さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年04月13日

北朝鮮のミサイルは日本に撃たれるのか?!

今回は発射失敗ということですが…。

さすが国営。










娘が「明日北朝鮮のミサイルが飛んでくるんだって」と、学校から聞いてきました。子どもたちの噂にもなっているようです。大丈夫だよ、と話してあげると娘もなんとか落ち着きましたが…本当に物騒な話です。

金日成生誕100周年が近づいています。
以前のように、海に落とすくらいが関の山だと思っていましたが…。
それでも、窮鼠ネコをかむ、ということもあるのですから、もし、実際に砲撃してくるとすれば、韓国のヨンピョン島の事件のように、被害者は必ず出るはずです。

北朝鮮の軍事力もニュース記事になっていたので添付しましたが、貧しい国力の中で、そのほとんどを軍事費に充てているのです。宇宙開発費も加わっていますから、国民の負担はとてつもないことでしょう。

AFP新聞の記者が写した写真も添付しました。農村部の方は、動画も添付しています。
農村部も、農地と言っても名ばかりの広大な荒地が広がっています。そこに人が集まっていますが、何をするというのでしょうか。冬が終わろうとしているのですから、もう少し緑が増えてくれれば希望がありますが…。
家々も、家というのがはばかられるような、小屋のような建物です。こういう所で厳しい冬を越すのです。

冒頭に、ロシアのニュースを添付しました。ソ連時代、牛肉はわずかしか生産されなく、肉製品を求め、地方からモスクワに買出しに来るため、列車は肉屋のような臭いが充満していたとのこと。プーチン首相がなぞなぞで野党をやり込めたというニュースなのですが…。

ロシアも共産主義時代は以前より考えられないくらい、悲惨だったということになりますね。

ロシアは国力があったので、なんとかなったのでしょうが、小さい北朝鮮は、今なお共産主義(主体主義)を貫いて孤立していますが、貧窮を極めているはずです。
北朝鮮で肥満したり、成人病に掛かるのは、亡くなった金正日くらいだということです。

北朝鮮が本気で仕掛けてくるとしたら、日本も無傷ではいられません。中国などもスキあらばと日本を狙っているといいます。
今のところは、米軍がいてくれることが、そういう物騒な国に睨みを利かせることになっているのです。その守りがなければ、日本はほとんど丸腰です。
もちろん、いざとなれば、世界中の国が応援してはくれるでしょう。しかし、その間、自衛隊と在日米軍だけで、全てを防ぐことができるとは考えられません。

政府は軍事費を削ることを正義のように言いますが、北朝鮮などの国に威嚇することもできない、弱い日本ではまずいのではないかと思います。安全保障は強化するのが当然のことではないでしょうか。

絶対に日本に仕掛けるのは無謀だ、と思わせるような対策を講じるべきです。
米国では、事前にミサイルをキャッチしてやっつけてしまう装置を装備しているようです。核だろうと、打っても無駄ということですね。日本にこそ、ほしくないですか。

娘には大丈夫だよ、とは言いましたが、今後日本が弱さを暴露し続け、北朝鮮がますます困窮して、死に物狂いで攻撃をしかけてくる、ということもないとはいえないことだと、私も内心、心配しています。
今のところは、そんな無茶はまさかしないだろうと、北朝鮮の方の賢明さを信じるしかないですが…。(自国を信じれないのが悲しい…。)

自衛隊にもがんばってほしいけれど、政治が大きい問題でしょう。やるべきことをしてほしい、と切実に思うのです。そういう人を送っているはずなのですが…。

北朝鮮の軍事力、基本情報
国際ニュースAFPBB◇




今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:さすが国営。
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います

kuri-maの参考記事
 北朝鮮…クレイジーな虚構の国?!《付録》写真特集「金正日」
 収容所の「犬以下の生活」、核の準備?!【北朝鮮情報】
 それは「こい」(故意)かもしれない?! 中国漁船団、エジプトのニュース
 日本人を洗脳する方法?!〜日本人は救いようのないバカなのか。 国防とは、危機管理2
 日本人は救いようのないバカなのか?! 国防とは、危機管理。
ブログパーツとして、右側に貼り付けたものです。
以前記事でも載せましたが是非ご覧ください。

許平和さん&KAORIさん
'08の動画ですが予言的中!必見



【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック