さあ夢を叶えましょう

無料カウンセリング
を募っています。詳しくはこちら
まずは記事にコメントをお寄せくださるか
あるいは→のファンより
メッセージをお寄せください
お待ちしています

2012年02月10日

笑いと水でウツ撃退、断食はガンによし?!《健康のニュース》


横浜ってこんなところか!?








片や飢えて亡くなっていく子供がいる国も多いのに、私たちは豊穣の世の中にどっぷり浸かっていますから、食べられるのが当たり前になっていますね。

ずっと昔、私たちの先祖は、飢えを経験したはずです。そんな中でたくましく生き延びた、あるいは父母・祖父母が犠牲になって生かされて、命をつないだ子孫なのではないでしょうか。
昔話の中でよく、「もう3日も何も食べていないのです」と旅の人が言うのですが、子ども心に、それはどんなにお腹がすくことだろうと想像しても、なかなかできませんでした。
両親などから、戦時中のひもじかった体験を聞いて育ちましたが、やはりピンとこなかったです。

一日三食食べるのを当たり前と思っているかもしれませんね。
そこにおやつや夜食も加わって、どれだけ食べるでしょうか。世界でも一日三食食べられる国の方が少ないといいます。日本でも昔の人はどうだったか考えれば、私たちの現状の方が異常なのかもしれません。
自然に断食、絶食を余儀なくされてきた昔の人の方が、丈夫なのは意味があるかもしれません。

無理な絶食、断食は体を壊すのですが、断食というのは体質を改善するチャンスなのかなと思います。医師など専門家の管理が必要ですが、ガンに効果があるというのも十分に頷けます。

もとより、休みなく食べ続けることのできる、先進国の今の状況こそ不健康なのは言うまでもありません。
私たちの世代では、スナック菓子、清涼飲料が出回って、毎日のようにお腹に入れてきました。なんとなく体によいものではない、とは思ってはいましたが、今知ると、それは恐ろしいものでした。
そこに持ってきて食事がファーストフードや、インスタント物では、健康に問題が出ることも当然でしょう。
そういうものには、悪い油、砂糖、食塩が大量に使われています。

気がつけば、私の夫も健康を害して倒れましたし、長年タバコ、飲酒を続けた父も病床にあります。人事ではありません。「だから言ったでしょ」と言ってもしかたのないことです。

もう一つよく言われるのは「ストレス」ですね。「ストレス」イコール「ウツ」とばかりはいかず、いろんな病気もストレスを餌に大きくなるようです。
かといってストレスを減らすことは、相手があってのもの、仕事があってのものですから仕方のないところもあります。

ようは、いかに切り替え、ストレスを発散させ、忘れてしまうかに尽きると思います。
そこでよいと言われているのが「笑い」です。笑いヨガというのがあるのは知りませんでしたが、大いに効果がありそうですね。

笑いについても何度か取り上げましたが、鎮痛効果のあるくらい(病人も実際痛みを忘れるそうです)、何よりの薬だといいます。微笑むような笑いですら健康効果がありますが、豪快に笑うのが何よりだと言うことです。
私の父も冗談を言ったりする時には、大声で笑い、その時だけはいつもの父に戻ったように、病床でも幸せそうにしています。

そして、水ですね。水不足でイライラやウツ症状が増しているのかもしれない、という研究結果です。逆に水を飲んでいるとそういう症状を和らげるのでしょう。この場合アルコール、カフェイン以外の水のことを言うようです。

水不足かどうかは尿で分かるとのこと。濃い目の人は水不足かも。
子どもが小さい頃、小児科の医師に教わったことにも合致します。オムツなので確認しやすかったのですが、濃い薄いもありますが、更に尿の色がピンクがかった色になってくると脱水症状が出始めているので、多くの水分補給が必要なんです。

病気の時、水分を摂るのが何よりの薬になります。ポカリスウェットよりも何も、吸収のよい湯冷ましなどの水が、子どもの病気の時には助けになりました。

私は実をいうと3.11以降、一食を抜く断食を続けています。健康のために始めたのではないのですが、健康にも効果があるということも知り、ありがたいことだと思っています。
一日2食抜き、1食だけで過ごすのがいいと説く人もいるようですが、私は今のところ煩悩が多いので、2食を食べるのを楽しみにしています。

断食については、食べない時間よりも食べる時間が大切です。断食を時間で区切って、終わった途端に大食いすれば、かえって体を壊します。要注意です。

健康にとっては、自然にあるものを適度に摂るのがいいように思います。
笑いの絶えない生活の中に、水分補給も忘れずに、そして、せめてそのおやつ、その夜食はカットして、食をコントロールすることも、心と体の健康に役立つと思うのです。


独自の減量法を編み出し30数年来続けています。
それは、バランスのとれた1400キロカロリー程度の食事を
一日一食だけ取るというものです。
私の場合は夜食べて、朝と昼は断食です。
「それで大丈夫か」と思う人もいるでしょうが、
私は大丈夫だと思っています。食事をしない分、
体に蓄積した脂肪が燃焼して
エネルギーを補ってくれるようです。
もちろん、標準体重の人や子供は
三食きちんと食べた方がいいと思いますし、
私の減量法がすべての人に向いているわけでもないと思います。

加藤寛一郎「東大教授の一日一食減量法」より


今日もいい一日を

よろしかったらクリックを
にほんブログ村 哲学・思想ブログ 人生・成功哲学へ
にほんブログ村
写真は:横浜ってこんなところか!?
by (C)芥川千景さん
画像あるいはタイトルクリックで写真のページへ
撮影者の名前をクリックすると撮影者のページへリンク
撮影者に許可を得て使用しています
無断転用はご容赦願います



【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック