうだと思います。


詳しくは番組ホームページと、そこから番組の一部も見られる動画にも入れますから、参考にしてください。(こちらのページも

さて、こんな風に専門家、お医者さんたちは、難しく分析されるのですが、理由やメカニズムはどうあれ、つまりは、多くの人に、「お迎え」という現象が起こっているというのは事実のようです。

以前、死に臨した人たちがどのように死に向かっていくか、お話したことがあり、その一環で「お迎え」についてもお話しました。
今回の調査では、亡くなる2日前とか、2週間前とかいう結果もありました。とても興味深いことですが、ゆっくりと死に向かっている場合など、直前ではなく、もっと前から、そういうことが起こっているんでしょうね。
また、おそらく臨死体験者の報告のように、いよいよ亡くなるその直前にも、きっと「お迎え」現象はあるのでしょう。もう、生きている人に伝えることはできないというだけで。

いずれ誰でも迎える死、恐れていても仕方がないといっても、死の恐怖ってありますよね。
しかし、死の向こう側にある世界について、亡くなった大切な家族や友人がいる世界、と思えば親しみもわきます。
例えば、何かのサークルなどに新しく入ろうとするのは勇気がいりますが、すでに知り合いが入っているところなら、入りやすいのと同じですね。

あの世、霊界についても、事前に知っておけば、必要なものを準備したり、気持ちにもゆとりがもてるのではないでしょうか。

未知なる世界、霊界は、ちょっと日帰り旅行で行けるところではありません。実はずっと長く生活する場所です。
事前に知るガイドブックも必要ですよね。

ということで、まだまだ未完成のシリーズではありますが、「霊界ってあるんでしょうか」のシリーズを、どうぞご利用し、お役立てくださいませ。

次回からはいよいよ、天国や、地獄などの様子を具体的にお伝えします。


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:蕎麦の華
by (C)akemiさん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います


【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック